2017.08.07

天皇杯ドロー

今日午後からJFAハウスにて天皇杯のラウンド16以降の抽選会が行われました。

抽選の結果、レッズのラウンド16での相手は鹿島に決定。いやはやいきなりの強敵との対戦。しかもミッドウィーク開催という事で選手達のやりくりも難しそうです。

さらに追い打ちをかけるのが選手登録。ラウンド16の登録はすでに締め切っているので、新戦力であるマウリシオを出場できるのは準々決勝以降からと、なかなか厳しい闘いが予想されますね。

リーグ戦が厳しい状況ゆえ、来シーズンのACL出場への最短切符となること。さらに決勝が埼スタという事で、トーナメント戦特有のワンチャンスを狙って、是が非でも頑張ってほしいですね。

第97回天皇杯 ラウンド16(4回戦) 組合せ決定のお知らせ(レッズオフィシャル)
第97回天皇杯 ラウンド16の組み合わせが決定!(JFA)

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16抽選会(JFATV)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.27

ルヴァンカップの今とこれから

昨日ははプレーオフステージの第2戦が行われ、C大阪、FC東京がそれぞれ2戦合計で勝利し、決勝トーナメントへ進むことになりました。

これでACL出場組でシードだった、鹿島、浦和、川崎、G大阪の4クラブ、予選リーグを首位で突破した仙台、神戸を含めた計8クラブで来月末からの新たな闘いが始まります。ちなみに抽選は31日(月)の14時から公開で行われます。

また、先日行われたJリーグ理事会で、来シーズンから予選リーグの参加クラブ増が決まったとの事。前年降格したJ1の16位17位の2クラブが参加し、予選リーグは4クラブ×4グループのおそらくH&Aの6試合で行われるものだと思います。ただACLグループステージが3クラブのみの場合は前年17位は参加しないというレギュレーションになります。

J2に降格した2クラブにとっては6試合+α増。収益面からすると単純増として考えらえるかもしれませんが、おそらく平日開催になるので、逆に赤字の可能性も懸念されます。

若手起用を原則とするルヴァンカップにおいてこの方式が最良かどうかはわかりません。予選リーグのモチベーションアップのためにプレーオフステージはこの方式が取られるのならば1年でも打ち切りとなるのでしょう。

必ずしもリーグ戦や天皇杯に比べて、地味な印象があるルヴァンカップ。しかし単一スポンサーとしてこれまで支援していただいたというのもあり、やはりその報いに応えるためにはなんらかの「変化」は常に必要です。

ゆくゆくはJ2、J3を含めた全てのクラブを含めた『Jリーグカップ』という姿に変化できるのか期待したいですね。

【プレーオフステージ第2戦】
C大阪1-0札幌
FC東京1-0広島(いずれもJリーグ)

ルヴァン杯、17年ぶりJ2クラブ参戦という一大改革。日程面の問題と競技上の公平性は?(フットボールチャンネル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.22

天皇杯3回戦

昨日の結果を受けて、熊本遠征か…と思っていましたが、いざリリースされてみたら駒場開催。

うーん、せっかくの遠征が…と思っていましたが、駒場だと確実に行けるので、まだ良かったのかな…(笑)

おそらく週末のドルトムント戦がJリーグ主催ということもあって、日程を考慮されたんですかね~。

天皇杯2回戦結果
天皇杯3回戦日程(いずれもスポーツナビ)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.19

天皇杯会場

JFAより、天皇杯の3回戦以降の会場決定方法についてリリースがありました。

それによると、サッカー普及の観点から、原則対戦カードの下位カデゴリーが所属する都道府県での会場を優先する…ということになりました。

もちろん例外もあるようですが、今大会から開催時期が大きく前倒しとなり、また平日開催が中心となり観客数が大幅に増える見込みが難しい中で、こういう取り組みも良いんじゃないかと思いますね。

たしかFAカップでも、基本は下位カデゴリーのホームスタジアムで開催されていますよね。

ちなみにレッズは水曜日にグルージャ盛岡に勝つと、3回戦は「水戸-熊本」との勝者と当たることになりますが、そうなると“Ksスタ”か“えがおスタ”に乗り込むことになるんですかね…。

ただそんな事を言う前に、まずは盛岡に勝つことが大事なんですよ…(笑)

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 3回戦から準々決勝までの試合会場決定方法について(JFA)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.14

イラク戦

中立開催とは言っても、隣国イランでの開催。

ほぼアウェーでの引き分けなら御の字ゆえ、しかもあの気象条件を考えるならば致し方ないのですが、いかんせん失点のされ方がちょっと悔やむところでしょうか…。

バックパスで詰め寄られた時の対応というのは、レッズでもしばしば見られる事で、そこからのミスで失点する機会もあるのですが、あの間合いというのは難しいゆえに防げなかったのかなぁ…と思いますね。

最終予選はあと2試合。3位以内は確定し、あと1つ勝てば…という状況ではありますが、それこそ簡単にいかないんですよね。

ワールドカップ 最終予選
イラク1-1日本(スポーツナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.07

シリア戦

1-1のドロー。

良かった面もあったけど、やはりエンジンのかかりが遅い印象。
やはり中東勢とは相性が良くないのか苦戦しますね…。

でも、親善試合と予選では全然違う面を魅せてしまう事がありますから、いい意味での切り替えに期待したいですね。

キリンチャレンジカップ
日本1-1シリア(スポーツナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.02

顛末

済州戦の試合終了間際からの大荒れっぷりはいろんなところで報じられましたね。

自分もゴール裏から観てましたが、プレイ中にベンチから一目散にピッチを横切っていく選手なんて、初めてみました(笑)。ある意味メディカルスタッフより早かったんじゃ…

それにしても選手に怪我がなかったことがなにより。

国際映像でも流れて、試合から2日経ってもその余波が続いていますね。本当は2点差を逆転した事の方が大事なんですけどね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.24

天皇杯1回戦

今大会から実施時期が大きく前倒しされた天皇杯。
22日(土)、23日(日)の2日間で1回戦24試合が全国各地で行われました。

都道府県大会を勝ち上がったJ3クラブでは、秋田、琉球、YS横浜、鳥取が敗戦。

注目なのは福島県大会決勝でJ3福島ユナイテッドを破り初出場を果たした「いわきFC」が北海道代表のノルブリッツ北海道を8-2の大差で破り2回戦進出を果たしました。

そして2回戦は6月21日(水)の一斉開催。ここからはJ1、J2の全クラブが登場します。

ちなみにレッズの相手は、1回戦で宮城県代表JFLのソニー仙台を破った岩手県代表J3のグルージャ盛岡と対戦。林や畑本など元レッズの選手達もおり注目ですね。

また、トップチームでは2月のさいたまシティカップに続く駒場開催ということもあり、楽しみ半面でもあり、天皇杯独特の雰囲気での不安半面といったところでしょうか…(笑)

第97回天皇杯1回戦結果
第97回天皇杯2回戦対戦カード(いずれもスポーツナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.28

タイ戦

スコアだけ見れば4得点の圧勝ですが、内容を紐解いてみると、ガツガツ応戦してくるタイのプレスに対して、ハラハラした時間帯が多かったのも事実。

UAE帰り、さらに負傷が相次ぎ選手起用も難しいところがあったのを考慮してもバランスは相当悪かったですね。むしろ相手がタイで良かった…という考え方もできます。

3月の連戦も終わって、最終予選は残り3試合。そのうちアウェーを2つ残している状況ですが、勝点差や相手を考えるならば、ラスト前のホーム豪州戦で決めたいですね。

日本4-0タイ
グループB 日程&順位表(いずれもスポーツナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.26

ヒートアップJ2&J3

代表ウィークで、J1リーグがない週末。
J2は第5節でまだまだ序盤ですが、開幕から勢いに乗ってきたチームの差が少しずつながら開いてきました。

首位は4勝1分で負けなしの湘南。その後は1敗ながらも、東京V、徳島、長崎、名古屋、福岡、横浜FCがすでに勝点を2桁に積み上げて追っています。

一方で、未だ勝ちなしなのが、讃岐、岐阜、金沢、群馬の4チームです。また、山形は開幕戦こそ勝利したものの、その後は4試合連続ドローとなかなか勝ちきれない状況が続いています。

そしてJ3は第3節。奇数編成なので、試合数には差があるものの、開幕3連勝と好スタートを切ったのは、富山と福島。新スタジアム竣工となった北九州は今節ホーム初勝利を飾りました。

J2リーグ第5節結果
J2順位表

J3リーグ第3節結果
J3順位表(すべてスポーツナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧