« 第15節 磐田戦プレビュー | トップページ | 天皇杯会場 »

2017.06.18

【第15節 磐田戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 第15節 vsジュビロ磐田 試合結果

6月18日(日)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 第15節 vsジュビロ磐田』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第15節
2017年6月18日(日) 18:33キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 2-4(前半1-1) ジュビロ磐田
得点者:36分 大井健太郎(磐田)、43分 阿部勇樹、56分 阿部勇樹、68分 アダイウトン(磐田)、74分 松浦拓弥(磐田)、80分 松浦拓弥(磐田)
入場者数:34,766人
試合速報
Jリーグ


「負の連鎖」

前半セットプレーから先制点を許すも、終了間際にCKから阿部の同点。さらに後半も短いパスワークからまた阿部が決めて逆転と、相手の厳しいプレッシャーにも負けず何とか逆転。相手の意欲も削ぎ、どうにか試合を自分達のペースに引き戻したかに思えた…。

しかし自陣CKからのパスミスが自分達の首を絞める形となってしまい、そこから一気に再逆転を許してしまうという悪夢に陥った。

もちろん敗戦への道程をだどったのは選手達かもしれない。ただあえて厳しく言うなら、同点シーンに絡んだ選手は、しっかり反省してほしいという事。ああいうありえない形で失点を喫した直後に、再度点を獲れというのは正直攻撃陣にとっては酷い話だ。

今シーズンは攻撃にさらなる手を加えたところで、バックラインのケアはおざなりの印象が強く、昨シーズンの最少失点は風前の灯である。リーグ戦に限れば完封勝利はわずか2試合。4月の第8節大宮戦から連続失点が続き今節は最多の4失点。

獲られた以上に獲るという意識は悪くはないが、あまりにも安い失点が多く、頭を抱える場面も多々ある。

相手もしっかり研究し、レッズのウィークポイントをことごとく衝かれて慌てふためき、それがベンチワークにも影響し、自分達だけがアップアップの状態が見受けられる。

これでリーグ戦は連敗を喫し5敗目。済州戦の激闘も霞むぐらい負の連鎖に陥っている。それだけに内容は度外視しても再開直後の磐田戦はモノにしたかったが、あの一連のプレーで台無しになった感は否めない。

正直、切り替える時間は少ない。そうこうしている間に再び連戦がやってくる。良薬を見つけ出すのは難しいだろうが、この状況は自分達で打破するしかないようだ。

Cimg4475 Cimg4491 Cimg4502

<Jリーグ公式ハイライト>

|

« 第15節 磐田戦プレビュー | トップページ | 天皇杯会場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/65428218

この記事へのトラックバック一覧です: 【第15節 磐田戦】:

« 第15節 磐田戦プレビュー | トップページ | 天皇杯会場 »