« 第2節 C大阪戦プレビュー | トップページ | WBC開幕 »

2017.03.04

【第2節 C大阪戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 第2節 vsセレッソ大阪 試合結果

3月4日(土)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 第2節 vsセレッソ大阪』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第2節
2017年3月4日(土) 14:01キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 3-1(前半2-0) セレッソ大阪
得点者:22分 武藤雄樹、37分 興梠慎三、52分 ラファエル シルバ、59分 マテイ ヨニッチ(C大阪)
入場者数:43,826人
試合速報
Jリーグ


「5連戦」

CKからの1失点を喫したものの、前線3人の3得点とほぼ完勝の内容で、15日間で5試合の連戦を締めくくった。

試合開始からセレッソの仕掛けるワイドな4バックに対し、得意とするサイドチェンジが功を奏する事なく、いわゆる詰まり気味の展開。しかしサイドに人数を掛けるという事は中央が空く結果となり、レッズとしては何とか中にボールを入れて1枚でも相手を引き剥がすことができるかどうかが焦点であったが、22分に遠藤の縦パスを起点に武藤のゴールが決まり先制。

セレッソも反撃を仕掛けるも、1対1の局面に屈してしまう場面が多く、2点目はDF丸山に競り勝ってボールを奪取した武藤から起点に興梠のゴール。さらにダメ押しとなる3点目は。青木のパスカットからラファエルシルバが決めて、これで勝負が決した。

失点以降の流れは、押し込まれる場面も多々あったが、何とか踏ん張って凌ぐことができた。無論失点に関しては、連戦の疲労を考慮するならば、致し方ない見方もあるだろう。

これまで以上に選手をやりくりしながらの連戦は、上々のスタートとなった。柏木が怪我で出遅れているのが気になるが、それ以上に起用された選手達の奮起がすさまじく結果に表れている。

結果に甘んじることなく反省すべく点はしっかり考慮して、しばしの休息後の連戦に臨んでほしい。

Cimg2841 Cimg2853 Cimg2866

<Jリーグ公式ハイライト>

|

« 第2節 C大阪戦プレビュー | トップページ | WBC開幕 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/64969572

この記事へのトラックバック一覧です: 【第2節 C大阪戦】:

« 第2節 C大阪戦プレビュー | トップページ | WBC開幕 »