« ACL ROUND16-2 済州戦プレビュー | トップページ | 顛末 »

2017.05.31

【ACL ROUND16 2ndleg 済州戦】

オフィシャルより

ACL ラウンド16 第2戦 vs済州ユナイテッドFC 試合結果

5月31日(水)、埼玉スタジアムにて行われました『AFCチャンピオンズリーグ2017 ラウンド16 第2戦 vs済州ユナイテッドFC』の試合結果をお知らせいたします。

AFCチャンピオンズリーグ2017 ラウンド16 第2戦
2017年5月31日(水) 19:30キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ (前半2-0 後半0-0 延長前半0-0 延長後半1-0) 済州ユナイテッドFC
得点者:18分 興梠慎三、33分 李 忠成、114分 森脇良太
入場者数:19,149人
この試合の結果、浦和レッズのAFCチャンピオンズリーグ2017 ベスト8進出が決定いたしました。
試合速報
Jリーグ


「プライド」

両チームの意地とプライドがぶつかり合った第2戦。

前半18分にセットプレーから1点を返し、さらに34分に高い位置でボールを奪うと、興梠のパスから李が決めてトータルスコアで同点に追いついた。

しかしレッズとしては失点すると2点が必要となる状況。カウンターには猛然と追いかけ相手を外へ追いやり、ピンチを未然に防いだ。

済州も焦りがでてくるとプレーにも影響。81分にラフプレーで1人退場すると、レッズは90分以内で決めきれるチャンスもあったが、選手達は焦らず延長を視野に入れつつ試合を運んだ。そして冷静にまずは90分を2-2で終え、アウェーゴールのディスアドバンテージを消し去った。

切り替えたレッズはなおも猛然と相手ゴールに迫り、それが実ったのが114分。高木のクロスに裏へ抜けた森脇がダイレクトで決めて決勝点。

終了間際からの済州の選手達による後味の悪さが残ったが、挑発に乗らずホームで選手達はハードルが高いミッションをこなし、9年ぶりのベスト8に進んだ。

やはり国を背負うACLはリーグ戦とは異なり、異様な雰囲気になる。ミッドウィークでかつ月末日という日が悪い中、創り出したスタジアムの雰囲気は、何事にも代えがたい忘れ得ぬ試合となった。

4日後の代償こそ不安ではあるが、まずは成し得たミッションを心から喜び、しっかり休んで次へ切り替えてほしい。

Cimg4333 Cimg4345 Cimg4357

<Jリーグ公式ハイライト>

|

« ACL ROUND16-2 済州戦プレビュー | トップページ | 顛末 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/65353392

この記事へのトラックバック一覧です: 【ACL ROUND16 2ndleg 済州戦】 :

« ACL ROUND16-2 済州戦プレビュー | トップページ | 顛末 »