« 第19節 札幌戦プレビュー | トップページ | 札幌遠征あれこれ »

2017.07.29

【第19節 札幌戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 第19節 vs北海道コンサドーレ札幌 試合結果
7月29日(土)、札幌ドームにて行われました『明治安田生命J1リーグ 第19節 vs北海道コンサドーレ札幌』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第19節
2017年7月29日(土) 14:03キックオフ・札幌ドーム
北海道コンサドーレ札幌 2-0(前半1-0) 浦和レッズ
得点者 32分 都倉 賢(札幌)、88分 ジェイ(札幌)
入場者数 33,353人
試合速報
Jリーグ


「裏目の連続」

福森のCKから槙野に競り勝った都倉のヘッドが決まり先制を許すと、流れが一向にレッズに向かぬまま、以降退場、3枚替え、負傷という負の連鎖が立て続けに起こり、為す術ないまま敗戦を喫した。

槙野の行為は故意ではないにせよ、それまでの都倉のバトルは見物だっただけに、ああいう形でピッチを去ってしまったのは残念だった。むしろここ数試合のパフォーマンスが落ちているのも事実で、責任感が裏目に出てしまった。

また指揮官も前半の槙野の退場で、前半は4バックで凌ぐも、後半開始からまたしても3枚替えという愚策に茫然。守備を安定すべく那須を投入するも、早々に筋肉系のアクシデントで負傷退場。9人でプレーを強いられるという状況に陥ってしまった。

たとえ結果論だとしても、リスクマネジメントがないと揶揄されても致し方ないやり方で、交代枠を使い切ってしまった事から、逆に選手達が無理強いできない状況に陥ってしまったというのも、もどかしい結果となってしまった。

9人になってボールを回せていたという印象があったが、これは敵将が4人で攻めて6人で守るという割りきりの采配が生んだ妙で、中盤に空いたスペースをレッズがボールを持って、クロスボールからチャンスを作るも、真ん中を閉じたゴール前はなかなか割ることができず、選手達の体力だけが奪われていった。

終わってみれば0-2。ロースコアながらも内容よりも勝ちにこだわった相手の方が雰囲気も凌駕し圧倒された。
自信を失ったレッズにとって打開策も見いだせず、失望感だけが漂う敗戦となった。

裏目の連続ではあったが、決して不運という言葉だけでは片づけられない内容だったことは明白。パフォーマンスの低下しかり、奇妙な采配しかり、苦難な低空飛行はまだまだ続きそうだ…。

Dscn0704 Dscn0711 Dscn0715

<Jリーグ公式ハイライト>

|

« 第19節 札幌戦プレビュー | トップページ | 札幌遠征あれこれ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/65594845

この記事へのトラックバック一覧です: 【第19節 札幌戦】:

« 第19節 札幌戦プレビュー | トップページ | 札幌遠征あれこれ »