« 2017年4月16日 - 2017年4月22日 | トップページ | 2017年4月30日 - 2017年5月6日 »

2017.04.29

第9節 大宮戦プレビュー

アウェー:NACK5スタジアム大宮
キックオフ 15:00

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、遠藤、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、武藤、興梠
FW:ラファエルシルバ

【展望】
GWの連戦の中でむかえるダービーマッチ。明日はアウェー、NACK5スタジアムにのりこみ大宮アルディージャと対戦する。

大宮は現在リーグ戦では0勝1分7敗の勝点1で第18位。前の試合は水曜日にルヴァンカップで札幌とアウェーで対戦。開始から相手を押し込む展開が続くも、16分にサイドの攻撃を起点に小野に決められ先制を許してしまう。

しかし後半40分に相手のPAのクリアミスから瀬川の豪快なシュートが決まり同点。結局勝点1を積み上げて終わった。その前の21日にはリーグ戦第8節でG大阪と対戦し、0-6の大敗。浮上への一縷の望みをダービーに託すことになる。

一方のレッズは前の試合は水曜日にACLでウェスタンシドニーと対戦。相手がレッズにあわせて3バックで応戦してくるも、冷静に対応。逆に裏のスペースを攻め続け前半だけで3得点。

後半に1点を返されるも、その後さらに3得点を追加し、6-1で圧勝。GS突破を決めた。その前のリーグ戦でも札幌を相手に2失点を喫するも3得点を積み上げ、リーグ戦では首位を堅持している。

明日は首位と最下位という両極端な立場の状況でむかえるダービーマッチとなる。

大宮は浦和に勝つことで浮上のきっかけを掴むべく、今シーズン初の非公開練習を敢行。目の前の必勝を期すことになる。ただ1試合に懸ける想いは人それぞれ。もちろんライバル視する向きもあるし、34分の1と捉える向きもある。

レッズとしては好調を維持しているゆえ、誰が出てもやるサッカーは変わらない。しかし自信が過信に変わることが一番怖い。それゆえスタジアム独特の狭小のピッチと雰囲気に嵌らず奢らず、さらにヒートアップせず冷静に対処できれば、必然と勝点3を奪う道筋ができるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.26

【ACL Matchday5 Wシドニー戦】

オフィシャルより

ACL グループステージ MD5 vsウェスタン・シドニー・ワンダラーズ 試合結果

4月26日(水)、埼玉スタジアムにて行われました『AFCチャンピオンズリーグ2017 グループステージ MD5 vsウェスタン・シドニー・ワンダラーズ』の試合結果をお知らせいたします。

AFCチャンピオンズリーグ2017 グループステージ MD5
2017年4月26日(水) 19:30キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 6-1(前半3-0) ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ
得点者:14分 関根貴大、18分 ズラタン、43分 李忠成、66分 楠神順平(WSW)、71分 ラファエル シルバ、80分 ラファエル シルバ、90+4分 興梠慎三
入場者数:19,467人

この試合の結果、浦和レッズのグループF2位以上が確定し、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017 ラウンド16への進出が決定いたしました。

試合速報
Jリーグ


「予感の結末」

開始前から南からの強い風が吹き荒れた埼スタ。嵐を前に何かを予感させた雰囲気もあったが、終わってみれば6ゴールという圧巻の90分間だった。

レッズの攻撃に対応してか3バックに変更したWシドニー。守備時には5バックになりいわゆる“合わせた形”で対応していたが、レッズは球際での勝負に勝ちボールを奪うと、一気に裏へ繋ぎ相手を終始翻弄。関根の先制点を皮切りに、ズラタンのゴール、さらに李のゴールと立て続けに得点を積み上げた。

後半こそ攻め疲れのような時間帯もあり、その中で楠神の技ありのゴールで失点を喫したものの、その後途中から入ったラファエルシルバと興梠でさらに3点追加。FWとしての仕事振りもそうだが、彼等の連携の深さとその脅威を改めて感じた。

これで昨シーズンに続きGS突破。当初死の組と言われていたが、ここまで4勝1敗と堂々たる結果を残した。しかし順位が決まっていない以上、相手も決まらないが、むしろ緊張感を保ったまま最後まで試合をできるのはそれはそれで良い事なのかもしれない。

Cimg3829 Cimg3848 Cimg3858

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.25

ACL Matchday5 Wシドニー戦プレビュー

ホーム:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ 19:30

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、那須、森脇
MF:菊池、青木、柏木、駒井、武藤、李
FW:ズラタン

【展望】
リーグ戦から中3日。いよいよGSも佳境に入る。

明日はホーム埼玉スタジアムにウェスタンシドニーをむかえ対戦する。

Wシドニーは現在、1勝3敗の勝点3で第4位。前節はFCソウルとのリターンマッチで敗れ、GS敗退がちらつくかなり厳しい状況となった。

直近では21日にAリーグファイナルシリーズでブリスベンロアーと対戦。リーグ6位からのアップセットを狙うも、延長戦の後PK戦までもつれ敗れてしまった。

一方のレッズは、直近は土曜日にホームで札幌と対戦。中盤を厚くする守備陣に手を焼いたものの、3得点を奪い攻撃力の高さを見せたものの、一瞬の隙を衝かれ、FKを含めて2失点と、決して安泰とは言えない内容と結果であった。

明日はラウンド16進出を懸けた大きな試合。ひとまずの目標達成に大きく近づいてきた。前節、上海上港に勝ったことは大きいが、まだ何も決まっていないだけに、ここで一気に決めきりたいところ。

ただその先のリーグ2連戦を控え、メンバー構成が難しい。連勝中ゆえ選手達の疲労感はあまり感じられないが、これまで変更しても結果が出ており、指揮官の決断次第にもよってくる。

むしろ札幌戦で見えたような油断に潜む落とし穴にハマらないように、万全を期して90分間闘ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.04.24

天皇杯1回戦

今大会から実施時期が大きく前倒しされた天皇杯。
22日(土)、23日(日)の2日間で1回戦24試合が全国各地で行われました。

都道府県大会を勝ち上がったJ3クラブでは、秋田、琉球、YS横浜、鳥取が敗戦。

注目なのは福島県大会決勝でJ3福島ユナイテッドを破り初出場を果たした「いわきFC」が北海道代表のノルブリッツ北海道を8-2の大差で破り2回戦進出を果たしました。

そして2回戦は6月21日(水)の一斉開催。ここからはJ1、J2の全クラブが登場します。

ちなみにレッズの相手は、1回戦で宮城県代表JFLのソニー仙台を破った岩手県代表J3のグルージャ盛岡と対戦。林や畑本など元レッズの選手達もおり注目ですね。

また、トップチームでは2月のさいたまシティカップに続く駒場開催ということもあり、楽しみ半面でもあり、天皇杯独特の雰囲気での不安半面といったところでしょうか…(笑)

第97回天皇杯1回戦結果
第97回天皇杯2回戦対戦カード(いずれもスポーツナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月16日 - 2017年4月22日 | トップページ | 2017年4月30日 - 2017年5月6日 »