« 第32節 鹿島戦プレビュー | トップページ | 鹿島遠征あれこれ(仮) »

2017.11.05

【第32節 鹿島戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 第32節 vs鹿島アントラーズ 試合結果

11月5日(日)、県立カシマサッカースタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 第32節 vs鹿島アントラーズ』の試合結果をお知らせいたします。

鹿島アントラーズ 1-0(前半0-0) 浦和レッズ
得点者 80分 レアンドロ(鹿島)
入場者数 33,356人
試合速報
Jリーグ


「4戦4敗」

来シーズンのACL出場権獲得へ向け、わずかな可能性を持って首位鹿島に臨んだものの、70分のレアンドロのゴールが重くのしかかり0-1で敗戦。

今シーズン鹿島相手に4戦4敗という不甲斐なさもそうだが、リーグ戦5位以下が確定。来シーズンのアジアへの挑戦は決勝戦を前に幕を閉じた。

アウェー鹿スタではこれまでそう悪くなかっただけに、淡い期待も多少なりともあった。ただ、ミシャサッカーからの転換で相手を惑わせたシステムから脱却を図りつつ、鹿島と同じ4バックで応戦。

天皇杯での敗戦を糧に守備陣はしっかり集中して、失点こそあったにしてもしっかり守りに徹していたと思う。しかし守備が良ければ攻撃が影をひそめてしまうというバランスの悪さは解消されず、シュートもわずか3本といかんせんゴールが遠すぎた。

攻撃の軸となる興梠が抑えられたというのもあるが、やはり供給する側と受ける側で距離が離されてしまっては、楔のパスを入れてもことごとく奪われ、それこそ相手の思うつぼだった。

失点シーンも、斜めに入ってくるクロスボールに大外のレアンドロへの対応が間に合わずフリーで打たせてしまった。今シーズンこれまでレッズが何度となくやられた形であり、、これも解決できないウィークポイントを敵将に曝け出したゆえのものだった。

ACL決勝を前にウノゼロでの完敗で、やや暗雲立ち込める結果となってしまった。しかしこの状況で首位鹿島と対戦できたことは意義深く、それを糧に再度攻守の確認をして大一番に備えられるのは大きい。

来シーズンACLに出られないのは辛いが、逆にその分決勝へ臨む想いはより一層強くなったように感じる。

代表での中断を挟むこともあって、レッズにとっては今月はいろんな意味で長い長い1ヶ月間になりそうだ…。

Dscn3444 Dscn3449 Dscn3451

<Jリーグ公式ハイライト>

|

« 第32節 鹿島戦プレビュー | トップページ | 鹿島遠征あれこれ(仮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/66006720

この記事へのトラックバック一覧です: 【第32節 鹿島戦】:

« 第32節 鹿島戦プレビュー | トップページ | 鹿島遠征あれこれ(仮) »