« 第6節 仙台戦プレビュー | トップページ | ACL Matchday4 上海上港戦プレビュー »

2017.04.07

【第6節 仙台戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 第6節 vsベガルタ仙台 試合結果

4月7日(金)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 第6節 vsベガルタ仙台』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第6節
2017年4月7日(金) 19:34キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 7-0(前半4-0) ベガルタ仙台
得点者:20分 興梠慎三、27分 興梠慎三、29分 武藤雄樹、45+2分 興梠慎三、47分 李 忠成、65分 OWN GOAL(浦和)、90+2分 柏木陽介
入場者数:25,372人
試合速報
Jリーグ


「圧勝の裏に…」

久々となる7得点の圧勝。

序盤こそ相手のカウンターに肝を冷やされたが、時間が経つごとに落ち着いてボールをまわし、保持する時間が増えてくると、サイドからの攻撃が活性化し、先制点と2得点目がいずれも右サイドを起点となり、相手DF陣を崩して得点を奪った。さらに武藤の圧巻のゴールとPKで得た得点も加え4-0で前半を折り返す。

後半も早々から攻めの姿勢、わずか2分で相手のクリアミスを見逃さなかった李が落ち着いて決めると、これでKLM揃い踏み達成。さらにオウンゴールと新加入菊池のクロスから柏木が頭で決めてゴールラッシュを締めくくった。

ただこれだけゴールを積み重ねても、その裏で皆が待望していたのは、無失点での勝利。もちろん勝点3こそ嬉しいに越したことはないが、これまで堅守を謳ったチームにとって、軽率なミスが続いての失点はどこか引っかかるものがあり、しっかり完封してこそ…という思いは強かった。

大量得点での緩みを心配していたが、選手達は細心のリスク管理で決定的な場面を防ぎ、90分間耐えてゴールを守りきった。

そして彼等はすでに圧勝の先を見据えている。来週はさらに厳しい連戦が続くが、この結果を糧にさらに勝利を希求し突き進んでほしい。

Cimg3519 Cimg3537 Cimg3558

<Jリーグ公式ハイライト>

|

« 第6節 仙台戦プレビュー | トップページ | ACL Matchday4 上海上港戦プレビュー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/65120600

この記事へのトラックバック一覧です: 【第6節 仙台戦】:

« 第6節 仙台戦プレビュー | トップページ | ACL Matchday4 上海上港戦プレビュー »