« 2017年7月9日 - 2017年7月15日 | トップページ

2017.07.22

第22節‐C大阪戦速報

第22節‐C大阪戦速報
C大阪4‐2浦和(前半4‐2)

のちほど、写真等レポアップします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.21

第22節 C大阪戦プレビュー

アウェー:ヤンマースタジアム長居
キックオフ 19:00

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、遠藤、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、武藤、ラファエルシルバ
FW:興梠

【展望】
他のクラブはサマーブレイク期間中であるが、来月行われる「スルガ銀行チャンピオンシップ」開催の影響により、3週間前倒しで行われる第22節。明日はアウェー長居へのりこみ、セレッソ大阪と対戦する。

セレッソは現在11勝5分2敗の勝点38で首位。前節はホームで柏をむかえ対戦。

前半こそ先制点を許すも、後半CKから同点。さらに水沼からのクロスにソウザが合わせてゴールを決めて逆転。一気に流れを引き寄せ勝点3を積み上げた。

その後、中3日で臨んだ天皇杯3回戦では新潟を相手に延長までもつれ込みながらも3-2で勝利。そして17日にはセビージャとの親善試合が行われ1-3で敗戦を喫した。

一方のレッズは前節はホームで新潟と対戦。

前半35分にCKからのカウンターに1度は対応するも、クリアボールが再び相手選手に渡ってしまうという不運も重なり失点。しかし後半に入り74分に森脇のシュートのこぼれ球を阿部が決めて同点。さらに5分後にCKからラファエルシルバが決めて逆転。嫌な流れを吹き飛ばす逆転勝ちで2試合ぶりの勝利となった。

その後は中3日で天皇杯3回戦は熊本と対戦。高木のFKで決めた1点を守りきり4回戦進出。そして15日にはドルトムントと親善試合を行い、先制する最後は勝ち越され結局2-3で敗れた。

セレッソとの前回対戦は開幕直後の第2節。しかしながらレッズはすでにACLを含め公式戦4試合こなしており、そこまで調整や内容の差はプレーの随所に表れていた。しかしリーグ戦が折り返しを過ぎセレッソは首位をキープ。敵将がチームに植え付けてきた意図とフィジカルがようやく実を結びはじめ結果に表れている。それゆえ春先とは別のチームと考えていいだろう。

チームの顔ともいえる清武こそ怪我で不在であるが、FWの杉本や柿谷、さらにコンバートで頭角を現してきた山村などセレッソ特有の若い力が頭角を現している。そして中盤にはソウザなども控えており、未だ毎試合失点を繰り返し、守備に不安を抱えるレッズにとっては、やはり速攻だけは気を付けたいところだ。

ミシャサッカーのウィークポイントは大方対策を講じられているだけに、それを上回る手法で相手を往なせられるのかどうかがポイントとなるだろう。

首位セレッソとの勝点差は「9」。それだけに明日は後半戦のスタートを占う重要な試合となる。長居スタジアムは決して相性は良くないが、それを払拭するほどの力を魅せて勝点3を持ち帰ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.17

啓太引退試合

啓太引退試合
のちほど、写真等レポアップします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月9日 - 2017年7月15日 | トップページ