« 顛末 | トップページ | 【第14節 柏戦】 »

2017.06.03

第14節 柏戦プレビュー

アウェー:日立柏サッカー場
キックオフ 19:00

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、遠藤、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、武藤、李
FW:興梠

【展望】
激闘から中3日。明日はアウェー日立柏サッカー場にのりこみ、柏レイソルと対戦する。

柏は現在、9勝0分4敗の勝点27で第1位。前の試合は水曜日にルヴァンカップグループステージ最終節でアウェーで札幌と対戦。

すでにGS敗退が決まっていることもあり、大幅にメンバーを変更。前半に福森に決められると後半開始早々にも追加点を奪われる。その後クリスティアーノのアシストに宮本がゴールを奪い、1点差に詰め寄るものの善戦及ばす1-2で敗戦を喫した。

一方のレッズは、前の試合は水曜日にACLラウンド16第2戦でホームで済州ユナイテッドと対戦。

第1戦を落とし、0-2からの難しいミッションであったが、前半に興梠と李のゴールで同点に追いつき一気に形成を盛り返す。しかし相手のアウェーゴールに最大限の神経を注ぎ、カウンターにしっかり対応。第1戦での軽い守備を立て直し、チャンスを待った。

それが実ったのが延長後半。何度がチャンスを伺う中で高木のクロスに森脇が決めて逆転。相手のプレッシャーや後味の悪さも残ったが、およそ210分間の激闘に選手達は逆転勝利で応え、9大会ぶりの準々決勝進出を決めた。

明日は移動距離が少ないアウェーながらも、激戦の疲れから苦戦が予想されている。しかも柏はここまでリーグ戦7連勝中と好調をキープしてレッズを迎え撃つ。特にGK中村を中心とした守備陣が好調で、ハイプレスが嵌りそこからの速攻が効いている。レッズとしては苦手な戦術であり、疲労が蓄積している中でそれを掻い潜ることができるかがポイントになる。

また日立台というこじんまりとした専用スタジアムは、すでに敗戦を喫した大宮戦同様に、距離感や独特の雰囲気から苦戦を強いられている。そういうプレッシャーさえも跳ね除けられるだろうか・・・。

1試合少ないながらも勝点差は4。まだ前半であるものの、これ以上離されると上位をうかがうには厳しくなってくる。アウェー戦ゆえ最低でも勝点1を拾ってなんとか喰らいついてほしい。

|

« 顛末 | トップページ | 【第14節 柏戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/65366272

この記事へのトラックバック一覧です: 第14節 柏戦プレビュー:

« 顛末 | トップページ | 【第14節 柏戦】 »