« ACL 決勝第2戦 アルヒラル戦プレビュー | トップページ | 降格争い »

2017.11.25

【ACL決勝第2戦 アルヒラル戦】

オフィシャルより

ACL 決勝第2戦 vsアルヒラル 試合結果

25日(土)、埼玉スタジアムにて行われました『AFCチャンピオンズリーグ2017 決勝第2戦 vsアルヒラル』の試合結果をお知らせいたします。

AFCチャンピオンズリーグ2017 決勝第2戦
2017年11月25日(土) 19:15キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-0(前半0-0) アルヒラル
得点者 88分 ラファエル シルバ
入場者数 57,727人
この結果、2戦合計2-1となり、AFCチャンピオンズリーグ2017は浦和レッズの10年ぶり2度目の優勝となりました。
試合速報
Jリーグ
AFC


「掴んだ星」

ついに掴んだACLのタイトル。苦しんで耐え忍ぶ時間が長かったが、ラファエルシルバのゴールというワンチャンスをモノにして、1-0で勝利。GSから埼スタ無敗というホームの圧倒的な力を味方にしてアジアのトップに立った。

指揮官は第1戦と同じ選手起用。やられた左サイドではなくその前段階での処置を選手達に求めた。よりアグレッシブに相手ボールに喰らい付き、まさしく肉弾戦の様相。個の能力は相手が数枚も上だったが、局面での対峙にはギリギリまで相手との間合いを見定めゴールを割らせることはなかった。

そして何よりもスタジアムの雰囲気が流れを相手に渡さなかった。あの圧迫感は観ている自分達でさえ驚いてしまうのだから、アルヒラルの選手達はいくらサウジ代表として埼スタを経験していたとは言っても、あんなのとは比較にならない。それだけ赤い力は出来うる限りのサポートを展開した。

初制覇から10年。年々アジアの壁、とかく中韓の壁を打ち破れなかったレッズにとって、ことごとく難敵を打ち破り勝ち進むチームは誇りだった。もちろん国内タイトルから見放されたのは悔しい限りだが、その分最高の結果を得た喜びはとてつもなく大きい。

しかしサクセスストーリーは終わらない。再び中東の地へ赴きクラブワールドカップが待っている。アジア王者としてふさわしい闘いをする前こそ国内もおろそかにはできない。

今はその喜びをじっくりかみしめて、残り試合に気持ちを切り替えてほしい。

Dscn3585 Dscn3589 Dscn3618

Dscn3636 Dscn3656 Dscn3677

<Jリーグ公式ハイライト>

|

« ACL 決勝第2戦 アルヒラル戦プレビュー | トップページ | 降格争い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/66085993

この記事へのトラックバック一覧です: 【ACL決勝第2戦 アルヒラル戦】:

« ACL 決勝第2戦 アルヒラル戦プレビュー | トップページ | 降格争い »