« 2017年8月6日 - 2017年8月12日 | トップページ | 2017年8月20日 - 2017年8月26日 »

2017.08.19

【第23節 FC東京戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 第23節 vsFC東京 試合結果

8月19日(土)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 第23節 vsFC東京』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第23節
2017年8月19日(土) 20:00キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 2-1(前半2-1) FC東京
得点者 17分 興梠慎三、22分 橋本拳人(FC東京)、30分 興梠慎三
入場者数 31,818人
荒天の中、ご来場ありがとうございました。
試合速報
Jリーグ


「表裏一体」

雷雨の影響で試合開始が2度延びて20時キックオフ。この荒天がピッチに大きく影響するかと思っていたが、目立つほどの水たまりもなく、グラウンドキーパーの日頃からの管理に感謝するばかりである。

レッズはマウリシオがリーグ戦初先発。槙野と怪我の森脇に代わり右ストッパーを担った遠藤と3人で最終ラインを形成した。やはり指揮官はシャペコエンセ戦を挟んだ中断中に守備意識の植え付けに時間を費やした。

ただ、決して守備一辺倒ではなく、攻守の切り替えと守備における約束事の確認だろうか、プレイが中断しては何度も選手達で確認し合う場面がよく見られた。攻撃は久々のKLMが躍動。柏木を起点にフリックを使い相手を翻弄。興梠のフィニッシュも難しい体勢だったがゴールを決め2得点を重ねて久々の勝点3を奪った。

失点シーンこそ、中央を開けて大久保に前を向かれてからの起点となったが、以降は崩されるシーンこそ少なかったように感じる。ただ途中から起用された中島を中心に単騎ドリブルで攻め込んでのシュートにポストやバーなど助けられた場面が多々見られた。

これまで長期間費やして攻撃の形を積み上げてきたレッズにとって、新たに守備意識の構築というのは生半可では仕上がらない。たとえすぐに結果が出ていたとしても、本当の勝負は上位陣との対戦で実を結ぶかどうかである…。

後半の状況を鑑みればもう少し得点が入ってもおかしくなかったが、ラファエルと矢島が絡んだシュートはこれからの可能性を見い出す1つのヒントにも成り得る。競争意識から派生するプレーの質の向上はチームに大きなプラス材料と言っても過言ではないだろう。

今日の試合を皮切りに、いよいよ異なる3つの大会が入り混じった6試合が始まった。幸先のいいスタートを切れたが、まだまだ難敵が続く。攻撃のリズムと守備意識は表裏一体。まだまだ時間を掛けなければいけないだろうが、それが上手く嵌ればまだまだ浮上の余地は十分あるだろう。

Dscn1071 Dscn1086 Dscn1098

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.18

第23節 FC東京戦プレビュー

ホーム:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ 19:00

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、マウリシオ、遠藤
MF:菊池、阿部、柏木、駒井、武藤、李
FW:興梠

【展望】
カップ戦から中3日。明日はホーム埼玉スタジアムにFC東京をむかえ対戦する。

FC東京は現在、9勝6分7敗の勝点33で第9位。前節はホームに神戸をむかえた。

FW大久保が久々に先発に復帰し、ようやくチームとしてベストな状態に近づきつつある状況たが、終始試合の主導権を握っていたのは神戸。しかしポドルスキー対策として、彼をゴールから遠ざける事で、シュートチャンスを減らすという効果もあってか、決定的な場面は迎えることなく試合は終盤にさしかかった。

試合が動いたのは83分。右サイド室屋のクロスにウタカが合わせてゴール。貴重な先制点が決勝点となり、1-0で勝利し勝点3を積み上げた。

一方のレッズは、直近の試合は火曜日。スルガ銀行チャンピオンシップでシャペコエンセと対戦。前半はレッズが攻め込むも決めきれず、逆に後半は攻め込まれる形となり苦しい時間帯が続いていたが、新加入のマウリシオを中心に最後までゴールを割らせず、終了間際で獲得したPKを阿部がしっかり決めてこれが決勝点となり、1-0で勝利。ルヴァンカップに続くタイトルを獲得した。

火曜日はマウリシオを先発で起用しただけでなく、やはり南米の屈強な選手を相手にするという事で、ズラタンを1トップに据え、武藤、ラファエルシルバがシャドーを担った。興梠や李は控えメンバーにも入らず完全休養だったことを考えると、明日はこの2人の先発起用も十分予想される。

またDF陣は森脇が負傷で途中退いた後、遠藤が右サイドのストッパーに起用されており、怪我の回復次第では、再びの起用も考えられるだろう。

レッズは15日から週2戦が3週続く。それだけにメンバーのやりくりもそうだが蓄積疲労にも注視しなければならない。しかしこれまで何があろうと主力を重用してきた状況とはちょっと違ってきているだけに、アピールの先に誰を起用するのか楽しみでもある。

2試合連続でクリーンシートを達成した事で、ようやく明るい兆しが見えてきた。しかしそこが終着点でもないし、まだまだ攻撃に対しての修正面もある。これを改善してこそ本当の強さは見えてこない。

ホームでしっかりと勝点3を積み上げて、連戦を乗り越えてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.15

【スルガ銀行CS シャペコエンセ戦速報】

オフィシャルより

スルガ銀行チャンピオンシップ2017 SAITAMA vsシャペコエンセ(ブラジル) 試合結果

8月15日(火)、埼玉スタジアムにて開催されました『スルガ銀行チャンピオンシップ2017 SAITAMA vsシャペコエンセ(ブラジル)』の試合結果をお知らせします。

スルガ銀行チャンピオンシップ2017 SAITAMA
2017年8月15日(火)19:00キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-0(前半0-0) シャペコエンセ(ブラジル)
得点者 90+4分 阿部勇樹
入場者数 11,002人
この結果、スルガ銀行チャンピオンシップ2017 SAITAMAは浦和レッズの優勝となりました。
試合速報
Jリーグ
JFA公式記録(PDF)


「肉弾戦」

お盆でかつ雨予報の埼スタは、普段よりも寂しい1万人強。しかし、そこで繰り広げられた試合は、単なる親善試合でもなくまさしくタイトルマッチそのもの。

熱きラテンの血が流れるシャペコエンセの選手達からは、このカップ戦に懸ける並々ならぬ意欲がたぎり、それがプレーの端々に肉弾戦として表れた。

アジアや欧州では見られない激しいぶつかり合いでレッズの選手達はことごとく当たり負け、なかなか攻撃へのスイッチを入れる事はできなかったが、最大の課題であった守備は新加入のマウリシオがCBに入り統率。危なげなく仕事をこなし、他の選手達の連携もさして問題はなかったように思える。

終了間際のPKで得た1点をしっかり守りきった形となり、これで公式戦2試合連続でのクリーンシート。まだまだ荒い部分もあるがなんとなく目指そうとしているものが見えてきたように感じる。

思い起こせばレッズが南米のクラブと試合をしたのは、2004年にイギリスマンチェスターで行われたボカ・ジュニアーズとの試合以来。以降南米のクラブと真剣勝負ができる舞台には立てなかったため、この大会はまさしく貴重だ。

注目度こそまだ低いものの、この試合で得るものはとても大きかった。それだけに今シーズンもルヴァンカップを制覇し、またこの舞台に戻ってきたいと強く感じた。

Dscn1019 Dscn1046 Dscn1057_2

<JFATVハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.14

スルガ銀行チャンピオンシップ シャペコエンセ戦プレビュー

会場:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ 19:00

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、マウリシオ、遠藤
MF:宇賀神、阿部、柏木、駒井、武藤、李
FW:ラファエルシルバ

【展望】
前年のリーグカップウイナーが出場できる「スルガ銀行チャンピオンシップ」も今回が節目の10回目。昨シーズンのルヴァンカップを制したレッズは、ホーム埼玉スタジアムにブラジルのシャペコエンセをむかえ対戦する。

シャペコエンセは、昨シーズンのコパスダメリカーナの優勝クラブ。クラブを襲った悲劇から、サッカー界全体のサポートを受けこの危機をを乗り越えつつある。クラブはバルセロナと親善試合を行ってから先週末に来日。報道によるとさいたまダービーに関係者を派遣して分析を進めるな準備は万端の様子であり、勝利に意欲を燃やしている。

一方のレッズは、9日の甲府戦を1-0で勝利し、久々のクリーンシートを達成した。もちろん勝利に浮かれる様子はないし、明日のカップ戦以降さらに続く夏場の連戦へ向けて、新体制での戦術理解そして新加入となるマウリシオとの連携に時間を費やしている。

そのマウリシオは明日デビューが見込まれており、その期待値は大きい。ポジションは3バックの真ん中という事で視野の広さや周囲との声掛けが大事になってくるだろう。また関根の抜けたポジション争いも気になる所。最有力は駒井であるものの、その地位を確保できるかそれとも激しい争いになるのかそのアピールも注目される。

明日はいろんな意味で注目される試合となるだろう。しかしそれは単なる親善試合ではない。これまで積み上げてきた双方のカップウィナーが激突するタイトルマッチである。複雑な感情が加わるかもしれないが、試合が始まれば敵同士、ピッチの中では激しい闘いの場となる。

新戦力も加わった新生レッズの初戦。このカップタイトルを獲得し、後半戦への礎にしたいところである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月6日 - 2017年8月12日 | トップページ | 2017年8月20日 - 2017年8月26日 »