« 2016年10月16日 - 2016年10月22日 | トップページ | 2016年10月30日 - 2016年11月5日 »

2016.10.29

【2ndステージ第16節 磐田戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ2ndステージ第16節 vsジュビロ磐田 試合結果

10月29日(土)、エコパスタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ2ndステージ第16節 vsジュビロ磐田』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第16節
2016年10月29日(土) 14:03キックオフ・エコパスタジアム
ジュビロ磐田 0-1(前半0-0) 浦和レッズ
得点者:72分 武藤雄樹
入場者数:24,896人
この試合の結果により、2016明治安田生命J1リーグ2ndステージ優勝となりました。
試合速報
Jリーグ


「粛々と」

4バックで対峙してくる相手に、スペースが空く左右から揺さぶりをかけるも、しっかり中央を締められると良質なクロスも最後は決めきれず、ゴールが遠い時間が続いた。

スコアレスで前半を折り返すと、後半開始から磐田が徐々に押し込んでくる。しかしレッズは慌てる事なくそしてバランスを崩さず守備に注視しつつもチャンスを伺っていた。

それが実ったのが72分。右サイド駒井がやや強引な形で縦へドリブル突破を図り相手を剥がすと、上げたクロスに頭で合わせた武藤が決めて、貴重な先制点を奪った。

その後は、興梠を中心にボールを巧みに動かして、むやみに前線に上がる機会を抑え、キープ率を高める中で逆に残留へ向けて1点でも欲しい相手の焦りを誘っていた。

それゆえ以後の時間に訪れたズラタンや武藤のGKとの1対1こそ試合を決めるチャンスであったが、決めきれなかったのは今後の課題と言っていいだろう。

この結果により、あと1試合を残して2ndステージ優勝を決めた。もちろん喜ばしいことではあるが、最終目標がそこではないというのは皆承知の上である。

粛々と優勝セレモニーをこなす選手達の固い表情は、すでに5日後を見据えているように見えた。あくまで今日は勝点3を積み上げて、年間勝点1位を死守したにすぎないのであり、本当の闘いはここからなのだというのを、今一度確認しあったセレモニーだったように思えた。

Cimg0979 Cimg0991 Cimg0994

Cimg1014 Cimg1021 Cimg1031

<スカパー公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.28

2ndステージ第16節 磐田戦プレビュー

アウェー:エコパスタジアム
キックオフ 14:00

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、遠藤、森脇
MF:関根、阿部、柏木、駒井、高木、武藤
FW:興梠

【展望】
いよいよレギュラーシーズンも残り2試合。明日も前節に引き続きアウェーゲーム。エコパスタジアムにのりこみジュビロ磐田と対戦する。

磐田は現在、2ndステージでは1勝7分7敗の勝点10で第16位。年間では7勝12分13敗の勝点33で第13位である。前節はアウェーで名古屋と対戦。目下残留争いの近隣ライバルとの直接対決という事で、白熱した試合となった。

前半は名古屋が終始試合を支配するなかで、終了間際に磯村がPKを獲得。それをシモビッチが決めて先制し折り返す。しかし後半開始早々の47分に太田のクロスをジェイが決めて同点。その後はお互いオープンな展開でチャンスを作るも決めきれず1-1の引き分け。磐田はこの試合でのJ1残留を確定できず、今節まで持ち越しとなった。

一方のレッズは前節はアウェーで新潟と対戦。

残留と優勝という双璧する中での試合は、開始早々に遠藤のロングフィードから興梠が決めて先制。しかし森脇のパスミスからすぐさま同点に追いつかれると、その後は新潟に押される展開が続き、前半を折り返す。

後半も勢いは相手にあったが時間が経つごとに脚が止まると、双方ビックチャンスを迎える事もあった。しかし決めきったのはレッズ。90分に関根のクロスから中央に入った李がつぶれ気味でスルーし、フリーだった興梠が振り抜いてゴール。最後の最後でのチャンスを掴んで勝ち越し、2-1で勝利した。

明日もレッズにとっては残留争い渦中のチームとの対戦。とても難しい試合が予想される。

しかし磐田は勝点的には一番優位な立場におり、無理にも勝点3を狙いに行く姿勢というよりは、まずは失点しないという傾向が見えてくる。

もちろん攻撃的なキーマンとしてアダイウトンやジェイがいるが、彼らは1人でも突破できる力があるゆえ、DF陣にとっては厳しき相手。周囲との綿密な連携がとても大事になってくるだろう。1stではパスミスから失点を喫しているだけに細心の注意を払いたい。

当面の目標である年間勝点1位まであと2勝。プレッシャーもあるだろうが、これまでの自信を誇りにアウェーの地ながらも勝点3を奪い持ち帰ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.27

ドーピング

広島の千葉が先月のレッズ戦後のドーピング検査で禁止薬物が検出されたという事で、当面公式戦の出場や練習参加が禁止になるリリースがありました。

故意ではないとは思いますが、再検査での結果を待ちたいですね。

当クラブ所属選手に対する、(公財)日本アンチ・ドーピング機構からの「違反が疑われる分析報告及び違反が行われた旨の主張に関する通知並びに暫定的資格停止に関する通知」について(広島オフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.25

入れ替え

興梠の鹿島時代の話に絡んでちょっと前の話。
鹿島が来シーズンよりホーム、ビジターのサイドを入れ替えるとの事。

確かに、バスや電車そして駐車場の動線は南側に集中してますよね。便利は便利だったんですがね…。

となると、毎年恒例のジーコ像詣でもできなくなっちゃうんですかね…(笑)

余談ですが、今のスタジアムがW杯仕様の前は、国道側にメインスタンドがあって、向かって右側がビジター側だったので、それ以来…ということになりますかね。

2017年よりホーム・ビジターサイドの入れ替えについて(鹿島オフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.24

100

興梠がJ1通算100得点を達成。

内訳では鹿島では49、レッズは51と名実ともにレッズのエースストライカーとなりました。

記憶に残ったゴールは?という問いに対しては、2009年の優勝を決めたゴールをいうことで、言われてみれば、敵ながら素晴らしいゴールだったなぁ…と思い出しますね(笑)。

興梠慎三、J1リーグ通算100得点達成!(レッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.23

新潟遠征あれこれ

さっそく振り返ります~。

14時試合開始ということで、日帰りの予定を計画。
ただ単に往復するだけじゃ…ということで、いろいろ捻って計画し実行に移しました。

出発はいつもの新鎌ヶ谷駅。
Cimg0479

5:03発、野田線船橋行きに乗車。
Cimg0481 Cimg0482


続きを読む "新潟遠征あれこれ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月16日 - 2016年10月22日 | トップページ | 2016年10月30日 - 2016年11月5日 »