« 天皇杯会場 | トップページ | 【天皇杯2回戦 盛岡戦】 »

2017.06.20

天皇杯2回戦 盛岡戦プレビュー

会場:浦和駒場スタジアム
キックオフ 19:00

【浦和予想スタメン】
GK:榎本
DF:田村、那須、平川
MF:菊池、青木、長澤、梅崎、高木、矢島
FW:ズラタン

【展望】
元日決勝、そしてACLへの道のりがここからスタート。明日は浦和駒場スタジアムに1回戦勝者、岩手県代表でJ3所属のグルージャ盛岡と対戦する。

盛岡は現在J3リーグでは、2勝5分5敗の勝点11で第14位。直近では日曜日にG大阪U-23と対戦。前半12分にクロスからフリーで飛び出してきた相手に奪われ失点。その後も一進一退の状況が続き双方チャンスを作るも決めきれず、0-1で敗戦を喫した。

一方のレッズは直近は日曜日に磐田と対戦。

セットプレーから先制を許すも、前半終了間際と後半早々に得点し逆転。前線から猛然とプレスを掛けてくる相手に難儀する中、ようやく落ち着けるかと思ったその10数分後に、CKからのこぼれ球を奪われカウンターを浴び対応のまずさもあり同点。さらに74分、80分とディフェンスを崩され再逆転を許してしまい、今シーズン最多の4失点で敗戦を喫した。

大勝した新潟戦以降の公式戦5試合では1勝1分3敗と低調。特に失点数が10と際立っている。そもそもしっかり守備を固める下位のチームには得点を奪う事が難儀とされる中、下手にDFラインを上げるとカウンターの餌食となるだけに、その対応が難しいところ。

特に明日はメンバーを入れ替えて臨むゆえに、起用される選手達の意気込みにも期待したいが、指揮官の思い通りになるかどうかは未知数である。しかし現状を打破するのは新しい力も必要であり、しっかりアピールして結果を残してほしいというのが、一縷の望みでもある。

盛岡といえば、前回大会の2回戦で仙台を相手に大差で破ったのは記憶に新しいところ。レッズは普段のホーム埼スタと異なる駒場での一発勝負ゆえ、その独特の雰囲気なりプレッシャーに押され、ミスや油断が一気にピンチを招いてしまう危険性もある。

まずは異なるカテゴリーでの対戦ゆえ、継続してきた力量差を見せつける事ができるかどうかだろう。相手のプレッシャーに慌てることなく、しっかりねじ伏せて元日への第一歩を踏み出してほしい。

|

« 天皇杯会場 | トップページ | 【天皇杯2回戦 盛岡戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/65437344

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇杯2回戦 盛岡戦プレビュー:

« 天皇杯会場 | トップページ | 【天皇杯2回戦 盛岡戦】 »