« 2016年10月30日 - 2016年11月5日 | トップページ | 2016年11月13日 - 2016年11月19日 »

2016.11.12

【第96回天皇杯4回戦 川崎F戦】

オフィシャルより

第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16(4回戦) vs川崎フロンターレ 試合結果

11月12日(土)、等々力陸上競技場にて行われました『第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16(4回戦) vs川崎フロンターレ』の試合結果をお知らせいたします。

第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会 ラウンド16(4回戦)
2016年11月12日(土) 19:04キックオフ・等々力陸上競技場
川崎フロンターレ 3-3(前半0-0 後半2-2 延長前半0-1 延長後半1-0 PK4-1) 浦和レッズ
得点者:71分 興梠慎三、86分 大久保嘉人(川崎)、88分 OWN GOAL、90+1分 森本貴幸(川崎)、97分 青木拓矢、116分 エドゥアルド(川崎)
入場者数:20,009人
この試合の結果、浦和レッズの第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会での成績はベスト16となりました。
試合速報
JFA


「選択」

120分間の激闘虚しく、PK戦にまでもつれ込んだ末の天皇杯初戦敗退。

とかく今までにない程のミスのオンパレードで、6月のアウェー広島戦での最多4失点に次ぐ3失点と、自らの首を絞めてしまったといっても過言ではないほど不出来に近い内容だった。

またこの試合、審判団の不安定なジャッジに戸惑う部分もあり、浦和ならず川崎の選手達もイライラを募らせる中で、そういう時こそ冷静にプレーに徹しなければならないのに、それを欠いてしまっては普段のプレーなどおざなりになってしまう。

常にリードしながらも追いつかれてしまったのは、ホーム等々力で負けられない川崎の執念もそうであるが、落ち着かせるコントロールの欠如が引き起こしたものと言ってもいいだろう。

また目についたのが敵将風間監督がこの試合に際し、チーム事情もあるが、大久保をボランチに配置転換させることを選択。長谷川、三好、板倉など次世代を担う選手達を多く起用したのが目立った。

結果的に川崎が勝った事で、“経験値”の面からいえば、より充実したものだったように思えた。怖さを恐れず果敢にボールを奪い、攻撃に転ずる姿勢は、レッズにとって予測不可能であり、その舞台を経験した彼等にとっては沢山の事を吸収できたのではないか…。

リーグ戦とは異なり、割り切って先発をいじる…という考えもあったのかもしれないが、それはたらればになる。あくまで指揮官は現状でのベストなメンバーを選択をしたまでであり、それに起用された選手達が応えられなかったわけだ。

唯一のチャンスだった3冠を逃し、これで否応なくCSに集中する事になる。F・マリノス戦に続いて勝ちきれなかった試合。年間勝点1位を獲得した事で、どことなくエアポケットに陥ってしまっていたのもあるかもしれない。リフレッシュしてもう1度ネジを巻き直し、来たるべくCSに切り替えてほしい。

Cimg1371 Cimg1384 Cimg1389

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.11

第96回天皇杯4回戦 川崎F戦プレビュー

開催:等々力陸上競技場
キックオフ 19:00

【浦和予想スタメン】
GK:大谷
DF:宇賀神、遠藤、森脇
MF:関根、阿部、柏木、駒井、李、武藤
FW:ズラタン

【展望】
レギュラーシーズンでのリーグ戦が幕を閉じ、CSまでしばし間が空く中で、明日は天皇杯4回戦。等々力で川崎フロンターレと対戦する。

川崎はリーグ戦での年間成績は、22勝6分6敗の勝点72で2位と、最後までレッズと年間勝点1位を争った。

最終節ではホームでガンバ大阪と対戦。前半から攻めの姿勢でガンバゴールを襲い、早々に2得点を先取。そのまま川崎が主導権を握ると思われていたが、後半に入ると様相一変。65分に藤春のゴールが決まると、直後に井手口が決めて一気に同点。さらに76分にアデミウソンのミドルシュートが決まり逆転と一気に試合をひっくり返される。川崎も反撃を試みるも力及ばず痛恨の敗戦を喫した。

一方のレッズは、最終節は横浜FMと対戦。前半は分厚い守備を敷く相手に対して、なかなかゴールを割れず前半をスコアレスで折り返すと、選手達の耳に川崎が勝っていた情報が入ったようで、後半に入っても怒涛の攻撃。66分の柏木のゴールは、GKが弾いたボールを押し込んだものであったが、そこに至る過程がダイレクトパスで相手を崩した理想的な形で先制点を奪った。

しかし85分に中盤でパスを奪われてから、カウンターでマルティノスにゴールを決められ同点。結局1-1の引き分けに終わったが、川崎の敗戦により年間勝点1位が決まった。

明日は川崎は怪我で小林、レッズは代表で西川、槙野が欠ける。月末に対戦する可能性があるCS決勝へ向けて、ある意味“前哨戦”という位置付けもあるのかもしれないが、天皇杯もACLへの直結した大事なタイトルであり、現状のメンバー、とりわけ控えメンバーがどれだけ相手に対峙できるか注目である。

また天皇杯はリーグ戦と異なるボールを使用する。川崎はすでに2回戦以降使用していることもあり、いわゆる「ボール慣れ」を経験しているが、レッズにとってはまず久々となる等々力のピッチもそうだが、ボールの感触に慣れながらの試合運びになってくるだろうと思われる。

双方の思惑がめぐりめぐる試合になるだろうが、一戦必勝の想いでまずは初戦を突破してほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.09

天皇杯4回戦(ミッドウィーク開催)

今日は、天皇杯4回戦のうちJ2、JFLに絡む3試合が開催。

注目は、唯一都道府県勢で勝ち残っていたJFLのHondaFCですが、味スタでFC東京と対戦。

前半先制するも、後半守備の混乱を衝かれ逆転を許し、結局1-2で敗れてしまいました。Hondaは週末にJFL優勝を懸けた試合もあり、今週は正念場だったようです。

残る2試合も、大宮が横浜FCに、G大阪が清水に競り勝ち準々決勝進出を果たしました。あとの5試合は12日(土)に行われます。

天皇杯4回戦(9日開催分)(JFA)
【M74】G大阪1-0清水
【M77】大宮1-0横浜FC
【M79】FC東京2-1HondaFC

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.06

ヒートアップJ2第40節

J2リーグも今日を含めて残り3試合、いよいよ大詰めになってきました。

自動昇格争い、そしてPO圏内での熾烈な順位の変動。さらにJ3降格圏争いも拍車がかかっており、最後まで白熱しています。

一時は独走かと言われていた首位札幌ですが、ここにきて急ブレーキがかかり5試合でわずか勝点7しか積み上げられず厳しい状況。今日もアウェーで徳島と対戦し、先制するも前半ATに同点に追いつかれ、さらに後半にも逆転を許してしまい敗戦。勝点81からの上積みはできませんでした。

2位松本はホームで東京ヴェルディを相手に2-0で完勝し勝点81と札幌に並び、3位清水もアウェーで讃岐を相手に勝利し勝点を78まで伸ばしました。

つまり、3チームの勝点差が3差と一気に縮まってきており、得失点差では清水が優位な状況だけに、結果次第ではどのチームも優勝またはPO圏への変動が起こり得るだけに、最後まで分からない状況になってきました。

またPO圏内では、清水の他にC大阪、京都、岡山がほぼ6位以内を手中に納めてきたようです。

J2残留争いも白熱。毎節ごとに20位~22位までの順位が入れ替わるという激しい状況。今日は最下位岐阜がホームで横浜FCに快勝し、勝点を40に伸ばし一気に脱出。19位讃岐、20位北九州、21位金沢はそれぞれ勝点を積めず、順位を1つずつ落としました。

J2第40節結果
J2リーグ順位表」(いずれもスポーツナビ)

Cimg1176 Cimg1179 Cimg1173

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月30日 - 2016年11月5日 | トップページ | 2016年11月13日 - 2016年11月19日 »