« 2017年7月30日 - 2017年8月5日 | トップページ | 2017年8月13日 - 2017年8月19日 »

2017.08.09

【第21節 甲府戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 第21節 vsヴァンフォーレ甲府 試合結果

8月9日(水)、山梨中銀スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 第21節 vsヴァンフォーレ甲府』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第21節
2017年8月9日(水) 19:03キックオフ・山梨中銀スタジアム
ヴァンフォーレ甲府 0-1(前半0-1) 浦和レッズ
得点者 19分 柏木陽介
入場者数 14,489人
試合速報
Jリーグ


「泥臭く」

久々にクリーンシートでの勝利。

調子の良かった頃には程遠いかったが、分厚く守りカウンターを狙ってくる相手に対し、泥臭くボールに執着し、1点を守りきり勝点3を奪った。

序盤からチャンスを作るもフィニッシュに結び付けられなかったが、その中で魅せた柏木の先制点となるループシュートはラファエルとのパス交換からのもの。苦しい中でのコンビネーションプレーが貴重なゴールを生み出した。

守備も興梠をはじめ、攻撃陣も前線から積極的にプレスをかけるなど献身的なプレーが功を奏し、体力が落ちた最後までカラダを張って、相手の攻撃を封じ込んだ。

堀体制2戦目。何かが劇的に改善したわけではないが、これまで手をつけなかったと言われた守備への意識が少しずつ見えているようにも感じる。

守備への意識が強すぎると、攻撃への転換も遅くなることもある。そのバランスこそまだまだであるが、こればかりが時間が必要なのかもしれない。

幸いにも次節まではカップ戦を挟んで10日間。いい流れを汲んで今後やりたい事や修正したい事などじっくりと臨めるだろう。一番上こそ難しいが、まだまだ顔を上げられるだけの余地はある・・・。そう感じた90分間だった。

☆DAZN観戦

Dscn0922 Dscn0936 Dscn0942

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.08

第21節 甲府戦プレビュー

アウェー:山梨中銀スタジアム
キックオフ 19:00

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、遠藤、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、武藤、李
FW:興梠

【展望】
真夏ながらも前節から中3日の連戦。明日はアウェー山梨中銀スタジアムへのりこみ、ヴァンフォーレ甲府と対戦する。

甲府は現在、4勝7分9敗の勝点19で第14位。前節はホームにガンバ大阪をむかえ対戦した。

6試合連続ノーゴールという状況でかつ10試合勝利から遠ざかっている状況で臨んだ試合であったが、前半は自陣のパスミスなどもあり、ガンバに積極的に仕掛けられゴール前を脅かされ続けた。

スコアレスで折り返し後半に入っても双方なかなかゴールが割れず、引き分けも見えてきた88分にボールを受けたウィルソンが自らペナルティエリア内へ仕掛けてシュートを放つとゴールに吸い込まれ先制。そのまま逃げ切って11試合ぶりの勝利で貴重な勝点3を積み上げた。

一方のレッズは前節はホームに大宮を迎えてのさいたまダービー。

ミシャ前監督解任後、堀新監督体制の初戦という事でスタメンから注目を集めたが、サイドに菊池、シャドーにズラタンを起用。槙野の出場停止の穴は宇賀神が担う事となった。

守備はこれまで以上に慎重な入り。前半PKを得て先制し前半を折り返すと、決して深入りせずにまずは守備に注視していたが、66分に自陣味方同士のパスミスから痛恨の同点。しかし3分後に柏木のゴールで再び勝ち越すも、終了間際の88分に簡単にクロスを上げられてから瀬川に決められ同点。2度のリードを生かせず引き分けに終わり、勝点1を積み上げただけだった。

甲府と言えば堅守速攻の印象。失点数は上から7番目の22失点と比較的数字はいいのだが、得点数がわずか11とリーグ最少とここまで苦しんでいる。ウィルソン、ドゥドゥを擁しながら、なかなか結果に結びついていない。それだけに前節の勝利は大きく、良いイメージをもってレッズ戦に臨んでくるはずだ。

レッズも前節こそ結果は出なかったが、これまで以上に選手起用に競争力を促しており、明日も誰が先発起用されてもおかしくない。しかしそういう中で飛び込んできた関根の移籍。おそらく先発起用でラストゲームとなるだろう。

チームが緊急事態ゆえ、彼のために勝って送り出したい…という想いは複雑だ。ただこういう状況こそ勝点3を置き土産にしてドイツへ旅立ってほしいという気持ちは強い。

ギクシャクした初戦からしっかり調整できるのか、指揮官もそうだが選手達の変化に注視して勝点3を期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.07

天皇杯ドロー

今日午後からJFAハウスにて天皇杯のラウンド16以降の抽選会が行われました。

抽選の結果、レッズのラウンド16での相手は鹿島に決定。いやはやいきなりの強敵との対戦。しかもミッドウィーク開催という事で選手達のやりくりも難しそうです。

さらに追い打ちをかけるのが選手登録。ラウンド16の登録はすでに締め切っているので、新戦力であるマウリシオを出場できるのは準々決勝以降からと、なかなか厳しい闘いが予想されますね。

リーグ戦が厳しい状況ゆえ、来シーズンのACL出場への最短切符となること。さらに決勝が埼スタという事で、トーナメント戦特有のワンチャンスを狙って、是が非でも頑張ってほしいですね。

第97回天皇杯 ラウンド16(4回戦) 組合せ決定のお知らせ(レッズオフィシャル)
第97回天皇杯 ラウンド16の組み合わせが決定!(JFA)

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16抽選会(JFATV)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.08.06

移籍

大宮戦ドローの翌朝、ふとオフィシャルに飛び込んできたのはこのニュース。そもそも噂はありましたが、急に決まった感じで正直驚きました。

クラブが緊急事態ゆえ、彼自身も悩んだかと思いますが、これまで抱いてきた強い想いもあったんでしょうから強く引き止める理由もありません。

インゴルシュタットもその力量を見込んでオファーを出したんでしょうし、その期待に応えるべきだと思います。

原口に続いてのアカデミー出身選手の海外移籍。体力勝負で負けないようにしっかり鍛えて頑張ってほしいですね。

関根貴大 FCインゴルシュタット04への移籍について
FCインゴルシュタット04への移籍を受けて(いずれもレッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月30日 - 2017年8月5日 | トップページ | 2017年8月13日 - 2017年8月19日 »