« 第22節 C大阪戦プレビュー | トップページ | 長居遠征あれこれ<リーグ戦編>(仮) »

2017.07.22

【第22節 C大阪戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 第22節 vsセレッソ大阪 試合結果

7月22日(土)、ヤンマースタジアム長居にて行われました『明治安田生命J1リーグ 第22節 vsセレッソ大阪』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第22節
2017年7月22日(土) 19:04キックオフ・ヤンマースタジアム長居
セレッソ大阪 4-2(前半4-2) 浦和レッズ
得点者:6分 杉本健勇(C大阪)、8分 杉本健勇(C大阪)、18分 ズラタン、27分 山口蛍(C大阪)、35分 丸橋祐介(C大阪)、45+1分 ラファエル シルバ
入場者数:32,711人
試合速報
Jリーグ


「凋落」

純然たる力負け。

特に開始早々での6分、8分の失点シーンは今のレッズの凋落そのものであり、相手より出足も遅く、常に後手後手の対応となっていた。

ミシャサッカーは、どの敵将もほぼ対策済みでボールの出所しかり受けてしかり常に相手が先を読み、逆に自分達がなぜいつものプレーができないのか混乱しているように見受けられる。

簡単に失点を積み重ね、攻撃も手詰まればチームとしても不穏な空気が流れるし、観ている側にも不信感が募るばかりである。この日も2点を返したが、決して相手を崩すプレーはなく、“自分達のサッカー”となるととても程遠い。

ピッチ上での出来事はプレーしている選手しかわからない。ただ修正を試みようと、頭で理解してもそれがプレーに反映できないのであれば、なんの意味もない。

隣の芝生は…というけれど他クラブに比べるとおとなしいし、監督を支える気持ちは強いが、逆にそれが落とし穴になっているような感も垣間見えてくる。

包み隠さず述べるのなら、今のレッズはサッカーとしての体を保っていない。安い失点と敗戦を繰り返す中で自信を失っている。本来ならやれるべきところができていないのならなおさらだし、主力に依存し過ぎたツケも出てきてしまった。

ただ、試合は待ってくれない。

修正すべき箇所なり、選手達の構成、バランスなど見直す点はいくらでもある。しかしサッカーには明白な正解がないだけに、指揮官なりそれはプレーする選手達がピッチで答えを出さなければならない。

出口が見えない暗闇の中でどう模索し続けるのか。打開すべき策が見えない限り、まだまだ低空飛行な日々が続きそうである…。

Dscn0443 Dscn0449 Dscn0452

<Jリーグ公式ハイライト>

|

« 第22節 C大阪戦プレビュー | トップページ | 長居遠征あれこれ<リーグ戦編>(仮) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/65567501

この記事へのトラックバック一覧です: 【第22節 C大阪戦】:

« 第22節 C大阪戦プレビュー | トップページ | 長居遠征あれこれ<リーグ戦編>(仮) »