« 2017年11月5日 - 2017年11月11日 | トップページ | 2017年11月19日 - 2017年11月25日 »

2017.11.18

ACL 決勝第1戦 アルヒラル戦プレビュー

アウェー:キングファハドインターナショナルスタジアム@サウジアラビア
キックオフ 01:15(日本時間)

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:宇賀神、槙野、阿部、遠藤
MF:青木、武藤、柏木、長澤、ラファエルシルバ
FW:興梠

【展望】
レッズにとって10年ぶりのACL決勝。ようやくこの舞台に戻ってきた。日本時間の明日未明、アウェーサウジアラビアに乗り込み、アルヒラルと対戦する。

西の王者にふさわしく、グループステージとノックアウトステージを無敗で勝ち上がってきた。また選手層も大半がサウジアラビア代表とまさしく国を代表するクラブと位置づけられている。

レッズは5日の鹿島戦終了後、代表組は欧州遠征。残った選手達は大原でそれぞれ調整。そして14日から合宿拠点となるUAEで調整。16日に共に決戦の地リヤドに入った。

第1戦はマウリシオが累積警告による出場停止。屈強かつスピードのある相手に対し、まずは守りに徹することが大事である。CBには阿部を基本として槙野か遠藤の組み合わせが考えられる。特に槙野は代表で2試合連続フル出場を果たしており、移動も伴い疲労が気になるが実績を考慮するならば十分CBでも通用できると思う。

また前線はこちらも代表抜擢でブレイクした長澤と柏木で攻撃の組み立てを期待したいが、両サイドを担う武藤とラファエルシルバがポジションにフィットしていない印象が強く、彼等との連携がポイントになろうかと思う。もちろん守備重視となるだけに攻守の切り替えも大事になってくる。

中東でのアウェーはまさしく10年ぶり。しかし当時対戦したセパハンとは規模の違う雰囲気となる。これまで中国や韓国で培ってきた厳しい経験を生かすにはもってこいの舞台といっても過言ではない。

第2戦を見据えながらも、我慢を強いる時間帯も多くなるだろう。しかしチャンスは必ず生まれるはずだ。大きなアドバンテージを携えて帰国できる事を切に願いたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.17

金曜開催

DAZNから来シーズンの開催について各節最低1試合の金曜開催の要望があったとのこと。

確かに営業サイドからすれば反対意見も多いかと思います。どういう経緯でそうなったかかはわかりませんが、巨額の放送権料を受け取ってるゆえ無視はできませんよね…。

今シーズンレッズはACLの日程の都合上2試合、金曜開催がありました。たしかに動員という面では下がるかと思いますが、工夫次第ではこういうのもアリかな…と思った事もあります。

シーズン序盤はACL参加クラブでの対応でいいかと思いますが、W杯以降の日程をどう調整するのか難しいところがあるでしょうね。

J来季から金曜開催へ DAZN「各節1試合」要請(日刊スポーツ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.16

契約更新

昨日レッズから、柏木が来シーズン以降の契約を更新したとのリリース。

これからの時期は契約の話がボチボチ出てきますが、レッズとしては異例の話じゃないでしょうか?

たしかに神戸からオファーがあったのは事実のようでしたが、心は浦和にあったようで、サポとしては一安心ですね。

柏木陽介との契約更新のお知らせ(レッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.15

ベルギー戦

ブラジル戦に比べるとかなり迫力を感じた試合でした。結果的には0-1と敗戦を喫しましたが、やはり気になるのは決定機の少なさですかね…。

そしてレッズ勢は槙野が2試合連続でのフル出場。初先発となった長澤は後半早々での交代という事で、2試合通して西川と興梠は起用なしということになりました。

選手によって疲労具合が気になる所ですが、まずは無事にサウジアラビアへ移動してほしいですね。

国際親善試合
ベルギー1-0日本(スポーツナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.14

PO進出の行方

12日にJ2リーグ第41節が開催。

長崎の昇格決定により、自動昇格枠は埋まり残すはPO進出枠のみ。POへはすでに福岡と名古屋が4位以内を確定させ、準決勝のホーム開催がリリースされました。

そして注目は5位6位争い。現在5位の徳島から可能性を残す8位千葉までがわずか勝点2差。しかも徳島と東京ヴェルディが直接対決との事で、その結果を見つつの4つ巴の展開になります。

最終節は全試合19日の16時KO。PO進出はどこに決まるのか注目ですね。

J2第41節終了時順位(Jリーグ)
2017J1昇格プレーオフ 名古屋グランパス・アビスパ福岡準決勝ホーム開催決定(Jリーグオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.13

門番

JFLは昨日2ndステージの最終節が行われ、全日程が終了。1st、2ndともにホンダFCが優勝を果たし、完全優勝を決めました。

J3昇格の可能性のあった5位八戸でしたが、ホームで敗戦を喫し、基準となる4位以上到達ならず、今シーズンはJFLからJ3への昇格クラブは無しという事になりました。

常々ホンダはアマチュアリーグの最高峰であるJFLの門番として、その強さを存分に発揮し、J参入クラブの行く手を阻んできました。今シーズンは年間30試合でわずか2敗とまさしくその力をいかんなく発揮しました。

ちなみに15位浦安と16位栃木ウーヴァは関東リーグへの降格。変わりに全国地域サッカーCLを勝ち抜いた2クラブがJFL参入となります。

JFLオフィシャル

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.11.12

長崎J1昇格

昨日、14時から行われた試合で3位名古屋が負け、4位福岡が引き分けという結果を受けて、2位長崎は19時からの試合に勝てば2位以内が確定し、J1昇格が決まるという状況。

ホームに最多入場となる2万人強を集め行われた讃岐との試合は、3-1としっかり結果を残し、2013年にJ2に参入してからわずか5シーズンでJ1昇格を果たしました。

2004年に前身のクラブ創設から14年目。九州で相次いでJクラブが参入する中、いわば遅咲きの長崎ですが、
J2での実力は2度のPO進出など折り紙つき。

今シーズンこそ前フロントの経営問題による財政難に苦しんだものの、それを引き受けた「ジャパネットHD」の支援もあって、クラブ環境が大きく変わり現場はJ1昇格という恩返しで結実しました。

これで九州には鳥栖に次いで2クラブ目のJ1となります。そして3クラブが福岡になると、嬉しい反面、サポートする側も大変になりますね…(笑)

とにもかくにも長崎の関係者の皆さん、ファンサポーターの皆さん、おめでとうございます。

湘南ベルマーレ、V・ファーレン長崎のJ1昇格が決定(Jリーグオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月5日 - 2017年11月11日 | トップページ | 2017年11月19日 - 2017年11月25日 »