« 2017年5月7日 - 2017年5月13日 | トップページ | 2017年5月21日 - 2017年5月27日 »

2017.05.20

【第12節 清水戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 第12節 vs清水エスパルス 試合結果

5月20日(土)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 第12節 vs清水エスパルス』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第12節
2017年5月20日(土) 14:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 3-3(前半1-0) 清水エスパルス
得点者:24分 興梠慎三、57分 興梠慎三、64分 鄭大世(清水)、69分 鄭大世(清水)、71分 チアゴ アウベス(清水)、74分 興梠慎三
入場者数:33,458人
試合速報
Jリーグ


「大量なる冷や水」

2-0というスコアが恐ろしいと改めて思い知らされた。

前半に先制点を奪い、後半も押されている状況で追加点を挙げ、ほぼ試合をコントロールしていたが、自らの小さなミスが起因となり、チョンテセの見事なミドルシュートで1点を返されると様相一変。

暑さで体力が奪われたのか、勢いづく相手に対し対応が後手後手となり、あっという間に同点。さらにチアゴアウベスがまたしてもゴラッソなシュートを打ち込まれ一気に逆転を許してしまった。その後興梠の3点目で何とか同点に追いつき、かろうじて勝点1を奪ったものの、敗れたような印象が強い。

試合後の選手達からのコメントにも「油断」や「慢心」といった反省の言葉が聞かれ、自ら落とし穴に嵌ったといっても過言ではないほどの厳しい結果だった。

もちろん敵将が後半から修正した的確なる対策が功を奏したのも見逃してはならない。特に槙野に対して長身のミッチェルデュークをあて、ターゲットを抑え込むのと同時に、相手の攻撃の選択肢を減らすというミッションを遂行させた。

その中でやはり気になっているのが、大量得点の裏に見え隠れする大量失点という現実。もちろん勝ち試合では多少なりとも看過されるのかもしれないが、それがズルズルと曖昧になってしまっては元も子もない。さらに反省したところで繰り返す安い失点シーンが続く限りは何も変わらないし、もちろんタイトルさえも遠くなってしまう。
それを痛感した今日の結果だった。

大事な一戦を前に大量なる冷や水を浴びせられ、意識は変わるのだろうか・・・。ラウンド16という高く厚い壁を乗り越えるためにも、もう1度自分達のやるべきことを見直してしっかり切り替えてほしい。

Cimg4240 Cimg4252 Cimg4262

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.19

第12節 清水戦プレビュー

ホーム:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ 14:00

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、遠藤、宇賀神
MF:関根、青木、柏木、駒井、武藤、李
FW:興梠

【展望】
リーグ戦も3分の1を経過し第12節。明日はホーム埼玉スタジアムに清水エスパルスをむかえ対戦する。

清水は現在、3勝4分4敗の勝点13で第12位。前節はホームでサガン鳥栖と対戦。試合が動いたのは前半23分。チョンテセとのパス交換から、チアゴアウベスが強烈なミドルシュートをたたき込み先制。

後半に入ると鳥栖が盛り返し何度かピンチが続くもGK六反の活躍で防ぐも、勝点3が見えたATに中盤からのパスがDFの間をスルーされ、最後は水野に決められ同点。そのまま試合が終わり、一気に勝点2が零れ落ちてしまい、今シーズンホーム初勝利がお預けとなった。

一方のレッズは前節はアウェーで新潟と対戦。

出場停止の森脇の穴は宇賀神がポジションを替え、両翼は関根を左、駒井を右に起用し連敗からの脱出を図った。しかしその目論みは開始2分であっさり崩れ先制点を許してしまうという難しい状況からのスタートとなった。

しかしその4分後に短いパス交換からラファエルシルバのアシストから武藤が決めて同点。さらに20分にも同様の形から興梠が決めて一気に逆転を果たす。その後もCKから槙野、FKからオウンゴール、カウンターから関根と前半だけで5得点も奪い、HTを迎えた。

後半に入っても早々の47分にCKから遠藤が決めて6点目。その後も追加点を期待する流れだったが、ホームで決して勝負を捨てない新潟の姿勢に、徐々にレッズの重心が守備偏重になりバランスが保てず逆に何度がピンチを迎える機会が多くなった。

結果は6-1の圧勝だったものの、前後半で全く違う色を見せてしまったのは、反省点であったが、ひとまず連敗を脱出できたことが何よりも収穫だったと思う。

清水とは2シーズンぶりの対戦。チームの若返りを図る中でチョンテセのリーダシップとプレースタイルは一目置かれる存在である。その強烈な個を持つ相手を往なして、得点を奪うかがポイントになる。それこそ明日勝てなければ新潟戦での勝利は無意味になってしまう。

今節も森脇の出場停止もそうだが、ラファエルシルバも怪我で離脱と徐々に主力が抜けつつあるだけに、その穴を埋める選手達の活躍に期待したいところだ。

明日が終わるとACLラウンド16を挟んでリーグ戦は延期となる。それだけにしっかりホームで勝点3を積み上げて弾みをつけてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.14

【第11節 新潟戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 第11節 vsアルビレックス新潟 試合結果

5月14日(日)、デンカビッグスワンスタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 第11節 vsアルビレックス新潟』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第11節
2017年5月14日(日) 14:03キックオフ・デンカビッグスワンスタジアム
アルビレックス新潟 1-6(前半1-5) 浦和レッズ
得点者:2分 鈴木武蔵(新潟)、6分 武藤雄樹、20分 興梠慎三、31分 槙野智章、43分 OWN GOAL、45+1分 関根貴大、47分 遠藤 航
入場者数:30,864人
試合速報
Jリーグ


「安堵」

開始早々から相手の早いプレッシャーとパスミスが絡み、慌てふためくようにあれよあれよという間に失点を喫してしまった。

しかしそれがかえって選手達のプライドに火を灯したのか、失点からわずか4分後に細かいパスワークからサイドを崩して同点。20分には似たような形から興梠が決めて逆転。その後も立て続けに得点を重ね、FCソウル戦に次ぐ前半5得点で折り返す。

後半も早々にCKから遠藤が決めて6点目を挙げ、さらなる得点への期待もあったが、時間が経つごとに新潟の諦めない姿勢に、レッズのDFラインの重心が下がりはじめ、押し込まれる時間帯も多くなる中でGK西川のファインセーブもあり、最後は何とか1失点で凌ぐことができたという印象がある。

遠藤や柏木が怪我明けだったという点を考慮しても、レッズの復調というより相手の不調の面がクローズアップされた90分間。レッズの攻撃の起点となる興梠や柏木に対しても相手は激しく来る事もあまりなく、唯一目立ったのは、元同僚であるラファエルシルバに対して、3人も寄せられた事ぐらいだったろうか…。それだけ対峙するポイントが曖昧だったという相手の展開そのものに助けられたと思う。

もちろんそのような相手に得失点差で上積みできたというのは大きいが、結果的に“攻め疲れ”で自分達がパワーダウンしてしまえば、元も子もない。

圧勝の裏でまだまだ問題点は多々残っているが、今日はようやく連敗を脱出できたという安堵こそ、心身両面において何よりの良薬なのだと思う。

Cimg4110 Cimg4118 Cimg4133

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月7日 - 2017年5月13日 | トップページ | 2017年5月21日 - 2017年5月27日 »