« 2017年4月30日 - 2017年5月6日 | トップページ | 2017年5月14日 - 2017年5月20日 »

2017.05.13

第11節 新潟戦プレビュー

アウェー:デンカビッグスワンスタジアム
キックオフ 14:00

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、那須、阿部
MF:宇賀神、青木、駒井、関根、武藤、興梠
FW:ラファエルシルバ

【展望】
ACL最終戦から中3日。明日はアウェー、デンカビッグスワンスタジアムへのりこみ、アルビレックス新潟と対戦する。

新潟は現在、1勝2分7敗の勝点5で第17位。リーグ戦前節はアウェーで川崎と対戦。開始早々から押し込む時間帯があったものの、前半40分にハイネルに先制ゴールを許してしまうと、後半さらに2失点を喫して0-3で敗戦。

この結果で三浦文丈監督が休養となり、先週水曜日のルヴァンカップから片淵コーチが昨シーズンに引き続き監督代行としてその役を担った。アウェーでセレッソ大阪と対戦し結果は0-1と敗れたが、選手達は一様に雰囲気の変化を感じ取っていた。

一方のレッズは、直近の試合はACLのGS第5戦。アウェーでFCソウルと対戦した。

主力の大半は遠征に帯同せず、フレッシュなメンバーで試合に臨んだが、パスミスが目立ち、なかなか試合の流れに乗り切れずその中で前半にボールロストからカウンターを喫して、先制点を決められてしまった。後半、駒井を右サイドに移すなど攻撃の活性化を図ったものの、ゴールが遠く0-1で敗戦。しかし上海上港も敗れたため結果的にGS1位を決めた。

ただこれで公式戦3連敗。かつ全てウノゼロというある意味重い現実が突きつけられている。もちろん主力の欠場などエクスキューズがあるものの、逆に考えると彼等がいないと試合が作れないという壁にぶち当たっている。

明日はソウル戦を欠場した大半の選手達が復帰するものの、柏木や遠藤、さらに侮辱行為で出場停止となった森脇の穴を誰が埋めるのかがポイントになる。田村をそのまま起用するのか他の選手をポジションチェンジして対応するのか指揮官は悩むところだろう。

そしてもう1つのポイントとしてはラファエルシルバ、大谷とそれぞれ昨シーズン在籍していたチームとの対戦となる点である。双方これまで培ってきたサッカー、そして選手達の良し悪しを知る中で迎える対戦というのはとても興味深い。

新潟はまだシーズン序盤ながら、昨シーズンに引き続き監督交代を決断。以降初めて迎えるホームゲームということ。さらに明日までは片淵氏が務め、以降は呂比須新監督に引き継ぐということで、勝って流れを掴みたいという意気込みは相当高い。

しかしその想いはレッズも同様。頂点を目指すにはこれ以上の連敗は絶対許されない。今必要なのは積極的なプレーと自信。これこそが負のスパイラルから脱するためのキーワードになろうかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.10

【ACL Matchday6 FCソウル戦】

オフィシャルより

ACL グループステージ MD6 vsFCソウル 試合結果

10日(水)、ソウルワールドカップスタジアムにて行われました『AFCチャンピオンズリーグ2017 グループステージ MD6 vsFCソウル』の試合結果をお知らせいたします。

AFCチャンピオンズリーグ2017 グループステージ MD6
2017年5月10日(水)19:00現地時間(19:00/日本時間)・ソウルワールドカップスタジアム
FCソウル 1-0(前半1-0) 浦和レッズ
得点者 38分 ユン スンウォン(FCソウル)
入場者数 4,933人
試合速報
Jリーグ


「前向きな課題」

直近の鹿島戦から先発を7名変更。大半の主力は遠征に帯同せず、まさしくリフレッシュした人選で最終戦に臨んだ。果たすべきタスクは勝点3を奪ってのグループ1位突破であるが、アウェーの地でそれは難しい課題であった。

やはり練習と実戦では大きく異なり、相手のプレッシャーや環境により、パススピードなどが大きく変わってくる。わずかなズレとミスがプレーの全体の質を下げ、ひいてはそれがカウンターへの引き金となり、実際に唯一の失点に繋がってしまった。

攻撃陣は久々に怪我から復帰した高木がシャドーで先発し、90分間フル出場。結果が伴わなかったが、セットプレーでのキッカーとして存在感を十分にアピールした。

試合は勝つことができなかったが、上海上港が敗れたたため、結果的には棚ボタでの1位通過となった。グダグダ感は否めなかったが、これもサッカーと割り切るべきだと思う。

今回帯同した18人には、今後天皇杯やルヴァンカップなど任せてもらわなければいけない舞台がまだ数多く残っている。さらに今後も主力の怪我や疲労などで再びチャンスも巡ってくるはずだ。

公式戦3試合連続での0-1での敗戦など、まだまだ課題は残る。しかし今宵はチームとしての先行きを見据えた前向きなものと捉えて、反省を生かして今後への闘いに向けてしっかり切り替えてほしい。

(テレビ観戦)

Cimg3956 Cimg3960 Cimg3971

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.09

ACL Matchday6 FCソウル戦プレビュー

アウェー:ソウルワールドカップスタジアム
キックオフ 19:00(日本時間)

【浦和予想スタメン】
GK:榎本
DF:槙野、那須、田村
MF:宇賀神、青木、駒井、菊池、矢島、李
FW:ズラタン

【展望】
GSもいよいよ最終戦。明日はアウェー韓国へのりこんで、FCソウル戦と対戦する。

FCソウルは、1勝0分4敗の勝点3で第3位。すでにGS敗退が決まっている。直近のリーグ戦は土曜日に浦項と対戦。ダムヤノビッチのゴールで2点を先制するも、直後に1点を返されてから終盤も立て続けに失点。結局2-3で逆転負けを喫してしまった。

一方のレッズは、直近の試合は4日に埼スタで行われたリーグ第10節の鹿島戦。前半から鹿島に先制を許す中で何度かチャンスを作るも、要所要所でミスが目立ちゴールが遠かった。特に相手のプレッシャーに押される場面も多く、主力の不在も地味に影響していたように感じた。

終わってみれば0-1で終わり2連敗。最小スコアであっても内容では完敗。とても大きな敗戦だった。

明日は上海上港と共に、グループFの1位2位を決する最終戦。しかしながら連戦連敗を重ねる中で、今回の遠征は大半の主力選手は帯同せず、起用メンバーが大きく入れ替わる模様である。

下降線からの立て直しもそうだが、控え選手達にもミシャサッカーが浸透しそれが実践の場でしっかり発揮されるかがポイントになるだろう。また怪我で長期離脱していた梅崎、高木も遠征に帯同しており、その起用も注目される。

FCソウルはすでにGS敗退が決まっており、半ばノープレッシャーで臨んでくる。しかし対日という感情が複雑に絡み合いながらの状況で難しい展開が予想される。そういう完全アウェーの中で最高の結果を残せるかどうか。決して消化試合ではない重要な90分間に期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月30日 - 2017年5月6日 | トップページ | 2017年5月14日 - 2017年5月20日 »