« 第11節 新潟戦プレビュー | トップページ | 第12節 清水戦プレビュー »

2017.05.14

【第11節 新潟戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 第11節 vsアルビレックス新潟 試合結果

5月14日(日)、デンカビッグスワンスタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 第11節 vsアルビレックス新潟』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第11節
2017年5月14日(日) 14:03キックオフ・デンカビッグスワンスタジアム
アルビレックス新潟 1-6(前半1-5) 浦和レッズ
得点者:2分 鈴木武蔵(新潟)、6分 武藤雄樹、20分 興梠慎三、31分 槙野智章、43分 OWN GOAL、45+1分 関根貴大、47分 遠藤 航
入場者数:30,864人
試合速報
Jリーグ


「安堵」

開始早々から相手の早いプレッシャーとパスミスが絡み、慌てふためくようにあれよあれよという間に失点を喫してしまった。

しかしそれがかえって選手達のプライドに火を灯したのか、失点からわずか4分後に細かいパスワークからサイドを崩して同点。20分には似たような形から興梠が決めて逆転。その後も立て続けに得点を重ね、FCソウル戦に次ぐ前半5得点で折り返す。

後半も早々にCKから遠藤が決めて6点目を挙げ、さらなる得点への期待もあったが、時間が経つごとに新潟の諦めない姿勢に、レッズのDFラインの重心が下がりはじめ、押し込まれる時間帯も多くなる中でGK西川のファインセーブもあり、最後は何とか1失点で凌ぐことができたという印象がある。

遠藤や柏木が怪我明けだったという点を考慮しても、レッズの復調というより相手の不調の面がクローズアップされた90分間。レッズの攻撃の起点となる興梠や柏木に対しても相手は激しく来る事もあまりなく、唯一目立ったのは、元同僚であるラファエルシルバに対して、3人も寄せられた事ぐらいだったろうか…。それだけ対峙するポイントが曖昧だったという相手の展開そのものに助けられたと思う。

もちろんそのような相手に得失点差で上積みできたというのは大きいが、結果的に“攻め疲れ”で自分達がパワーダウンしてしまえば、元も子もない。

圧勝の裏でまだまだ問題点は多々残っているが、今日はようやく連敗を脱出できたという安堵こそ、心身両面において何よりの良薬なのだと思う。

Cimg4110 Cimg4118 Cimg4133

<Jリーグ公式ハイライト>

|

« 第11節 新潟戦プレビュー | トップページ | 第12節 清水戦プレビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/65278357

この記事へのトラックバック一覧です: 【第11節 新潟戦】:

« 第11節 新潟戦プレビュー | トップページ | 第12節 清水戦プレビュー »