« 2017年11月26日 - 2017年12月2日 | トップページ | 2017年12月10日 - 2017年12月16日 »

2017.12.09

FCWC Match3 アルジャジーラ戦プレビュー

会場:ザイード・スポーツシティ・スタジアム@UAE
キックオフ 01:15(日本時間)

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、マウリシオ、阿部、遠藤
MF:青木、武藤、長澤、柏木、ラファエルシルバ
FW:興梠

【展望】
アジア王者として10年ぶりにクラブワールドカップに挑むことになったレッズ。舞台を再び中東に移し、日本時間の明日未明初戦に開催国王者のアルジャジーラと対戦する。

アルジャジーラは現地時間6日に開幕戦でオセアニア王者のオークランドシティと対戦。前半38分に先制するも、終始相手に押される展開。GKハセイフの好セーブもあり1-0で勝利し勝ち上がった。

一方のレッズは先週土曜日にリーグ戦終戦で埼スタで横浜F・マリノスをむかえて対戦。

前半こそ優位に試合を進めゴール前でチャンスを作るも決めきれず、逆に後半にバイタルを空けてしまった所に前田に決められてしまう。以降は相手の守備力が発揮され、ゴールを奪えず結局0-1で敗戦。ACLの優勝こそあったものの、リーグ戦3連敗で終えた。

チームは5日からUAEへ移動。1ヶ月で2度も中東遠征という厳しい日程であるものの、そのプレシャーたるものACLのときは異なりリラックスして現地入りした様子である。

試合の舞台はアブダビ。なおかつ今回の会場となるスタジアムはアルジャジーラのホーム。アジア王者といえどレッズにとっては、アルヒラル戦に続いての厳しいアウェーでの試合となる。戦力としてはアルヒラルには劣るものの、彼等の独特のプレーセンスは実戦で分かっているだけに決して侮ることはできない。

この試合に勝てばもちろんレアルと試合ができるというのもあるが、あと2試合世界最高峰の舞台で試合ができる。アジア王者のプライド以上に浦和のプライドを胸にまずはしっかり集中して初戦を闘ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.05

Jリーグアウォーズ

毎年恒例のJリーグアウォーズが横浜アリーナで開催。

レッズはCWC出場のため欠席となりましたが、その中で興梠がベストイレブン、さらにドイツへ移籍した関根が最優秀ゴール賞をそれぞれ受賞しました。

受賞したゴールは7月のホーム広島戦でのATに決めたゴールなんですよね。この試合は打ち合いで2-0でリードしたにもかかわらず逆転されて、85分に追いついてからの場面でしたから、決まった時は何が何だか…っていう感じでしたね~(笑)

『2017 Jリーグアウォーズ』で興梠がベストイレブン、関根が最優秀ゴール賞を受賞(レッズオフィシャル)

<Jリーグ公式チャンネル>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.04

プレーオフ決勝とJ3

J1昇格プレーオフ決勝は「名古屋-福岡」のカード。今シーズンは1勝1敗と五分。名古屋は引き分けでもいいという中、双方攻めに重きをおいて試合を展開していましたが、終わてみれば0-0のスコアレスドロー。成績上位のアドバンテージを生かし名古屋が1年でのJ1復帰を決めました。

一方のJ3は「沼津-栃木」が1-1のドロー。「鳥取-秋田」は秋田が3-0と快勝し、その結果秋田が逆転でのJ3リーグ優勝。栃木は優勝こそ逃したものの2位に留まり、J2昇格の要件を満たし、3シーズンぶりの復帰となりました。

【J1昇格プレーオフ決勝】
名古屋-福岡

J3順位表(いずれもJリーグオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.03

初戴冠

J1リーグは最終節で順位が入れ替わり川崎Fが逆転優勝。クラブ創設以来の初タイトルがリーグチャンピオンという事になりました。

特に川崎は今年の元日の天皇杯決勝、ルヴァンカップ決勝もいずれも敗れて準優勝。タイトルを目の前にしながら苦汁をなめ続けてきましたが、ようやくの初戴冠となりました。

やはりホーム等々力では圧倒的な力を発揮し、レッズもそうですが他チームにとって大きな脅威でしたね…。

選手、関係者、サポーターの皆様、おめでとうございます。

J1順位表(Jリーグオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月26日 - 2017年12月2日 | トップページ | 2017年12月10日 - 2017年12月16日 »