« ルヴァンカップの今とこれから | トップページ | 【第19節 札幌戦】 »

2017.07.28

第19節 札幌戦プレビュー

アウェー:札幌ドーム
キックオフ 14:00

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、遠藤、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、武藤、李
FW:興梠

【展望】
明日は5年ぶりとなる札幌ドームにのりこみ、コンサドーレ札幌と対戦する。

札幌は現在、4勝4分10敗の勝点16で第15位。直近の試合は水曜日にルヴァンカッププレーオフステージ第2戦をアウェーキンチョウスタジアムでC大阪と対戦。

控えメンバーを満たさない総勢16名で試合に臨んだ。第1戦を0-2で落としているゆえ、決勝トーナメントに進むには最低3点が必要であったが、前半に失点を喫し、ほぼ窮地な状況に追い込まれた。後半はチャナティップ、石井、上原と攻撃的なカードを次々と切るも、セレッソゴールを割れず0-1で敗戦。2戦2敗でリーグカップ戦は幕を閉じた。

リーグ戦での直近は3週間前の第18節。アウェーで大宮と対戦。前半をスコアレスで折り返すも後半開始早々に2点を奪われ苦しい展開が続いていたが、81分と終了間際のATにいずれも福森のFKが決まり、土壇場で勝点1を積み上げた。

一方のレッズは前節はアウェーでセレッソ大阪と対戦。

セレッソの守備陣に対し、レッズは興梠を1トップにし、ズラタン、ラファエルシルバをシャドーで起用するという手法で応戦。3人の連携は新鮮で1点を奪ったのは良かったが、徐々に興梠へのマークは厳しくなかなか収まらず、逆にカウンターの起点に晒される場面が目立ってしまった。

しかしそれ以上に深刻だったのは守備意識の低下。前半だけで4失点は話にならず、いくら点を返そうとも安い失点の繰り返しはモチベーションも上がらない。1試合多いもののリーグワースト3位で、しかもここぞという上位との対戦で敗れればそれは自信を失ってしまう。

指揮官は今週異例の2部練習を2日続けて敢行。意識の徹底を図ったが、急遽の守備練習ではお尻に火がついた降格圏のクラブと同様で正直なところ「付け焼刃感」が拭えない。むしろ今まで積み上げたきたサッカーで結果を残してきたのに、その応用が利かず、選手起用もお決まりでいよいよそのツケが回ってきたと感じても悪くはない。

さらにこの猛暑の中での過度な練習は、さらに疲弊を生まないか逆に心配になってしまう。それだけクラブ内でも切羽詰っている状況だと伺える。

明日は、ラファエルシルバが累積警告による出場停止。川崎戦で負傷し治療に専念してた李の復帰も予想されるが、大事を取る可能性もある。札幌は元磐田のジェイを獲得。都倉とのツインタワーで降格圏から離れるべくホームでの勝利を求めレッズゴールに襲い掛かるはずだ。

セレッソ戦でも露呈した高さへの対応もそうだが、どのクラブの敵将もミシャサッカーを研究しつくし、あらゆる手段を立てて倒そうと虎視眈々と狙っている。

その現実を指揮官も選手達もしっかり認識し、心技体を入れ替えて臨めるだろうか…。浮上のきっかけを少しでも見つけ出して勝点3を持ち帰ってほしい。

|

« ルヴァンカップの今とこれから | トップページ | 【第19節 札幌戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/65590211

この記事へのトラックバック一覧です: 第19節 札幌戦プレビュー:

« ルヴァンカップの今とこれから | トップページ | 【第19節 札幌戦】 »