« 2017年7月9日 - 2017年7月15日 | トップページ | 2017年7月23日 - 2017年7月29日 »

2017.07.22

【第22節 C大阪戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 第22節 vsセレッソ大阪 試合結果

7月22日(土)、ヤンマースタジアム長居にて行われました『明治安田生命J1リーグ 第22節 vsセレッソ大阪』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第22節
2017年7月22日(土) 19:04キックオフ・ヤンマースタジアム長居
セレッソ大阪 4-2(前半4-2) 浦和レッズ
得点者:6分 杉本健勇(C大阪)、8分 杉本健勇(C大阪)、18分 ズラタン、27分 山口蛍(C大阪)、35分 丸橋祐介(C大阪)、45+1分 ラファエル シルバ
入場者数:32,711人
試合速報
Jリーグ


「凋落」

純然たる力負け。

特に開始早々での6分、8分の失点シーンは今のレッズの凋落そのものであり、相手より出足も遅く、常に後手後手の対応となっていた。

ミシャサッカーは、どの敵将もほぼ対策済みでボールの出所しかり受けてしかり常に相手が先を読み、逆に自分達がなぜいつものプレーができないのか混乱しているように見受けられる。

簡単に失点を積み重ね、攻撃も手詰まればチームとしても不穏な空気が流れるし、観ている側にも不信感が募るばかりである。この日も2点を返したが、決して相手を崩すプレーはなく、“自分達のサッカー”となるととても程遠い。

ピッチ上での出来事はプレーしている選手しかわからない。ただ修正を試みようと、頭で理解してもそれがプレーに反映できないのであれば、なんの意味もない。

隣の芝生は…というけれど他クラブに比べるとおとなしいし、監督を支える気持ちは強いが、逆にそれが落とし穴になっているような感も垣間見えてくる。

包み隠さず述べるのなら、今のレッズはサッカーとしての体を保っていない。安い失点と敗戦を繰り返す中で自信を失っている。本来ならやれるべきところができていないのならなおさらだし、主力に依存し過ぎたツケも出てきてしまった。

ただ、試合は待ってくれない。

修正すべき箇所なり、選手達の構成、バランスなど見直す点はいくらでもある。しかしサッカーには明白な正解がないだけに、指揮官なりそれはプレーする選手達がピッチで答えを出さなければならない。

出口が見えない暗闇の中でどう模索し続けるのか。打開すべき策が見えない限り、まだまだ低空飛行な日々が続きそうである…。

Dscn0443 Dscn0449 Dscn0452

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.21

第22節 C大阪戦プレビュー

アウェー:ヤンマースタジアム長居
キックオフ 19:00

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、遠藤、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、武藤、ラファエルシルバ
FW:興梠

【展望】
他のクラブはサマーブレイク期間中であるが、来月行われる「スルガ銀行チャンピオンシップ」開催の影響により、3週間前倒しで行われる第22節。明日はアウェー長居へのりこみ、セレッソ大阪と対戦する。

セレッソは現在11勝5分2敗の勝点38で首位。前節はホームで柏をむかえ対戦。

前半こそ先制点を許すも、後半CKから同点。さらに水沼からのクロスにソウザが合わせてゴールを決めて逆転。一気に流れを引き寄せ勝点3を積み上げた。

その後、中3日で臨んだ天皇杯3回戦では新潟を相手に延長までもつれ込みながらも3-2で勝利。そして17日にはセビージャとの親善試合が行われ1-3で敗戦を喫した。

一方のレッズは前節はホームで新潟と対戦。

前半35分にCKからのカウンターに1度は対応するも、クリアボールが再び相手選手に渡ってしまうという不運も重なり失点。しかし後半に入り74分に森脇のシュートのこぼれ球を阿部が決めて同点。さらに5分後にCKからラファエルシルバが決めて逆転。嫌な流れを吹き飛ばす逆転勝ちで2試合ぶりの勝利となった。

その後は中3日で天皇杯3回戦は熊本と対戦。高木のFKで決めた1点を守りきり4回戦進出。そして15日にはドルトムントと親善試合を行い、先制する最後は勝ち越され結局2-3で敗れた。

セレッソとの前回対戦は開幕直後の第2節。しかしながらレッズはすでにACLを含め公式戦4試合こなしており、そこまで調整や内容の差はプレーの随所に表れていた。しかしリーグ戦が折り返しを過ぎセレッソは首位をキープ。敵将がチームに植え付けてきた意図とフィジカルがようやく実を結びはじめ結果に表れている。それゆえ春先とは別のチームと考えていいだろう。

チームの顔ともいえる清武こそ怪我で不在であるが、FWの杉本や柿谷、さらにコンバートで頭角を現してきた山村などセレッソ特有の若い力が頭角を現している。そして中盤にはソウザなども控えており、未だ毎試合失点を繰り返し、守備に不安を抱えるレッズにとっては、やはり速攻だけは気を付けたいところだ。

ミシャサッカーのウィークポイントは大方対策を講じられているだけに、それを上回る手法で相手を往なせられるのかどうかがポイントとなるだろう。

首位セレッソとの勝点差は「9」。それだけに明日は後半戦のスタートを占う重要な試合となる。長居スタジアムは決して相性は良くないが、それを払拭するほどの力を魅せて勝点3を持ち帰ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.17

【鈴木啓太引退試合】

オフィシャルより

17日(月・祝)、埼玉スタジアムにて開催されました『鈴木啓太 引退試合』の試合結果をお知らせします。

【鈴木啓太引退試合】
2017年7月17日(月・祝) 17:05キックオフ・埼玉スタジアム
REDS LEGENDS(浦和レッズOB主体のチーム) vs BLUE FRIENDS(鈴木啓太氏と同じ時代に日の丸を背負った仲間たち主体のチーム)

REDS LEGENDS 4-4(前半0-3) BLUE FRIENDS

得点者 16分 鈴木啓太(BLUE FRIENDS)、30分 巻 誠一郎(BLUE FRIENDS)、43分 鈴木啓太(BLUE FRIENDS)、59分 ポンテ(REDS LEGENDS)、64分 ワシントン(REDS LEGENDS)、68分 ポンテ(REDS LEGENDS)、71分 ワシントン(REDS LEGENDS)、88分 岡野雅行(BLUE FRIENDS)

入場者数 25,756人

<REDS LEGENDS>
GK 安藤智安(→16分 岩舘 直)(→HT 都築龍太)
DF 室井市衛(→HT 坪井慶介)、堀之内 聖(→HT 田中 マルクス闘莉王)(→70分 堀之内 聖)、内舘秀樹(→HT ネネ)
MF 西澤代志也(→16分 宮沢克行)(→HT 小野伸二)(→57分 内舘秀樹)、阿部敏之(→HT 鈴木啓太)、岡野雅行(→33分 田畑昭宏)(→HT 平川忠亮)(→74分 マリッチ)、土橋正樹(→HT アレックス)
FW エスクデロ 競飛王(→29分 小池純輝)(→HT ポンテ)、マリッチ(→29分 千島 徹)(→HT 永井雄一郎)、福田正博(→HT ワシントン)
SUB 南 祐三、小島秀仁

<BLUE FRIENDS>
GK 山岸範宏(→HT 福島春樹)
DF 阿部勇樹(→HT 田畑昭宏)(→57分 宮沢克行)、細貝 萌(→HT 山口 智)、岩政大樹(→87分 岡野雅行)
MF 駒野友一(→31分 酒井友之)(→72分 松井大輔)、鈴木啓太(→HT 福西崇史)、松井大輔(→HT 相馬崇人)、橋本英郎(→HT 佐藤勇人)、中村俊輔(→HT 太田吉彰)
FW 山瀬功治(→31分 羽生直剛)(→84分 阿部勇樹)、巻 誠一郎(→HT 矢野貴章)
SUB 村井慎二、石川直宏

※敬称略


「人徳」

当初は売れ行きが芳しくないと聞いていたが、いざ始まってみたら2万5千人強が集った埼玉スタジアム。

彼の引退試合に添えるべく、元レッズの選手達もそうだが、カテゴリー問わず、さらに昨日試合をこなしたばかりの現役選手らも駆けつけ華々しく行われたのも彼の人徳ゆえだと思う。

彼は決して大きな実績を引っ提げてレッズに入団した訳ではない。2000年入団と、レッズにとっては忌まわしき時に入った彼だけに、いろんな意味でどこかしら注目するところはあった。

そこからボランチというポジションでコツコツと実績と積み上げ、過去の指導者達に認められ試合にコンスタントに出られるようになった。そして気がつけばレッズにとってなくてはならない存在となり、キャプテンという重責も担った。

彼の入団のキャリアからすれば、J1復帰、カップ制覇、リーグ優勝、ACL優勝とまさしく上り調子であったが、一番苦労したのは2011年の残留争い。まさしく毎試合が崖っぷちの闘いで、彼も辛かったに違いない。

でもそれを経験したからこそ今の啓太があるのだと思うし、自分達も彼に助けられた試合もいくつもある。

本当に本当にお疲れさまでした。

Dscn0172 Dscn0178 Dscn0195

Dscn0223 Dscn0247 Dscn0264

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月9日 - 2017年7月15日 | トップページ | 2017年7月23日 - 2017年7月29日 »