« 【第27節 鳥栖戦】 | トップページ | 【ACL準決勝第1戦 上海上港戦】 »

2017.09.26

ACL 準決勝第1戦 上海上港戦プレビュー

アウェー:上海体育場@中国
キックオフ 21:00(日本時間)

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、マウリシオ、森脇
MF:阿部、柏木、菊池、駒井、武藤、ラファエルシルバ
FW:ズラタン

【展望】
いよいよACLは準決勝。GSで闘った上海上港と再戦。明日はアウェーでの第1戦となる。

上海上港はGSを2位で通過した後、ラウンド16は同国の江蘇蘇寧と対戦。ホームの第1戦は2-1で勝利、第2戦も3-2で勝利し2戦2勝でノックアウトステージへ進出した。

準々決勝も同国の広州恒大と対戦。ホームでの第1戦は4-0と圧勝し、アウェーでの第2戦に臨んだが、広州の猛反撃に対応が後手に回ってしまい4失点を喫し同点で延長に突入。後半にフッキが勝ち越しゴールを決めるも、広州がPKで再び追いつき120分間の激闘でも決着がつかずPK戦へ。PK戦では上海は5人全員が決めて5-4で勝利。準決勝進出を決めた。

一方のレッズはラウンド16では韓国の済州、準々決勝では川崎を相手にそれぞれ第1戦を落とすもホームでの第2戦で怒涛の反撃を見せていずれも逆転勝ちと粘り強い闘いを続けている。

その意に反して国内戦ではなかなか調子が上がらない現状を憂慮する想いもあるが、攻撃力で国内随一ともいえる川崎をを破ったのはメンタル的にも大きく、自信を持って上海へ乗り込むことになる。

第1戦、第2戦と準々決勝同様に中2週間空く日程。それだけに1試合に懸けるモチベーションはそれぞれ異なる。すでにGSで対戦し、手の内やアウェーの雰囲気を知るだけにその経験値だけでも大きいはずだ。

怪我明けの柏木やラファエルシルバが遠征に帯同しているとの事なので、どういう状況で起用されるのか注目したい。現在、選手達は連戦が続き夏の暑さも落ち着いてきたところで疲労のピークを迎えている。先週の鳥栖戦ではそれがプレーの端々に表れており、明日へ向けてその回復が鍵になりそうだ。またこれまでの4バックで臨むのか、前回対戦時である程度効果のあった3バックで臨むのかもポイントになるだろう。

もちろん勝つことは大事だが、先にも書いた通り次戦へのインターバルがある。まずは90分を1つの区切りとして、やはりこれまで続いている軽い失点癖をどう抑えるかが大事だ。その中でアウェーゴールを奪う事も忘れてはならない。

現状ではそうとう厳しいリスクを背負う中での上海遠征となる。最強の攻撃陣、最大級のアウェー環境、そして国内戦とは異なるボールを相手にどこまで踏ん張れるか…。選手達の奮起に期待したい。

|

« 【第27節 鳥栖戦】 | トップページ | 【ACL準決勝第1戦 上海上港戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/65842642

この記事へのトラックバック一覧です: ACL 準決勝第1戦 上海上港戦プレビュー:

« 【第27節 鳥栖戦】 | トップページ | 【ACL準決勝第1戦 上海上港戦】 »