« 2017年7月16日 - 2017年7月22日 | トップページ | 2017年7月30日 - 2017年8月5日 »

2017.07.29

【第19節 札幌戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 第19節 vs北海道コンサドーレ札幌 試合結果
7月29日(土)、札幌ドームにて行われました『明治安田生命J1リーグ 第19節 vs北海道コンサドーレ札幌』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第19節
2017年7月29日(土) 14:03キックオフ・札幌ドーム
北海道コンサドーレ札幌 2-0(前半1-0) 浦和レッズ
得点者 32分 都倉 賢(札幌)、88分 ジェイ(札幌)
入場者数 33,353人
試合速報
Jリーグ


「裏目の連続」

福森のCKから槙野に競り勝った都倉のヘッドが決まり先制を許すと、流れが一向にレッズに向かぬまま、以降退場、3枚替え、負傷という負の連鎖が立て続けに起こり、為す術ないまま敗戦を喫した。

槙野の行為は故意ではないにせよ、それまでの都倉のバトルは見物だっただけに、ああいう形でピッチを去ってしまったのは残念だった。むしろここ数試合のパフォーマンスが落ちているのも事実で、責任感が裏目に出てしまった。

また指揮官も前半の槙野の退場で、前半は4バックで凌ぐも、後半開始からまたしても3枚替えという愚策に茫然。守備を安定すべく那須を投入するも、早々に筋肉系のアクシデントで負傷退場。9人でプレーを強いられるという状況に陥ってしまった。

たとえ結果論だとしても、リスクマネジメントがないと揶揄されても致し方ないやり方で、交代枠を使い切ってしまった事から、逆に選手達が無理強いできない状況に陥ってしまったというのも、もどかしい結果となってしまった。

9人になってボールを回せていたという印象があったが、これは敵将が4人で攻めて6人で守るという割りきりの采配が生んだ妙で、中盤に空いたスペースをレッズがボールを持って、クロスボールからチャンスを作るも、真ん中を閉じたゴール前はなかなか割ることができず、選手達の体力だけが奪われていった。

終わってみれば0-2。ロースコアながらも内容よりも勝ちにこだわった相手の方が雰囲気も凌駕し圧倒された。
自信を失ったレッズにとって打開策も見いだせず、失望感だけが漂う敗戦となった。

裏目の連続ではあったが、決して不運という言葉だけでは片づけられない内容だったことは明白。パフォーマンスの低下しかり、奇妙な采配しかり、苦難な低空飛行はまだまだ続きそうだ…。

Dscn0704 Dscn0711 Dscn0715

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.28

第19節 札幌戦プレビュー

アウェー:札幌ドーム
キックオフ 14:00

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、遠藤、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、武藤、李
FW:興梠

【展望】
明日は5年ぶりとなる札幌ドームにのりこみ、コンサドーレ札幌と対戦する。

札幌は現在、4勝4分10敗の勝点16で第15位。直近の試合は水曜日にルヴァンカッププレーオフステージ第2戦をアウェーキンチョウスタジアムでC大阪と対戦。

控えメンバーを満たさない総勢16名で試合に臨んだ。第1戦を0-2で落としているゆえ、決勝トーナメントに進むには最低3点が必要であったが、前半に失点を喫し、ほぼ窮地な状況に追い込まれた。後半はチャナティップ、石井、上原と攻撃的なカードを次々と切るも、セレッソゴールを割れず0-1で敗戦。2戦2敗でリーグカップ戦は幕を閉じた。

リーグ戦での直近は3週間前の第18節。アウェーで大宮と対戦。前半をスコアレスで折り返すも後半開始早々に2点を奪われ苦しい展開が続いていたが、81分と終了間際のATにいずれも福森のFKが決まり、土壇場で勝点1を積み上げた。

一方のレッズは前節はアウェーでセレッソ大阪と対戦。

セレッソの守備陣に対し、レッズは興梠を1トップにし、ズラタン、ラファエルシルバをシャドーで起用するという手法で応戦。3人の連携は新鮮で1点を奪ったのは良かったが、徐々に興梠へのマークは厳しくなかなか収まらず、逆にカウンターの起点に晒される場面が目立ってしまった。

しかしそれ以上に深刻だったのは守備意識の低下。前半だけで4失点は話にならず、いくら点を返そうとも安い失点の繰り返しはモチベーションも上がらない。1試合多いもののリーグワースト3位で、しかもここぞという上位との対戦で敗れればそれは自信を失ってしまう。

指揮官は今週異例の2部練習を2日続けて敢行。意識の徹底を図ったが、急遽の守備練習ではお尻に火がついた降格圏のクラブと同様で正直なところ「付け焼刃感」が拭えない。むしろ今まで積み上げたきたサッカーで結果を残してきたのに、その応用が利かず、選手起用もお決まりでいよいよそのツケが回ってきたと感じても悪くはない。

さらにこの猛暑の中での過度な練習は、さらに疲弊を生まないか逆に心配になってしまう。それだけクラブ内でも切羽詰っている状況だと伺える。

明日は、ラファエルシルバが累積警告による出場停止。川崎戦で負傷し治療に専念してた李の復帰も予想されるが、大事を取る可能性もある。札幌は元磐田のジェイを獲得。都倉とのツインタワーで降格圏から離れるべくホームでの勝利を求めレッズゴールに襲い掛かるはずだ。

セレッソ戦でも露呈した高さへの対応もそうだが、どのクラブの敵将もミシャサッカーを研究しつくし、あらゆる手段を立てて倒そうと虎視眈々と狙っている。

その現実を指揮官も選手達もしっかり認識し、心技体を入れ替えて臨めるだろうか…。浮上のきっかけを少しでも見つけ出して勝点3を持ち帰ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.27

ルヴァンカップの今とこれから

昨日ははプレーオフステージの第2戦が行われ、C大阪、FC東京がそれぞれ2戦合計で勝利し、決勝トーナメントへ進むことになりました。

これでACL出場組でシードだった、鹿島、浦和、川崎、G大阪の4クラブ、予選リーグを首位で突破した仙台、神戸を含めた計8クラブで来月末からの新たな闘いが始まります。ちなみに抽選は31日(月)の14時から公開で行われます。

また、先日行われたJリーグ理事会で、来シーズンから予選リーグの参加クラブ増が決まったとの事。前年降格したJ1の16位17位の2クラブが参加し、予選リーグは4クラブ×4グループのおそらくH&Aの6試合で行われるものだと思います。ただACLグループステージが3クラブのみの場合は前年17位は参加しないというレギュレーションになります。

J2に降格した2クラブにとっては6試合+α増。収益面からすると単純増として考えらえるかもしれませんが、おそらく平日開催になるので、逆に赤字の可能性も懸念されます。

若手起用を原則とするルヴァンカップにおいてこの方式が最良かどうかはわかりません。予選リーグのモチベーションアップのためにプレーオフステージはこの方式が取られるのならば1年でも打ち切りとなるのでしょう。

必ずしもリーグ戦や天皇杯に比べて、地味な印象があるルヴァンカップ。しかし単一スポンサーとしてこれまで支援していただいたというのもあり、やはりその報いに応えるためにはなんらかの「変化」は常に必要です。

ゆくゆくはJ2、J3を含めた全てのクラブを含めた『Jリーグカップ』という姿に変化できるのか期待したいですね。

【プレーオフステージ第2戦】
C大阪1-0札幌
FC東京1-0広島(いずれもJリーグ)

ルヴァン杯、17年ぶりJ2クラブ参戦という一大改革。日程面の問題と競技上の公平性は?(フットボールチャンネル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.23

長居遠征あれこれ

現在、鋭意執筆中です。

しばらくお待ちください~。

Dscn0353 Dscn0362 Dscn0476

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月16日 - 2017年7月22日 | トップページ | 2017年7月30日 - 2017年8月5日 »