« 2017年6月25日 - 2017年7月1日 | トップページ | 2017年7月9日 - 2017年7月15日 »

2017.07.08

第18節 新潟戦プレビュー

ホーム:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ 18:30

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、那須、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、武藤、興梠
FW:ラファエルシルバ

【展望】
明日からリーグ戦は後半戦に突入。第18節はホーム埼玉スタジアムにアルビレックス新潟を迎え対戦する。

新潟は現在、2勝2分13敗の勝点8で第18位。前節はホームで磐田と対戦した。

前半こそ相手を押し込む展開が続いていたが決めきれず逆に40分にサイドを起点にオウンゴールを誘われ先制。後半の54分に自陣右サイドを押し込まれてからのクロスに対し、1度は跳ね返すもこぼれ球に反応した櫻内にゴラッソなゴールを決められ万事休す。

シュート数もわずか1本と寂しく結局0-2で敗れた。これで新潟はリーグ戦5連敗を喫してしまった。

一方のレッズは、直近の試合は水曜日にACLで延期となっていた第13節。アウェー等々力で川崎と対戦。

ここ数試合の不振に伴い、レッズは4バックへ移行し臨んだものの、ぶっつけ本番なシステムはあっという間に相手に見透かされ、特にDFラインの不備を攻められると、瞬く間に中央をスルーパスで割られて2失点。その後3バックに戻し後半1点を返すも、直後に遠藤がPKを与えてしまって失点。さらに1人欠く中でDFラインを整わないまま、長谷川にミドルシュートを決められ失点。

結局1-4と惨敗を喫し、前半戦18試合を8位で折り返す事となった。

明日は共に傷を負いながらも浮上のきっかけを掴みたい一戦。しかし明るい兆しが見えぬままのある意味手探りの90分間になるだろう。

レッズは遠藤が出場停止。おそらく那須がその穴を埋めるものと思われる。しかしながらメンタル面で気落ちしている選手が多く、平常心で闘えるかどうかがポイントになるだろう。

ただそういう中でもきっかけを掴めない限り、いつまでもこの苦境から抜け出すことはできない。やはり今のレッズには勝利と共に相手を「0」で抑えるという強烈なメッセージが必要である。

今シーズン最大の危機を迎える中、彼等はどう立ち向かうのか。まずは明日の90分間。その闘う姿をしっかり見届けたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.05

【第13節 川崎戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 第13節 vs川崎フロンターレ 試合結果

7月5日(水)、等々力陸上競技場にて行われました『明治安田生命J1リーグ 第13節 vs川崎フロンターレ』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第13節
2017年7月5日(水) 19:03キックオフ・等々力陸上競技場
川崎フロンターレ 4-1(前半2-0) 浦和レッズ
得点者 16分 小林 悠(川崎)、26分 阿部浩之(川崎)、73分 槙野智章、82分 小林 悠(川崎)、84分 長谷川 竜也(川崎)
入場者数 22,561人
試合速報
Jリーグ


「自信喪失」

キックオフ後レッズが選択したのは迷走する中で導き出した急造の4バック。だが、それで勝てるほど勝負事は甘くない。ましてや敵将に冷静に心理までを見通されてしまったのでは元も子もなかった。

CB2人があっさりシュートコースを開けてしまい前半だけで2失点。後半から3バックに戻し、最初こそパスワークで崩し、何とかCKから1点を返すも、PKに加えさらなる追加点が傷口に塩を塗る形となり守備崩壊。1-4で成す術なく終わってしまった。

とかく攻守のバランスが悪く、中盤での繋ぎも選手個々の位置がふらふらとブレまくっていると、なかなかスイッチが入らない。また、ボールキープ時のフォローも少なく、結果的にパスコースが限定され、速攻が仕掛けられない事も多々みられる。

選手達が自信喪失のは事実で、如実にプレーに表れる事もある。ただそれを判断するのは指揮官であり、意欲がない選手をピッチに立たせても困る。メンタル面から推測するに、今は何をやってもダメなときはダメなのだと思う。あとはどこまで落ち込ませてから上げていくかという事。それ以上にベンチやベンチ外の選手達は、自分だったら…とより歯痒い思いなのかもしれない。

能力が高い選手を起用しても、それだけでは勝てない。連携でありシステムこそ重要なのかもしれないが、昨シーズンと大きくメンバーが変わらない中ですでに昨年の総失点数を越えてしまっているというのは、攻略されているという裏打ちでもある。

リーグ戦は半分の17試合を消化。ACLとの並行開催で日程をこなす中とはいえ、やはりここまで7敗は重い結果である。

巻き返す力こそ残っているのだろうか…。まずは自信を取り戻すことこそが重要なのだと思う。

Cimg4713 Cimg4724 Cimg4728

<スカパー公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.07.04

第13節 川崎戦プレビュー

アウェー:等々力陸上競技場
キックオフ 19:00

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、遠藤、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、武藤、興梠
FW:ラファエルシルバ

【展望】
明日はACL開催で延期となっていた第13節。アウェー等々力にのりこんで、川崎フロンターレと対戦する。

川崎は、現在8勝5分3敗の勝点29で暫定6位。前節はホームに神戸を迎え対戦した。開始早々から試合は動き、前半は阿部の2得点で折り返すと、後半もゴールラッシュ。特にワンツーからの抜け出しから相手DFを置き去りにする攻撃が多くみられ、3得点を追加。終わってみれば5-0と圧勝。盤石に勝点3を積み上げた。

一方のレッズは前節はホームに広島を迎え対戦。

前半、終了間際に相次いで得点を重ね2-0で前半を折り返すも、後半開始早々に1点を失うと、7分後に同点。さらに72分にカウンターから逆転ゴールを許すとスタジアムの空気が一変した。

しかし85分に関根のパスに抜け出したズラタンが決めると、ATに関根が中盤からドリブルで一気にPA内へ侵入。動きを止めずに放ったシュートが決まり逆転。これで勝点3が再び転がり込んだ。

明日は公式戦4連戦の2試合目。しかしながら自信喪失と疲労で選手達の勢いが見られないのが現状である。土曜日の勝利が良薬になったのかどうかはいざ始まってみないとわからない。ただ相手は川崎。ACLでも対戦するだけにここでズルズルと負ける訳にはいかないだろう。

好調川崎を相手にアウェーでの対戦ということで、とても分が悪いのは承知の上だが、切り替えてなんとか喰らいついて、勝点3を奪ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年6月25日 - 2017年7月1日 | トップページ | 2017年7月9日 - 2017年7月15日 »