« 第1節 横浜FM戦プレビュー | トップページ | 不具合 »

2017.02.25

【第1節 横浜FM戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 第1節 vs横浜F・マリノス 試合結果

25日(土)、日産スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 第1節 vs横浜F・マリノス』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第1節
2017年2月25日(土)12:35キックオフ・日産スタジアム
横浜F・マリノス 3-2(前半1-0) 浦和レッズ
得点者 13分 ダビド バブンスキー(横浜FM)、63分 ラファエル シルバ、65分 ラファエル シルバ、86分 ウーゴ ヴィエイラ(横浜FM)、90分+2分 前田直輝(横浜FM)
入場者数 39,284人
試合速報
Jリーグ


「アキレス腱」

開幕戦の雰囲気がそうさせたのか、昨シーズンの2戦2分(0-0、1-1)から予想もつかない点の取り合い。結果的には会心の逆転ゲームを締めることができず、あっという間に目の前から勝点3が零れ落ちてしまった。

互いにサイドの攻防がアキレス腱となっていて、宇賀神の対面はマルティノス。そして齋藤の対面は森脇。そこでの勝負が試合の流れを左右させた。

特に齋藤のドリブルは勢いと自信があった。森脇をあっさり交わし斜めへ入ってくると、当然のごとくレッズは枚数をかけて止めに掛かる。間合いをとってディレイでも悪くないのかもしれないが、目の前の出来事にまずは“止める”という初期動作がそうさせてしまったのか、結果的に大半の選手がボールウオッチャーになりバイタルエリアをがら空きにしてしまってシュートを打たれてしまった。警戒したゆえの結果であるが、3失点中2失点が同じパターンで崩されただけに、昨シーズンの最小失点の看板が何とも歯痒い。

豪州遠征から帰国して疲労が蓄積していたのは承知の上。それだけに指揮官もメンバーを替え、怪我明けの柏木をシャドーで先発起用。いろんな意味で試しているという印象であったが結果に結びつかなかった。

34分の1とは言っても、モチベーションが高い開幕戦で、しかも残り5分からの逆転負けはメンタルをやられる。ただここでしっかり切り替えないと、頭で分かっていてもカラダがついて行かなくなる。失点パターンに関しては大いに反省して、これからのホーム3連戦を乗り越えてほしい。

Cimg2720 Cimg2727 Cimg2728

<Jリーグ公式ハイライト>

|

« 第1節 横浜FM戦プレビュー | トップページ | 不具合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/64938576

この記事へのトラックバック一覧です: 【第1節 横浜FM戦】:

« 第1節 横浜FM戦プレビュー | トップページ | 不具合 »