« 第9節 大宮戦プレビュー | トップページ | 第10節 鹿島戦プレビュー »

2017.04.30

【第9節 大宮戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 第9節 vs大宮アルディージャ 試合結果

4月30日(日)、NACK5スタジアム大宮にて行われました『明治安田生命J1リーグ 第9節 vs大宮アルディージャ』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第9節
2017年4月30日(日) 15:04キックオフ・NACK5スタジアム大宮
大宮アルディージャ 1-0(前半0-0) 浦和レッズ
得点者:63分 茨田陽生(大宮)
入場者数:12,401人
試合速報
Jリーグ


「取りこぼし」

精神論だけでは語るのはどうかと思うが、この試合に限っては未だ未勝利だった大宮がライバル視する浦和を相手に、選手、サポが一体となって掴んだ勝利であって、レッズはそのアウェーの気迫に押され、かつ敵将の仕掛けた罠にまんまと嵌ってしまい、結果的に攻めのタスクを失ってしまった。

とかく相手は守備に5枚敷き、特にシャドーの興梠と武藤の動きを要警戒で封じた。そうなればより重要になるのは攻めのスイッチを入れるべき柏木と両サイドであるが、柏木が本調子ではなく本来の力を発揮できなかったことが想定外であった。

それを後半から青木に託した事が逆に相手にしたらラッキーだったと捉えてもおかしくなかった。攻撃にタクトを担う選手がおらず、逆に4-0-5の形で中盤のスペースがポッカリ空いてしまい、パスミスから失点への流れを自ら作ってしまったのも心残りだった。

その後駒井を投入したものの、中央を固める相手に時すでに遅し。縦へ勝負して突破口を見いだせればよかったが、そこまでにはあまりに遠すぎた。

それに何度かゴール前でチャンスを迎えたが、ことごとく決めきれず運にも見放され、指揮官の言う「罰が下った」というのも至極全うな見解である。

34分の1しかりダービーマッチしかり、この試合に懸ける想いは様々。ただ18位のチームにアウェーで勝点1も奪えず敗れるというのは、タイトルを目指すチームとしては余りにも痛い「取りこぼし」となのであり、そこはしっかり猛省して次へ切り替えてほしい。

<Jリーグ公式ハイライト>

|

« 第9節 大宮戦プレビュー | トップページ | 第10節 鹿島戦プレビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/65221362

この記事へのトラックバック一覧です: 【第9節 大宮戦】:

« 第9節 大宮戦プレビュー | トップページ | 第10節 鹿島戦プレビュー »