« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017.02.28

【ACL Matchday2 FCソウル戦】

オフィシャルより

ACL グループステージ MD2 vsFCソウル 試合結果

28日(火)、埼玉スタジアムにて行われました『AFCチャンピオンズリーグ2017 グループステージ MD2 vsFCソウル』の試合結果をお知らせいたします。

AFCチャンピオンズリーグ2017 グループステージ MD2
2017年2月28日(火)19:30キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 5-2(前半5-1) FCソウル(韓国)
得点者 9分 武藤雄樹、11分 李 忠成、14分 パク チュヨン(ソウル)、15分 関根貴大、21分 宇賀神友弥、45分 駒井善成、90+2分 デヤン ダムヤノビッチ(ソウル)
入場者数 18,727人
試合速報
Jリーグ


「大勝ゆえのほろ苦さ」

難敵と言われていた昨年のKリーグ王者を相手に怒涛の5得点で圧勝。

前半からボールホルダーに喰い付いてくる相手に対し、その裏に空いた広大なスペースを存分に使って速攻を繰り広げた。特にこの日ゲームキャプテンを務めた興梠が1トップを担っていたかと思えば、サイドのスペースを使ってボールを受けてから中央へ折り返すなど、攻守多岐にわたる活躍で得点に絡み続けた。

阿部、柏木というチームの主軸をベンチからも外し、レッズにとっては成長の証を見ることができた一戦だと思う。この日ボランチで先発起用された駒井も青木と共に攻守のバランスをとりつつも、得意のドリブルを生かし、前線を顔を出すこともあり、それがダメ押しの5点目のゴールに繋がった。

しかしながら、時間が経つごとにソウルの強いフィジカルと縦へのパススピードの速さに徐々についていけなくなる事もあり、主審の微妙なジャッジも相まってか、ファールで止めざろう得ない場面もあった。それだけ展開の左右こそあったが、結果的には相手の出鼻を挫いて立て続けに得点を奪った事が大きかった。

さらに大勝の陰での後半ATの失点は、状況や流れを振り返るならば、ほろ苦い失点で若干ながら後味が残った感は否めない。土曜日のフラッシュバックを感じたのは、自分だけではないはずだ。

ただ、それを一番分かっているのは選手達であろうし、自戒の念を込めてしっかり修正して、次へ繋げてほしいと思う。

Cimg2790 Cimg2804 Cimg2821

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.27

ACL Matchday2 FCソウル戦プレビュー

ホーム:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ 19:30

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、那須、森脇
MF:菊池、阿部、長澤、駒井、武藤、李
FW:ズラタン

【展望】
リーグ戦から中2日。闘いの舞台が再びACLへ移り第2戦。FCソウルを迎えて対戦する。

FCソウルは、第1戦ではホームで中国の上海上港と対戦。53分に元Jリーガーのフッキに決められると勢いに圧倒されてしまったか、反撃の糸口が見いだせず0-1で敗戦を喫してしまった。それゆえ今節は短期決戦を見据えるならば、アウェーとは言えど落とせない試合となる。

つい先日、駒場でのさいたまシティカップで対戦した記憶は新しいが、この時は1-1のドロー。しかし双方前後半で大幅に選手を入れ替えあまり選手個々のプレースタイルの記憶が少ない。ただそういう中で強く印象に残っているのが、前線の選手達がGKをはじめ、ボールホルダーに対して強烈にプレッシャーを掛けて来ていた事だ。

パスミスを誘発させる意図があっただろうが、昨シーズンもラウンド16で対戦しているゆえ、ミシャサッカーの対策は熟知済みだと思われる。

一方のレッズは土曜日にリーグ開幕戦。アウェーで横浜FMと対戦するも、2-3で痛恨の逆転負け。3失点中2失点はサイドからの駆け引きで齋藤にドリブルで抜かれ決定的なチャンスを何度も作らされてしまった。それゆえバイタルエリアをがら空きにしてしまい、シュートを決められるというお粗末な対応だった。

明日においては、連戦での体力面よりもメンタル面からの立て直しが急務であろうかと思う。特に1週間前のシドニー戦で4-0と圧勝しただけに、その反動には注視しなければならない。

共に勝点3を見据えてのリターンマッチ。ここで勢いを停滞させないためにも、難しい相手であろうが久々のホーム埼スタで勝ちきる事こそが責務だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.26

不具合

今日はJ2開幕という事で、午後からDAZNで観戦。

しかし16時からのガンバ-甲府戦の直前から、配信接続中を示す「クルクル」な状況が続き、15時からの愛媛-金沢戦も終盤には配信が止まり始め、何とも怪しい状況に…。

結果、繋がったのは後半ガンバが同点に追いつく直前。しかもバレーボールVリーグでのコンテンツを使用しての中継でなんともバタバタ感が否めなかったですね…。

まだまだこれから…という見方もありますが、大々的に契約した背景を考慮するなら、こういう失態は最小限に抑えてほしかったですし、状況説明も欲しかったですね。

Cimg2763 Cimg2768 Cimg2770

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.25

【第1節 横浜FM戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 第1節 vs横浜F・マリノス 試合結果

25日(土)、日産スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 第1節 vs横浜F・マリノス』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 第1節
2017年2月25日(土)12:35キックオフ・日産スタジアム
横浜F・マリノス 3-2(前半1-0) 浦和レッズ
得点者 13分 ダビド バブンスキー(横浜FM)、63分 ラファエル シルバ、65分 ラファエル シルバ、86分 ウーゴ ヴィエイラ(横浜FM)、90分+2分 前田直輝(横浜FM)
入場者数 39,284人
試合速報
Jリーグ


「アキレス腱」

開幕戦の雰囲気がそうさせたのか、昨シーズンの2戦2分(0-0、1-1)から予想もつかない点の取り合い。結果的には会心の逆転ゲームを締めることができず、あっという間に目の前から勝点3が零れ落ちてしまった。

互いにサイドの攻防がアキレス腱となっていて、宇賀神の対面はマルティノス。そして齋藤の対面は森脇。そこでの勝負が試合の流れを左右させた。

特に齋藤のドリブルは勢いと自信があった。森脇をあっさり交わし斜めへ入ってくると、当然のごとくレッズは枚数をかけて止めに掛かる。間合いをとってディレイでも悪くないのかもしれないが、目の前の出来事にまずは“止める”という初期動作がそうさせてしまったのか、結果的に大半の選手がボールウオッチャーになりバイタルエリアをがら空きにしてしまってシュートを打たれてしまった。警戒したゆえの結果であるが、3失点中2失点が同じパターンで崩されただけに、昨シーズンの最小失点の看板が何とも歯痒い。

豪州遠征から帰国して疲労が蓄積していたのは承知の上。それだけに指揮官もメンバーを替え、怪我明けの柏木をシャドーで先発起用。いろんな意味で試しているという印象であったが結果に結びつかなかった。

34分の1とは言っても、モチベーションが高い開幕戦で、しかも残り5分からの逆転負けはメンタルをやられる。ただここでしっかり切り替えないと、頭で分かっていてもカラダがついて行かなくなる。失点パターンに関しては大いに反省して、これからのホーム3連戦を乗り越えてほしい。

Cimg2720 Cimg2727 Cimg2728

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.24

第1節 横浜FM戦プレビュー

アウェー:日産スタジアム
キックオフ 12:30

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、遠藤、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、駒井、武藤、興梠
FW:ラファエルシルバ

【展望】
色々な意味で「変革の年」となるJリーグ。明日25年目の開幕を迎える。
その初戦は、アウェー日産スタジアムに乗り込んで横浜F・マリノスと対戦する。

横浜は昨シーズンは1stステージ第11位、2ndステージ第7位で、年間では勝点51の第10位だった。モンバエルツ体制2年目では守備に安定が目立ち上位5番目。得点力も上位6番目だったが、全体では12引き分けと勝ちきれない試合が多く、それが勝点を積み上げられなかった要因とも考えられる。

さらにクラブ外での問題が表面化し、多くの主力選手が離れる事となり、特にクラブを顔となっていた中村俊輔の移籍は、Jリーグという枠を超え大きな話題となった。GK榎本がレッズへ移籍してきたのもその流れの1つと言えよう。

それゆえ今シーズンはDF中澤を中心とした戦力は変わらないものの、キャプテンには紆余曲折を経て残留を決めた齋藤学が就任。チーム若返りの中心として再び上昇気流に乗ろうと野心が強い。

一方のレッズは、日産でスーパーカップをこなしてから、そのままシドニーへ移動。火曜日にウェスタンシドニーとACLの初戦を戦い、厳しい条件ながら4-0と完勝し、好スタートを切った。

その勢いを持って開幕戦に臨んでほしいが、帰国したのが水曜日の夜。それゆえ体力の回復と共にメンバーの入替も焦点になってくるだろう。特に火曜日出場時間が少なかったFWラファエルシルバと、怪我で離脱していた柏木の起用が予想される。これまで毎試合異なる選手を起用する事で、温存の他にも起用が刺激になるゆえ、その相乗効果を期待したいところ。

また、今シーズンは3シーズンぶりに1ステージ制に戻るゆえ、34試合通しての総合力が問われてくる。昨シーズン積み上げた勝点は「74」。それを上回る目標というのは大きなハードルだが、決して不可能ではないはずだ。

まずはその第1歩を記せるように、アウェーではあるがしっかりと勝点3を奪ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.21

【ACL Matchday1 Wシドニー戦】

オフィシャルより

ACL vsウェスタン・シドニー・ワンダラーズ 試合結果

21日(火)、キャンベルタウン・スポーツスタジアムにて行なわれました『AFCチャンピオンズリーグ2017 グループステージ MD1 vsウェスタン・シドニー・ワンダラーズ』の試合結果をお知らせいたします。

AFCチャンピオンズリーグ2017 グループステージ MD1
2017年2月21日(火) 19:00キックオフ現地時間(17:00/日本時間)・キャンベルタウン・スポーツスタジアム
ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ 0-4(前半0-0) 浦和レッズ
得点者 56分 興梠慎三、58分 李 忠成、68分 槙野智章、86分 ラファエル シルバ
入場者数 5,590人
試合速報
Jリーグ


「我慢の先」

季節が真逆となる豪州でのACL開幕戦。

前半こそピッチコンディションやACL仕様のボールの扱いに難儀した。さらに相手からのプレッシャーで中央からのパスミスを恐れサイドからの攻撃に終始していたが、保持率が高くもなかなかゴールが割れず前半をスコアレスで終えた。

しかし、後半に入ると時間の経過とともに自分達で間合いを作り、ボールを前へ動かせるようになると、56分、58分のゴールはいずれも相手DFを置き去りにしたもので、まさにコンビネーションが生み出した圧巻モノだった。さらにセットプレーから槙野、そしてラファエルシルバの挨拶代りのダメ押しゴールで締めくくり4-0の圧勝。近年稀に見る大量得点での発進となった。

やはり中央を絞りゴール前に人数を掛け蓋をされると、どこから突破口を見い出すのか難しくなる。かといって少しでも焦り前を力を傾きすぎるとカウンターを浴びるという大きなリスクを背負う。今まではそういうことで何度となく冷や水を浴びせられた。

相手は直前にシドニーダービーを制した戦力からはやや劣る。しかし、アウェーゆえ相手の出方を見ながら、攻撃の芽を摘みつつも、我慢に我慢を重ねたゆえの後半に勝負を仕掛けた。

やきもきする展開は今後も続くかもしれない。ただそれは強者ゆえの戦い方という考えもある。南半球で得た貴重な勝点3を弾みにして、リーグ開幕戦を迎えたい。

Cimg2647 Cimg2650 Cimg2657

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.20

ACL Matchday1 Wシドニー戦プレビュー

アウェー:キャンベルタウン・スポーツスタジアム
キックオフ 17:00(日本時間)

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、遠藤、森脇
MF:宇賀神、阿部、長澤、関根、武藤、興梠
FW:ラファエルシルバ

【展望】
アジアへの挑戦が今シーズンは豪州の地から始まる。

豪州はこれから秋へ季節が移り変わる時期でリーグ戦真っ最中。その中でウェスタンシドニーは、Aリーグで20試合を消化し、10チーム中第6位。土曜日にはホームに首位シドニーFCを迎えたシドニーダービーを1-0で制し、貴重な勝点3を積み上げて火曜日へ向けて弾みをつけた。

ACLへは2シーズンぶり3回目の出場。2014シーズンでは優勝と華々しい成果を上げている。

一方のレッズは、土曜日はスーパーカップで鹿島と対戦。前半に2失点を喫するも、後半選手を入れ替え、PKを含めて一気に同点に追いついた。しかし83分に連携ミスから決勝点を許し、2-3で敗戦。3度目の準優勝となった。

昨シーズンリーグ最少失点でありながらの3失点は、大半はミスが起因となっているもの。それだけに防げる場面は多々あった。逆に要因を炙り出すことでしっかり修正できるものであれば、それを糧にして切り替えればいいことである。

シドニーへは土曜日の試合後にそのまま飛び立った。中2日や中3日と当面の連戦を考慮してか、メンバーを入れ替えて臨む。それだけに起用される選手の予想は難しいが、逆に考えればすべての選手にチャンスがあるという事でもある。しかし柏木の怪我が若干尾を引いているようで、キーパーソンを欠くチームにとって逆境を跳ね除けられるかがポイントとなる。

日本とは真逆の気候、そして屈強な相手に対し、アウェーでの初戦はとても難しいものになろうかと思う。劣勢な状況が続くであろうが、最低でも勝点1を持ち帰り、しっかりと次へ繋げてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.18

【SUPERCUP 鹿島戦】

オフィシャルより

FUJI XEROX SUPER CUP 2017 vs鹿島アントラーズ 試合結果

18日(土)、日産スタジアムにて行われました『FUJI XEROX SUPER CUP 2017 vs鹿島アントラーズ』の試合結果をお知らせいたします。

FUJI XEROX SUPER CUP 2017
2017年2月18日(土) 13:35キックオフ・日産スタジアム
鹿島アントラーズ 3-2(前半2-0) 浦和レッズ
得点者 39分 遠藤 康(鹿島)、43分 遠藤 康(鹿島)、74分 興梠慎三、75分 武藤雄樹、83分 鈴木優磨(鹿島)
入場者数 48,250人
試合速報
Jリーグ


「メンタリティー」

これまでの点が奪えない時の典型に嵌っていたレッズ。

1トップを担っていたズラタンが抑え込まれ、セカンドボールが拾えず、菊池や駒井らのサイドからの仕掛けに終始してしまっていた感が強かった。ノーチャンスというわけでもなかったが、芝が長くボールが脚につかない状況で、連動性に欠き、ゴールが遠かった感が否めない。

2失点もFKとカウンターとある意味レッズらしい失点ではあったが、そのままズルズルと終わらずに一旦は追いつけたことは大きかったと思う。

それだけに決勝点となった3失点目は奪った鈴木を褒めるしかないが、それ以上に安すぎる失点であり、タイトルを狙える試合だっただけにミスは大きく響いた。

そこには昨年12月からの両チームにおける勝者と敗者のメンタリティーの差が大きく、自虐かもしれないがそれが顕著に出た結果だったいう感じる事もある。自分達の流れでなくても、得点を奪える力、勝ちを引き寄せる力は運もあるだろうが、“タイトル”という心身の充実もあるだろう。

レッズは昨シーズン、「ルヴァンカップ」のタイトルを奪った。しかしリーグ勝点は1位ながらも、タイトルを目前逃したという事実は拭えず、「敗者」というレッテルからどう脱却できるか・・・。厳しい言い方かもしれないが、それを抜け出せない限りいつまでも付きまとう。ああいう失点を繰り返していたらなおさらだ。

今シーズンはより高いハードルを設定しているからこそ、周囲からの包囲網はさらに厳しくなりそうだが、その中でレッズのサッカーをどうアップデートさせるのか期待値は高い。

3日後からアジアの闘いもはじまる。今日の敗戦をしっかり刻んで長いシーズンのスタートとしたい。

Cimg2611 Cimg2622 Cimg2625

<Jリーグ公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.17

SUPERCUP 鹿島戦プレビュー

開催地:日産スタジアム
キックオフ 13:35

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、遠藤、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、駒井、李、武藤
FW:ズラタン

【展望】
明日からJリーグ2017シーズンの公式戦がスタート。その幕開けとなるFUJI ZEROX SUPER CUPで鹿島と対戦する。鹿島は6大会ぶり、レッズは2大会ぶりの出場となる。

鹿島は昨シーズンのJリーグチャンピオン。その過程はどうであれ、CSを勝ち抜きシャーレを奪い、さらにクラブワールドカップでは決勝進出。その後の天皇杯では優勝と、疾風怒濤のごとく昨年末のサッカー界は鹿島一色となった。

オフは新潟からレオシルバ。神戸からペドロジュニオールとJ屈指の外国人選手を補強。柴崎のスペイン移籍という事態にも決して揺らぐことがない選手層となった。

わずかなオフの後はタイで横浜FMとインターリーグカップ、さらに宮崎でニューイヤーカップをこなし、先週は水戸とのプレシーズンマッチを3-0と快勝。精力的に試合をこなしつつ順調に開幕を見据えている。

一方のレッズは、CSで鹿島に敗れてからは久々の長期オフ。年明けから始動し2度の沖縄キャンプを経て、先週は駒場でFCソウルを迎えてのさいたまシティカップ。結果は1-1で引き分けであったが、伊藤を除く登録選手を45分間ずつ起用。負荷がかかっていた状況での内容はまずまずだったと思う。

共に明日スーパーカップをこなすと、中2日でACLに臨む。それゆえ今シーズン最初のタイトルを争う上で大事な試合である一方、その先の連戦を見据える中での選手起用に注目が集まる。

強者ゆえのハードな日程は避けて通れないが、これも毎年の事。しかしスーパーカップは鹿島の結果如何とは言え、選ばれた2クラブしか出場できない貴重な大会でもある。

結果も大事だか、実のある内容も大事だけに、決して華試合とは言わせない試合を期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.16

第97回天皇杯

第97回天皇杯の大会概要および3回戦までの組み合わせがリリースされました。

今年から開催時期が前倒しとなり4月に開幕。そしてJ1J2勢は2回戦開催となる6月に初戦を迎えます。もちろん昨年までのACL出場クラブのシードもなくなりオープントーナメントに戻ります。

ちなみに決勝戦は埼スタで開催決定。最後の国立から、日産、味スタ、吹田スタと毎年舞台が変わりますが、どうやら新国立ができるまでは持ち回りになるんでしょうかね・・・??

第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会
第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会 決勝は埼玉スタジアム2002で開催! (いずれもJFA)
第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会について(レッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.13

キックオフカンファレンス

開幕を前に選手、監督が一堂に介する「Jリーグキックオフカンファレンス」が行われました。

リアルタイムでは見られなかったので、帰宅してからDAZNで確認。メディアの数が結構多かったようですね~。

J1クラブの選手が新シーズンへの意気込みを語る【Jリーグキックオフカンファレンス】(Jリーグ)
『2017Jリーグキックオフカンファレンス』にミシャ監督と宇賀神が出席(レッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.12

【さいたまシティカップ FCソウル戦】

オフィシャルより

第10回さいたまシティカップ2017 vsFCソウル 試合結果

12日(日)、浦和駒場スタジアムにて行われました『日韓友好50年 第10回さいたまシティカップ』の試合結果をお知らせします。

日韓友好50年 第10回さいたまシティカップ
2017年2月12日(日) 13:34キックオフ・浦和駒場スタジアム
浦和レッズ 1-1(前半0-1) FCソウル(韓国)
得点者:38分 イ サンホ(FCソウル)、83分 長澤和輝
入場者数:11,444人
試合速報


「活きた教材」

新聞報道によると、前日まで沖縄でキャンプを行っていた選手達は羽田へ戻ったのち、そのまま各々の自宅へ戻ることなくホテルで宿泊し、駒場へ乗り込んできたとの事。

それこそこれまで苦汁を嘗めてきたACLでの強行日程をシュミレーションしたかのような状況。12人まで交代可能という特別ルールの中、伊藤を除く22選手が前後半それぞれ45分間ずつプレーした。

月末に対戦するKリーグ王者を前に、やはり疲れからくる体の重さは否めなかった面はある。シュート数に関しても多く選手が出場した割にわずか6本では、いくら贔屓目に見ても攻め手に欠けるというか、危険を冒さないおとなしいプレーに徹していた…といった印象の方が強かった。

ただ、新戦力をお披露目したことでプレースタイルや適性、長短所、さらに現有戦力との融合という、普段キャンプでしか見られない様々な見方ができた90分間だったと思う。

また、幸か不幸かACLで同じグループとなるFCソウルとの対戦を不安視する声もあったが、相手もプレースタイルからなのか前からガッツリとプレッシャーを仕掛けてきた事で、ミスを誘発される場面もあり、ヒヤヒヤしてしまう場面も多々見られた。

ただこれも手の内の全てではなかろうが、映像だけのスカウティングだけでは得られない活きた教材だとも言える。相手の選手についても、癖や特徴は言葉で分かっていても、実際のプレーを見て感じるものもある。双方やり辛かった面もあったあろうが、逆に得られるものも大きかったはずだ。

起こったミスに関しては、今は見える綻びをしっかり出しきって、最後に修正できればそれでいいと思う。FCソウルとは2週間後の試合こそが本番であるゆえ、今日得た教材を1つでも生かしてほしい。

Cimg2467 Cimg2495

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.11

ちばぎんカップ

今年で22回目を迎える伝統のカップ戦が開催。
これがないとシーズンが始まる気がしないですよね(笑)

第22回ちばぎんカップ
柏2-0千葉 (柏オフィシャル)(千葉オフィシャル

Cimg2515

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.08

契約解除

まあ、何か抵触する疑いがあったからこそ、こういう状況になったんだと思いますが残念ですね。

山田暢久氏との業務委託契約解除について(レッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.07

ACLプレーオフ

G大阪がマレーシアの「ジョホール・ダルル・タクジム」を迎えて対戦。

結果は3-0と快勝し、3年連続9回目のACL本戦の出場が決まりました。

戦力ダウンとは言われていても、新加入選手がしっかり結果を出して、なんだかんだ言っても勝負強さは備わっていますね。

G大阪3-0ジョホール・ダルル・タクジム(G大阪オフィシャル)
G大阪がACLプレーオフで快勝、本戦入り決定(JFA)

Cimg2408 Cimg2409

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.06

退団

昨シーズン、188cmの大型DFとして期待されたイリッチですが、今日午前中にスロベニアのクラブへの完全移籍がリリースされました。

公式戦はACL浦項戦でのわずか1試合。
期待が大きかっただけに選手としての可動の悪さは否めませんね。

もう開幕が近い状況でDF枠が1人空いた状況。やはり戦力豊富とは言っても、貴重な外国人枠をこういう形で手放すのは痛く、時期的には夏の移籍シーズンが開くまでは、現有戦力で乗り切っていくしかないのかもしれませんが、やはり不安材料にはなりますね。

ブランコ イリッチ NKオリンピア・リュブリャナへ完全移籍のお知らせ(レッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.05

練習試合 札幌戦

35分で4本行った練習試合。
少しづつではありますが、メンバーの形が見えてきたんでしょうか?

特に1トップ2シャドーは、
・ラファエルシルバ、興梠、李、
・ズラタン、武藤、オナイウ
という2パターンで組まれましたね。

トレーニングマッチ vs北海道コンサドーレ札幌(レッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.02.01

第2次キャンプ

29日まで東風平での第1次キャンプを終え、一旦浦和に戻ってから、再び沖縄へ逆戻り。
今日から金武町に場所を替えて第2次キャンプがスタートしました。

正直、移動が大変そうですよね…

2/1(水)から第二次トレーニングキャンプ実施
『2017浦和レッドダイヤモンズ感謝の会 APPRECIATION PARTY』を開催(いずれもレッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »