« 2016年10月23日 - 2016年10月29日 | トップページ | 2016年11月6日 - 2016年11月12日 »

2016.11.03

【2ndステージ第17節 横浜FM戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ2ndステージ第17節 vs横浜F・マリノス 試合結果

11月3日(木・祝)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ2ndステージ第17節 vs横浜F・マリノス』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第17節
2016年11月3日(木・祝)13:33キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-1(前半0-0) 横浜F・マリノス
得点者:66分 柏木陽介、85分 マルティノス(横浜FM)
入場者数:56,841人
試合速報
Jリーグ


「74」

1-1の引き分けに終わり、しばしの静寂が訪れたのちに、川崎敗戦の報が伝わると、一気に沸き立つスタジアム。ただその伏線は直前のプレーにあり、西川や柏木の所作は時間を使い切ることに精一杯であった。

今シーズン最多となる5万6千人強を集めた埼スタ。緊張感高まる試合は、時には選手達の萎縮を誘うが、この日はパスを繋いでゴール前に迫りチャンスを作っていた。しかしF・マリノスDF陣が体を張ってゴール前を死守。打てどもその先にはベテラン中澤という壁がそびえており、1stステージでの対戦同様い打ち破るのはかなり難儀なように思えた。

しかし後半に入り66分に、巧みなパスワークから関根がシュート。GKが弾いたこぼれ球に柏木が素早く反応してシュート。ゴールが決まり大事な大事な先制点を挙げた。そしてその後は青木、ズラタンを投入し、盤石に終わるかと思われていたが、85分に伊藤のスルーパスに反応したマルティノスに決められて同点に追いつかれたしまう。

スタジアムの雰囲気からすれば、勝つに越したことはなかった。もちろん相手の分厚い守備網を打ち破れなかったのは課題である。しかし年間通じたリーグ戦としてみるのであれば、他会場の状況を入れつつ試合運びを展開させ、最後は時間を消費していき引き分けに持ち込んだことは決して悪くない。

年間勝点74はまさしく積み上げてきた証でもあり誇りであって、1位でCSシードできたことは大きい。最高峰の闘いがおよそ3週間以上も空いてしまうのは大いに疑問ではあるが、レギュレーションで闘い抜いてこそ、その力が改めて証明される。

途中天皇杯を挟むが、それを含めたあと2つの頂へしっかり切り替えて臨んでほしい。

Cimg1093 Cimg1111 Cimg1118

Cimg1130 Cimg1143 Cimg1157

<スカパー公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.11.02

2ndステージ第17節 横浜FM戦プレビュー

ホーム:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ 13:30

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、遠藤、森脇
MF:関根、阿部、柏木、駒井、高木、武藤
FW:興梠

【展望】
まだ11月に入ったばかりだというのにリーグ戦最終節。明日はホーム埼スタに横浜F・マリノスをむかえ対戦する。

横浜は現在、2ndステージでは7勝7分2敗の勝点28で第6位。年間では、13勝11分9敗の勝点50で第9位である。

前節はアウェーで鳥栖と対戦。前半からペースがつかめず今シーズン限りでチームを離れる金民友に決められ先制を許すと、後半も開始早々の52分に富山にも決められ2点のビハインドとなる。

しかし、そのわずか3分後にセットプレーから中澤が決めて1点差。さらに69分に齋藤が得意のドリブルの形からゴールを奪い、一気に同点に追いついた。その後はオープンな展開になるも決勝点が決められず、2-2のドローに終わった。

公式戦5試合負けなしであるものの、4試合連続でのドローに勝ちきれない印象が強い。

一方のレッズは前節はアウェーで磐田と対戦。

残留と優勝という双璧な状況にある中で、試合を終始支配したのはレッズ。しかし中央を固める相手に対し、左右にボールを散らすもフィニッシュまでには至らず、前半をスコアレスで折り返す。

後半に入ると磐田がジェイを中心に攻撃を展開。押し込まれる状況が続くもDF陣が踏ん張りゴールを割らせず、逆に72分にカウンターを起点に駒井のクロスから武藤が合わせて先制。結局のこの1点を守りきり勝利。2ndステージ優勝という名誉以上に年間勝点1位へ向け弾みをつけた勝点3となった。

明日は最終節でありながら、およそ3週間後のCSを見据え年間勝点1位を懸けた試合となる。これまでも選手達は言葉を揃えて、年間優勝と共に勝点1位にこだわってきた。34試合というリーグ戦だからこそ称えられる勝点1位。それを目指すのは当然である。

ルヴァンカップ決勝以来となる埼スタでの試合。それだけに一番怖いのは「己の敵は己」という事。これまで培ってきた自信と誇りを胸にリーグ最終戦に臨んでほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.31

株式比率

かねてから話題となっていたレッズの株主問題ですが、今日三菱重工及び三菱自動車より、それぞれ株式に関するリリースがありました。

それによると、新会社を設立しそこでこれまでの自工の株式を取得。新会社内での自工の保有比率を下げる事で、抵触ルールから脱するというものでした。

まあ自工を含めた三菱全体でバックアップするという体制でしょうか…。今後正式な発行はレッズの取締役会を経てからという事ですが、ひとまず区切りがつきましたね。

浦和レッドダイヤモンズの株式取得に関するお知らせ(三菱重工)
三菱自動車の浦和レッドダイヤモンズへの出資比率を変更(三菱自動車)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.30

エコパ遠征あれこれ

さっそく振り返ります~。

今回は連れが静岡で友人と会うという事で、帰りはそんなに急ぐことがない日程。
ただエコパだとどうしても単調な行程になりがちなので、色々と考えながら組んでみました。

出発はいつもの新鎌ヶ谷駅。
Cimg0843_2

5:03発、野田線船橋行きに乗車。
Cimg0844 Cimg0846


続きを読む "エコパ遠征あれこれ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月23日 - 2016年10月29日 | トップページ | 2016年11月6日 - 2016年11月12日 »