« 2017年3月19日 - 2017年3月25日 | トップページ | 2017年4月2日 - 2017年4月8日 »

2017.04.01

【第5節 神戸戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 第5節 vsヴィッセル神戸 試合結果

4月1日(土)、ノエビアスタジアム神戸にて行われました『明治安田生命J1リーグ 第5節 vsヴィッセル神戸』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第5節
2017年4月1日(土)16:04キックオフ・ノエビアスタジアム神戸
ヴィッセル神戸 1-3(前半0-0) 浦和レッズ
得点者:61分 柏木陽介、64分 遠藤 航、81分 中坂勇哉(神戸)、90+2分 柏木陽介
入場者数:18,889人
試合速報
Jリーグ


「幻惑」

前半はスコアレス。

神戸としては守備をしっかり厚くして我慢を強いたからこその結果であり、レッズとしてはなかなかそれを打ち破る術を模索していた。なによりもボランチの藤田とニウトンが柏木をしっかり監視して仕事をさせなかった。

チームもそれを感じてか、西川からロングフィードを上げたり、大きくサイドチェンジを仕掛けるも、いかんせんゴールが遠かった。

きっかけとなったのは、後半途中に武藤から駒井に替え、柏木をシャドーに上げた点。

もちろんこの日の殊勲は2ゴール1アシストの柏木であるが、それ以上にチームの流れを一変させたのが駒井であった。

ボランチながら、彼独特のリズムで仕掛け、時にはゴール前へ顔を出し、さらに守備に奔走したり、短い時間ながら縦横無尽に動き、チームをサポートした。そんな動きに柏木に張り付いていたボランチ陣はついてゆけず、
徐々にマークも剥がせるようになり、得点に至ったものである。

やはり相手の土俵に乗らず、自分達から流れを変え相手を幻惑させたのが大きかったし、これまで攻撃の軸を担っていたラファエルを欠きながら、鬼門であったノエスタで勝点3を積み上げたことは良かった。

ただ相手攻撃陣をしっかり封じたまでは良かったものの、唯一の失点こそ、その失い方があまりにも悪くこればかりは後味が悪かった。

まだまだ反省点は大いにある。しかしこの勝利をきっかけに4月の連戦に向けさらに調子が上がっていくことを期待したい。

Cimg3419 Cimg3421 Cimg3437

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.31

第5節 神戸戦プレビュー

アウェー:ノエビアスタジアム神戸
キックオフ 16:00

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、遠藤、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、武藤、興梠
FW:ズラタン

【展望】
代表ウィークを挟み、およそ2週間ぶりとなるリーグ戦再開。明日はアウェー、ノエビアスタジアム神戸にのりこみ、ヴィッセル神戸と対戦する。

神戸は現在4勝0分0敗の勝点12で首位。前節はホームに磐田をむかえて対戦。前半こそ押し込まれた展開だったものの、後半開始早々に新加入の大森が決めて先制。その後もカウンターから猛攻を浴びるも、しっかり守りきり開幕4連勝を達成した。

特に顕著なのがわずか1失点という守備網であろう。今シーズンは、高橋、岩波、渡部、橋本と不動の4バックに加え、ボランチの藤田が連動し、ファーストアタックで攻撃の芽を摘んでいる。さらには高橋秀人も控えており、守備の構築には抜け目ない。

攻撃陣もペドロジュニールが移籍し、レアンドロが怪我で長期離脱という状況であるが、ここまで浦和戦に強い渡邉や田中、さらに大森と実力ある選手が結果を残している。

一方のレッズは、前節はアウェーでガンバ大阪と対戦。

上海上港とアウェーで対戦してから中3日で臨んだが、ここまで調子の上がらないガンバに対し、果敢に攻めきり何度となくチャンスを迎えるものの決めきれず、逆に後半に先制を許してしまうという悪い流れを引きずったままとなった。しかし、終了間際のATに得たPKをラファエルシルバが決めて同点にし、なんとか勝点1を積み上げた。

明日はラファエルシルバが怪我により遠征回避の模様。これまで何度となく彼に助けられてきただけに、他の選手達の奮起に期待したいところである。

昨シーズンのノエスタでは、槙野が欠場。森脇を左に動かし那須、遠藤と急造のDFラインを組んだ。しかし中盤を分厚くした相手に攻撃の軸となっていた柏木が徹底的に狙われ、そこからカウンターを喰らわされた。ミスも誘発され自滅の印象が濃かった。今回も敵将はそれを狙いとして徹底してくるものと思われる。それだけに安易なミスもそうだが、安い失点は避けたいところだ。

決して神戸との対戦成績は悪くはないが、むしろノエスタとの相性は全くと言っていいほどよくない。昨シーズンこそ、ルヴァンカップでは勝ったがリーグ戦となるとかなり前までさかのぼらなければならない。

神戸はここまで無敗。その結果がフロックでないのを証明すべく、明日の試合に全力を注いでくるであろう。ただしリーグ戦は34試合。レッズとしては勝点3を目指すのは当然ではあるが、要所要所においてどこかで割りきるべきポイントを見つけられるかが勝負処になると思う。

序盤から厳しい闘いが続くが、しっかり勝点を積み上げて今後の連戦に備えてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.28

タイ戦

スコアだけ見れば4得点の圧勝ですが、内容を紐解いてみると、ガツガツ応戦してくるタイのプレスに対して、ハラハラした時間帯が多かったのも事実。

UAE帰り、さらに負傷が相次ぎ選手起用も難しいところがあったのを考慮してもバランスは相当悪かったですね。むしろ相手がタイで良かった…という考え方もできます。

3月の連戦も終わって、最終予選は残り3試合。そのうちアウェーを2つ残している状況ですが、勝点差や相手を考えるならば、ラスト前のホーム豪州戦で決めたいですね。

日本4-0タイ
グループB 日程&順位表(いずれもスポーツナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.26

ヒートアップJ2&J3

代表ウィークで、J1リーグがない週末。
J2は第5節でまだまだ序盤ですが、開幕から勢いに乗ってきたチームの差が少しずつながら開いてきました。

首位は4勝1分で負けなしの湘南。その後は1敗ながらも、東京V、徳島、長崎、名古屋、福岡、横浜FCがすでに勝点を2桁に積み上げて追っています。

一方で、未だ勝ちなしなのが、讃岐、岐阜、金沢、群馬の4チームです。また、山形は開幕戦こそ勝利したものの、その後は4試合連続ドローとなかなか勝ちきれない状況が続いています。

そしてJ3は第3節。奇数編成なので、試合数には差があるものの、開幕3連勝と好スタートを切ったのは、富山と福島。新スタジアム竣工となった北九州は今節ホーム初勝利を飾りました。

J2リーグ第5節結果
J2順位表

J3リーグ第3節結果
J3順位表(すべてスポーツナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月19日 - 2017年3月25日 | トップページ | 2017年4月2日 - 2017年4月8日 »