« ACL 準決勝第2戦 上海上港戦プレビュー | トップページ | 第30節 G大阪戦プレビュー »

2017.10.18

【ACL準決勝第2戦 上海上港戦】

オフィシャルより

ACL 準決勝 第2戦 vs上海上港 試合結果

18日(水)、埼玉スタジアムにて行われました『AFCチャンピオンズリーグ2017 準決勝 第2戦 vs上海上港』の試合結果をお知らせいたします。

AFCチャンピオンズリーグ2017 準決勝 第2戦
2017年10月18日(水) 19:30キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-0(前半1-0) 上海上港
得点者 11分 ラファエル シルバ
入場者 44,357人
この結果、2戦合計2-1で浦和レッズの決勝進出が決まりました。
試合速報
Jリーグ


「GO WEST!」

平日としては久々の4万越え。

アジア屈指の戦力を誇る上海上港とは4度目の対戦。ある程度双方の手の内は知り尽くしてる中、ホーム埼スタでの強みはここでも発揮。ACL独特の痺れる空気がスタジアムを包み込む中で、前半CKから奪ったラファエルのゴールをしっかり守りきり、10年ぶりとなるファイナルへのチケットを奪った。

第1戦から出場停止だった3人も復帰し、ほぼベストメンバーで揃えてきた相手に対し、レッズは神戸戦を加味しつつ、ここでのベストメンバーを揃えて相手を迎え撃った。

序盤から厳しい闘いも予想されたが、要注意とされたフッキがボールを持つと2人、3人と取り囲みさらにプレーエリアを押し下げ、彼を自由にさせなかった。もちろん他の選手達がキープしてもしっかりマークが付き、要所要所で抑え込み攻撃のリズムを水際で減退させた。

レッズも先制後は何度かカウンターからチャンスを仕掛ける事ができたが、やはり守備に注視するゆえなかなか攻撃への人数が足りない中で、ロングフィードやセットプレーなど可能性のある中で追加点への機会をうかがっていた。

リーグ戦とは雰囲気や闘い方が異なる中で得た久々の無失点勝利。しっかり相手を研究し尽くせたからこその結果であるが、まだまだ旅は続く。

ようやく10年前の舞台に戻ってきた…というのが印象だろう。やはり最後は中東で西アジアのクラブと闘うのがACLの醍醐味でもある。

決勝戦は1ヶ月先。その間リーグ戦が3試合控えている。やるべきことや試したい事など指揮官にはいろいろ想いがあるだろうが、その中での選手起用は先を見据える上でとても大事になる。今日の喜びは一旦心の奥にしまって残るリーグ戦にしっかり切り替えてほしい。

Dscn3026 Dscn3029 Dscn3041

Dscn3042 Dscn3044 Dscn3049

<Jリーグ公式ハイライト>

|

« ACL 準決勝第2戦 上海上港戦プレビュー | トップページ | 第30節 G大阪戦プレビュー »

コメント

根っからの鹿サポですが、ACLで頂点を狙える浦和さんは羨ましい。
ACLで優勝すれば真の日本の王者クラブだと思います。おめでとうございます。

投稿: | 2017.10.18 22:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/65933225

この記事へのトラックバック一覧です: 【ACL準決勝第2戦 上海上港戦】:

« ACL 準決勝第2戦 上海上港戦プレビュー | トップページ | 第30節 G大阪戦プレビュー »