« 【ACL準々決勝第2戦 川崎F戦】 | トップページ | 【第26節 磐田戦】 »

2017.09.16

第26節 磐田戦プレビュー

アウェー:エコパスタジアム
キックオフ 16:00

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、阿部、マウリシオ、森脇
MF:菊池、柏木、青木、武藤、駒井
FW:興梠

【展望】
ACLの激闘から中3日。明日はアウェーエコパスタジアムへのりこみ、ジュビロ磐田と対戦する。

磐田は現在、12勝6分7敗の勝点42で第6位。前節はアウェーで札幌と対戦。

前半28分に川又のPKで先制するも、前半のうちに追いつかれ、さらに後半39分にパスを繋がれ、最後はヘイスに決められて逆転。結局1-2で破れ、5試合ぶりの敗戦となった。

一方のレッズは、水曜日にACL準々決勝第2戦で川崎フロンターレを埼スタにむかえて対戦。

2点ビハインドの状況であったが、前半に失点を喫しさらに苦しい状況に陥った。しかし相手の退場という追い風もあってか攻撃に厚みを増すようになり、後半怒涛の反撃を仕掛け、終盤に立て続けに得点。一気に逆転を果たして4-1で勝利。2試合トータルスコア5-4で準決勝進出を決めた。

いい流れを保った状況で磐田戦を迎えることになるが、やはり激戦後の選手達の疲労が気になる。そういう中で4-1-4-1という新たなシステムが徐々に浸透しつつあるが、安い失点癖が直らないのも不安材料である。

指揮官は疲労などいろいろ状況を考慮してか、少しずつ選手を入れ替えて彼らのモチベーションを保っている。しっかり結果を出せば継続して起用されるだろうが、連戦が続くゆえ体調を見極めて外すという決断をする勇気も必要になってくる。たが、ここにきて柏木や高木の復帰などようやく怪我人が戻ってきた。やりくりできる幅が広がるだけでも大きいだろう。

ACL直後の試合は4勝1分3敗とどっちつかず。ただ日程を考慮するならば磐田の方が猶予期間が多いゆえ、好調なチームを相手に、移行しつつある新システムが嵌るかどうかポイントになる。

台風が近づく中、荒れた天候が予想されるが、しっかりと上位を叩きアウェーの地で勝点3を積みあげてほしい。

|

« 【ACL準々決勝第2戦 川崎F戦】 | トップページ | 【第26節 磐田戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/65799135

この記事へのトラックバック一覧です: 第26節 磐田戦プレビュー :

« 【ACL準々決勝第2戦 川崎F戦】 | トップページ | 【第26節 磐田戦】 »