« 2017年12月3日 - 2017年12月9日 | トップページ

2017.12.13

【FCWC 5位決定戦 ウィダード・カサブランカ戦】

オフィシャルより

FIFAクラブワールドカップUAE 2017 5位決定戦 vsウィダード・カサブランカ 試合結果

12日(火)、ハッザ・ビン・ザイード・スタジアムにて行われました『FIFAクラブワールドカップUAE 2017 5位決定戦 vsウィダード・カサブランカ』の試合結果をお知らせいたします。

FIFAクラブワールドカップUAE 2017 5位決定戦
2017年12月12日(火) 18:00/現地時間(23:00/日本時間)・ハッザ・ビン・ザイード・スタジアム
ウィダード・カサブランカ(モロッコ) 2-3(前半1-2) 浦和レッズ
得点者 18分 マウリシオ、21分 イスマイル エルハダッド(ウィダード・カサブランカ)、26分 柏木陽介、60分 マウリシオ、90+4分 レダ ハジュージ(ウィダード・カサブランカ)
入場者数 4,281人
この結果、FIFAクラブワールドカップUAE 2017での浦和レッズの成績は、5位となりました。
試合速報
Jリーグ
FIFA


「意地と誇り」

初戦から選手を入れ替え長澤、マウリシオを起用。動きの鈍いチームのもどかしさをベンチから見てた2人であったが、この試合では共に期待に応え勝利の原動力となった。特に光ったのがマウリシオで2得点の活躍。これまでのモヤモヤを吹き飛ばすような印象だった。

最後こそVAR判定によるPKで1点を失うという後味が悪い終わり方であったが、アフリカ王者に勝利。今シーズン最終戦を勝利で締めくくり2度目のCWCは5位という成績で終えた。

わずか3日前に負った傷は選手や関係者にとっては深い傷であっただろう。やはり甘えなり隙があったのは間違いない。そこからの切り替えこそ難しかっただろうが、選手達は目の前の相手にしっかり対峙していた。

カサブランカもアフリカ王者ゆえ、一筋縄ではない相手。スピードに翻弄される場面も見られたが最後まで踏ん張ったと思う。

これで今シーズンが終了。監督交代という劇薬を経て10年ぶりのアジア王者という栄冠を勝ち取った。CWCこそ難しい結果となってしまったが、その輝きは色褪せる事はない。浦和の意地と誇りを胸に闘った選手達に感謝しながらも、来シーズンはアジアで闘えないというもどかしさを覚えつつ、わずかとなるオフを過ごしてほしい。

Dscn3783 Dscn3784 Dscn3797

Dscn3796 Dscn3789 Dscn3792

<FIFATV>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.12

FCWC 5位決定戦 ウィダード・カサブランカ戦プレビュー

会場:ハッザ・ビン・ザイード・スタジアム@UAE
キックオフ 23:00(日本時間)

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、マウリシオ、阿部、森脇
MF:青木、ラファエルシルバ、長澤、柏木、梅崎
FW:ズラタン

【展望】
初戦が終わってから中2日。場所をアブダビからアルアインに移し、日本時間の今夜にアフリカ王者モロッコのウィダード・カサブランカと5位を懸けて対戦する。

カサブランカは初戦は北中米王者のパチューカと対戦。

終始試合を優位に進めるもののゴールを決めきれない。後半24分に退場者を出したものの、なんとか前後半90分間凌ぎきり延長戦に突入する。しかし延長後半7分、パチューカのグスマンにゴールを決められ万事休す。結局0-1で敗れ5位決定戦に回る事となった。

一方のレッズは、開催国王者UAEのアルジャジーラと対戦。

序盤からボールを支配し、得点のチャンスを探るも、相手の5バックとカウンターを恐れ、なかなかボールを縦へ入れる事ができず時間だけが過ぎ前半をスコアレスで折り返す。後半に入ってもその流れは変わらなかったが、後半7分にパスミスからカウンターを浴び、最後はマブフートに決められ先制を許してしまう。

窮地に陥ったレッズは後半22分から立て続けに高木、森脇、ズラタンを投入するも、先制後さらに守備に人数を増やし応戦する相手を打ち破れず疲労も重なりパスも繋がらず結局0-1で敗戦を喫し、アジア王者のさらなる夢は初戦で消えてしまった。

敗戦についてはいろいろ要因があろうが、終わってしまった事ゆえ悔やんでも何も戻らない。むしろ今シーズンラストゲームとなるカサブランカ戦に切り替える事が大切だ。

中2日、さらにUAE国内での長距離移動とそのハンデは大きいがそれは相手も同じ。むしろ初めての対戦となる大陸王者に打ち勝ってその権威とプライドを少しでも取り戻してほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.10

【FCWC Match3 アルジャジーラ戦】

オフィシャルより

FIFAクラブワールドカップUAE 2017 準々決勝 vsアルジャジーラ 試合結果

9日(土)、ザイード・スポーツシティ・スタジアムにて行われました『FIFAクラブワールドカップUAE 2017 準々決勝 vsアルジャジーラ』の試合結果をお知らせいたします。

FIFAクラブワールドカップUAE 2017 準々決勝
2017年12月9日(土) 20:30/現地時間(25:30/日本時間)・ザイード・スポーツシティ・スタジアム
アルジャジーラ(UAE) 1-0(前半0-0) 浦和レッズ
得点者 52分 アリ マブフート(アルジャジーラ)
入場者数 15,593人
試合速報
Jリーグ
FIFA


「拙さ」

攻めあぐねているうちに中盤でボールを奪われ、そこからカウンター。気がつけば失点…と、これまで見慣れたシーンがアブダビの地でフラッシュバックのように繰り返されるとは…。

指揮官曰く、「サイドから攻撃をするという意図を持った」とのコメントであったが、残念ながらこの試合に限っては意に沿った形でチャンスが作られたのはわずか。もちろんCKに持ち込むこともあったが、いかんせんセットプレーからの得点力は全指揮官時代から乏しく、むしろ「自分達のサッカー」という言葉に対し、動きが空回りし相手の守備網を崩せず、パスはPAの外郭を周るばかり。まるでリーグ戦での手詰まり感を彷彿とさせた。

「過信」とまではいかずも、試合序盤の展開からしてどこかに「余裕」が生まれてしまっていたのだろう思ってしまう選手達の動き。相手がキープしている時間が長く、保持率こそ高かったものの、相手の懐に入り連携を駆使して崩すという展開が見られなかったのは、相手のマネジメントを褒める以上に劣勢に立たされた時の自分達の拙さを改めて知った事であろう。

アジア王者がアジアのクラブの敗れるという波乱を演じてしまった訳で、もちろん短期間に2度の中東遠征という長時間移動の負担などエクスキューズはあるにせよ、わずか数週間前にアジアを席巻した闘い方と異なる手法で臨んだのが悔やまれる。

広い目で見ると、これでウノゼロでの3連敗。守備力こそ向上したとは言えど、やはり点を奪わなければ勝つことはできないし、シュートを打たなければ奇跡も起こらないのだ。

Dscn3768 Dscn3771

<FIFATV>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年12月3日 - 2017年12月9日 | トップページ