« 2017年3月5日 - 2017年3月11日 | トップページ | 2017年3月19日 - 2017年3月25日 »

2017.03.18

第4節 G大阪戦プレビュー

アウェー:市立吹田サッカースタジアム
キックオフ 17:00

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、遠藤、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、武藤、興梠
FW:ラファエルシルバ

【展望】
上海戦から中3日。中断前の最後の試合はアウェー吹田サッカースタジアムにのりこみ、ガンバ大阪と対戦する。

ガンバは現在2勝1分の勝点7で第2位。前節はホームにFC東京をむかえ対戦した。

今シーズンから取り組んでいる3バックに試行錯誤する中、チャンスをつかんだのはガンバ。前半22分にアデミウソンが遠藤からのパスをしっかり決めて先制。さらに後半に入り倉田が決めて、ワンサイドゲームの様相を呈していたが、79分に与えたPKを東口が体を張ってゴールを割らせず、その5分後にオウンゴールでさらに追加点を挙げて終了。3-0の完勝で勝点3を積みあげた。

しかしその後のACL江蘇蘇寧との試合では、前半に許した失点が最後まで尾を引き0-1で敗戦。2敗目を喫してしまった。

やはりキーとなるのはシステムの変更で中盤の底に下がっている遠藤の動きであろう。彼からの基点はいかなる形でもゴールに結びつける力があるだけに、しっかりパスコースを切りたいところだ。

一方のレッズは水曜日にアウェーで上海上港と対戦。

大量に水が撒かれた滑るピッチに足元がおぼつかず、なかなかボールを回せない中、CKからのクリアミスを押し込まれアンラッキーな形で失点。さらに前半終了間際にはGK西川のクリアミスを捕えられてしまい追加点と、後味の悪いまま折り返す。

後半に入り柏木、ラファエルシルバを投入。流れを変えようとするも、フッキの強引な突破になすすべなく3点目を奪われ万事休すかと思われたが、PKで1点を返すと、混戦から遠藤が押し込みなんとか1点差まで詰め寄った。動きが止まった相手に最後まで喰らいつくも2-3で敗戦。ミス絡みの失点が響き悔やむ敗戦だった。

選手達はその日の深夜には上海を離れ翌早朝には帰国。タフな移動ながらも早々に戻ってこれたのは大きく、若干ながらも体力回復に努めている。

連戦が最後という事もあり、久々に復帰した柏木の起用がポイントになる。今は攻撃陣が好調であるが、やはり気になるのは失点の多さ。特に同じパターンからというのが目立っており、しっかり改善できるか…という点では、今節ガンバ相手という事で1つの試金石になろうかと思う。

共にACLとの並行で連戦をこなしている同士の対戦。これまで何度となく雌雄を決してきたが今回は早々に4節でのマッチアップとなる。「強豪」と周囲から言われても、どこかしら不安材料があるのも似ている。

中断前の一戦で弾みをつけたいという想いは双方あるだけに、アウェーの地ゆえ難しい試合が予想されるが、しっかり勝点3を奪ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.16

ルヴァンカップ開幕

昨日、2017シーズンのルヴァンカップが開幕。今年はJリーグカップも25周年を迎えます。

若手選手の起用ルールが適用され、さらにグループステージも若干リニューアル。

全日程終了時に各グループ2位と3位がたすき掛けでH&Aで対戦する「プレーオフステージ」を導入。ノックアウトステージ進出への最後の2枠を争う事になります。

初戦は、FC東京が仙台を相手に6得点の圧勝というのが目立ちましたね。次節は来月12日に行われます。 

グループステージ第1節結果
順位表」(いずれもスポーツナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.15

【ACL Matchday3 上海上港戦】

オフィシャルより

ACL グループステージ MD3 vs上海上港 試合結果

15日(水)、上海体育場にて行われました『AFCチャンピオンズリーグ2017 グループステージ MD3 vs上海上港』の試合結果をお知らせいたします。

AFCチャンピオンズリーグ2017 グループステージ MD3
2017年3月15日(水)19:31現地時間(20:31/日本時間)・上海体育場
上海上港 3-2(前半2-0) 浦和レッズ
得点者 10分 シー クー(上海上港)、45+1分 エウケソン(上海上港)、52分 フッキ(上海上港)、73分 ラファエル シルバ、84分 遠藤 航
入場者 35,333人
試合速報
Jリーグ


「対峙」

強大な戦力を前に3失点。

しかしその大半はミスが起因しており、いわば自滅に近い形での敗戦だった。テレビから見てもわかるぐらい、水浸しのピッチに選手達は足を取られ踏ん張りきれずなかなか攻撃のリズムを掴めなかった。

そんな中でのCKからのいわばアンラッキーな失点をきっかけに、さらにリズムが悪化してしまう。前半終了間際の2失点目も西川のクリアが相手に渡ってしまい駒井もフォローに回るも、西川の戻りの遅さを見抜かれたエウケソンにしてやられてしまった。さらに後半フッキの追加点もまさに個人技。如実に見え隠れした消極的姿勢が最後まで響いてしまった。

しかし、後半ラファエルシルバや柏木を投入すると、相手の運動量も落ちてきた事もあり、ボールが回り始めるとPKと相手のミスも重なり、なんとか2点を返すまで意地を見せた。順位決定に至る得失点差を考慮すると意義ある得点である。

それだけに失点場面や興梠の退場は痛手であり、内容を考慮すればアウェーの雰囲気にやられてしまった感は強い。ただ、個々の能力やチームの力量に関し、実際に対峙し肌で感じて改めて分かった部分もあろうかと思う。
それをしっかり落とし込んで来月のリターンマッチに生かしてほしい。

Cimg2967 Cimg2971 Cimg2974

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.14

ACL Matchday3 上海上港戦プレビュー

アウェー:上海体育場
キックオフ 20:30(日本時間)

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、那須、森脇
MF:宇賀神、阿部、青木、駒井、武藤、李
FW:興梠

【展望】
ACLも第3戦目。明日はアウェー上海にのりこみ、上海上港と対戦する。

上海は昨シーズン国内リーグ3位でプレーオフを勝ち上がり本戦出場を果たした。GSはここまでFCソウル、Wシドニーに連勝し2戦2勝。さらに国内リーグでも開幕2連勝と強大な戦力をバックに勝利を積み重ねている。

やはり注目はフッキとオスカルの両FWであろう。彼等にどれだけ仕事をさせずに90分間をクローズする事が出来るかが大きなポイントとなる。

一方のレッズは金曜日にホーム埼スタで甲府をむかえ対戦。守備を固めてくる相手にやや難儀したものの、後半から関根を中心に果敢にドリブルを仕掛け相手を翻弄。その関根の3アシストを含む4得点で勝利し、勝点3を積み上げた。

ここまで公式戦は複数得点で攻撃力の厚みが目立っているが、守備に関するとリーグ戦での失点が多く、昨シーズンの分厚い守備にやや綻びが見え隠れしている。それゆえ、攻撃力に秀でている上海を相手に、しかもアウェーでどこまで持ち応えられるか…というのが、率直な感想なのかもしれない。

レッズはいつも通りのスタイルで臨む中で、チャンスをどれだけ掴み、生かすことができるだろうか。もちろん勝点3こそが理想であるが、しっかり勝点1でも持ち帰ることもミッションだと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.03.12

ユニフォーム

そもそも同系色同士の対戦ってあまり見ないですし、試合前に誰かしらおかしいと指摘しなかったんですかね?

結局は、すぐに調達できたホームの岐阜がユニを着替えるという形でひとまず収まったようですが、ここ近年のチームカラーからかけ離れた華美なユニもどうかなぁ…と思ってしまいますね。

岐阜―松本で”珍事” ユニ間違えパスミス 試合途中で岐阜が上半身だけ変更(スポーツニッポン)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月5日 - 2017年3月11日 | トップページ | 2017年3月19日 - 2017年3月25日 »