« 2016年10月2日 - 2016年10月8日 | トップページ | 2016年10月16日 - 2016年10月22日 »

2016.10.15

【ルヴァンカップ決勝 G大阪戦】

オフィシャルより

YBCルヴァンカップ決勝 vsガンバ大阪 試合結果

15日(土)、埼玉スタジアムにて行われました『2016JリーグYBCルヴァンカップ決勝 vsガンバ大阪』の試合結果をお知らせいたします。

2016JリーグYBCルヴァンカップ決勝
2016年10月15日(土) 13:09キックオフ・埼玉スタジアム
ガンバ大阪 1-1(前半1-0 後半0-1 延長前半0-0 延長後半0-0 PK4-5) 浦和レッズ
得点者:17分 アデミウソン(G大阪)、76分 李 忠成
入場者数:51,248人
この試合の結果、浦和レッズの2016JリーグYBCルヴァンカップでの成績は優勝となり、13年ぶり2度目のリーグカップ優勝となりました。
試合速報
Jリーグ


「リスタート」

タイトルへの道程は120分でも終わらず、PK戦での決着。

それだけガンバも元々力のあるチームである。2週間前の大勝も全く参考にならなかったし、それを考慮するならばここまで立て直した敵将の修正力は見事だったと思う。

レッズとしては、不用意な形で喫した失点をどう取り戻すかが焦点であったが、遠藤や今野らのベテラン勢が敷く分厚く要所を抑えた守備に手を焼き、なかなかボールを運べなかった印象が強い。

しかし潮目となったポイントとして、1つ目にアデミウソンが下がったことと、2つ目は高木から李への交代に他ならないだろう。とくにアデミウソンには先制点もそうだが、1トップの位置で躍動されると、2列目の遠藤共々捉えるのがやっかいだったゆえ、相当気を遣っていたに違いない。

それが仇となりなかなかボールを繋げず苦慮していたが、2つ目の潮目となる李への交代がいきなり当たり同点。一気にスタジアムのボルテージが上がった。しかしその後はお互い決め手に欠き、ついにPK戦へともつれ込んだわけである…。

PK戦までいくと正直実力は二の次であり、あとはメンタル面と駆け引きのあや…。その結果西川とキッカー5人はその勝負に打ち勝ち、カップを自らの手に引き寄せた。

Jリーグカップでは13年ぶり。主要タイトルとなるとACL以来9年振りの奪取。栄光からの落日はチームスタイルの変化と共に長い年月を要し、さらにここ数年は何度となくタイトルに手が掛かりながらも、スルリと逃した結果がここまで積み重なっていたがついに成就した。

ただレッズの立ち位置としては、まず1冠だということ。選手達は疲労もあろうが、逞しくそして充実した表情だったのが印象的だった。それだけこの「ルヴァンカップ」というタイトルは、それこそ2003年のような、殻を破るべく獲ったタイトルだと思っている。

カップウィナーからのリスタート。目指すべきあと2つの頂まで、さらに駆け上がってほしい。

Cimg0370 Cimg0392 Cimg0394

Cimg0416 Cimg0424 Cimg0444

<スカパー公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.14

ルヴァンカップ決勝 G大阪戦プレビュー

開催地:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ 13:05

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、那須、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、駒井、高木、武藤
FW:興梠

【展望】
準決勝から中5日。慌ただしい日程の中、明日いよいよルヴァンカップ決勝戦を迎える。

ガンバは準決勝は横浜FMと対戦。

第1戦はホーム吹田で0-0とスコアレスで折り返す。アウェーとなる第2戦は、後半早々に伊藤に先制ゴールを奪われるも、その7分後に右サイド藤本からの折り返しに遠藤が合わせてゴール。貴重なアウェーゴールを奪い試合を優位な状況に持ち込む。

その後は相手の怒涛の反撃を凌ぎ、最後は5バックでしっかり固めてクローズ。トータルスコア1-1でアウェーゴール差で上回りJリーグカップ3大会連続の決勝進出を果たした。

一方のレッズは準決勝はFC東京と対戦。

第1戦はアウェー味スタ。後半開始早々に先制を許すも、高木、武藤のゴールで鮮やかに逆転し2-1で勝利。しかも、アウェーゴール2得点と優位な状況で第2戦を迎えると、前半24分に中央からパスで崩し、最後は興梠が決めて先制。

さらに38分にも右サイド駒井のクロスから興梠が決めて2点目。さらに後半駒井が得たPKを興梠が決めてハットトリック達成。試合も3-1で勝利し、決勝トーナメント4連勝で3大会ぶりの決勝進出を果たした。

ガンバとは2週間前に対戦したリーグ戦が記憶に新しいところ。あの時はレッズの攻撃陣が爆発し、相手に退場者がありながらも4-0で圧勝し、川崎の敗戦で年間勝点1位に浮上した。あの試合以降ルヴァンカップ2試合を挟んでからの再戦ゆえ、その胸中は双方奥深いものがあるだろう。

ガンバにしてみたら、ステージ優勝の可能性を潰されたレッズを相手に、カップ戦でのタイトル奪取でリベンジを果たす…という思いもある。そしてレッズにしたらタイトルを目前にして立ちふさがれた大きな壁こそガンバであり、今度こそその壁を打ち破るチャンスであり悲願のタイトルを…という思いだろう。

決勝の舞台が埼スタに移り3年目。ようやく間借りの立場から、家主として舞台に立つことができた。しかし本当の闘いはここからであり、正念場である。

何度もタイトルを手にするチャンスはあっても、ことごとく勝利の女神にはそっぽを向かれ、勝機を逃してきた。今度こそ…という思いが強ければ強いほど、スタジアムの雰囲気が前のめりにならないか心配でもある。平常心を保つ事こそ一番難しい。しかしそれを克服できれば、欲しいものは手中に納められるはずだ。

2チームしか得られないファイナリストからカップウィナーへ。タイトルを目指しての濃密な90分間を、“我が家”で闘いぬいて欲しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.11

オーストラリア戦

グループ内最強と言われるオーストラリアを相手にアウェーで貴重な勝点1を挙げたことは大きいこと。

原口のゴールで先制点を奪い、流れは上向いていたが、後半PKを与えてしまい同点に追いつかれると、逆に守りに徹してなんとか相手の攻勢を防いだ感じに見えましたね。

これで順位は3位。来月、埼スタで行われる首位サウジアラビア戦が年内最後の試合となるだけに、大きなポイントになりそうです。

ワールドカップ最終予選
オーストラリア1-1日本(スポーツナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.10.09

【ルヴァンカップ準決勝第2戦 FC東京戦】

オフィシャルより

YBCルヴァンカップ準決勝第2戦 vsFC東京 試合結果

9日(日)、埼玉スタジアムにて行われました『2016JリーグYBCルヴァンカップ準決勝第2戦 vsFC東京』の試合結果をお知らせいたします。

2016JリーグYBCルヴァンカップ準決勝第2戦 vsFC東京
2016年10月9日(日) 14:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 3-1(前半2-0) FC東京
得点者::24分 興梠慎三、38分 興梠慎三、53分 興梠慎三、81分 中島翔哉(FC東京)
入場者数:26,876人
この試合の結果、2016JリーグYBCルヴァンカップ 決勝進出が決定いたしました。決勝はガンバ大阪との対戦となり、10月15日(土)、埼玉スタジアムにて13時5分キックオフで行われます。
試合速報
Jリーグ


「ファイナリスト」

第1戦で奪ったアウェー2ゴールを蓄えての残り90分間。

レッズとしてはまず失点をしないというもとで、慎重に入り相手の様子を伺う状況に…。一方のFC東京は早々に得点を奪うべく、平山を中心に中島、河野、東と攻撃的な選手達がレッズDF陣に襲い掛かる。

しかし水際で失点を防ぐと、24分に中央から青木→高木と繋ぎ最後は興梠がシュートを放ち先制。大事な1点目をレッズが奪いより優位な状況で試合を進める事になった。

その後は相手もペースがダウンしたのか、ミスが散見し中盤でのボール奪取から何度かチャンスを作り、38分に右サイド駒井のパスからニアに走り込んだ興梠が決めて追加点。一気に試合を決めてきた。

2-0で折り返してからの後半は、ネイサンバーンズを投入した2トップ気味になった相手に戸惑うも、53分に駒井が得たPKを興梠が決めて3点目。意外や意外の初めてというハットトリックを達成した。

その後、81分に中島のゴラッソなミドルシュートを決められ失点を喫するも、しっかり時間を消化させ3-1で勝利。2戦2勝で3シーズンぶりの決勝進出を決めた。

この試合、レッズに欠かせなかった阿部を控えに据え、しかも起用させることなくクローズさせたことは色んな意味で大きい。遠藤をボランチに起用し青木と組んだが、共に攻守のバランスを保ちながらそつなくこなし大きなミスもなかったというのは、今後闘い抜くうえでも重要なオプションとなった。

そして決勝の相手はガンバ大阪。タイトルを狙う上ではこの上ない相手である。また慣れ親しんだ埼スタでの公式戦3試合連続開催。ピッチの状態は誰よりもわかっているゆえに大きなアドバンテージとなる。

天皇杯元日以来のファイナリスト。いよいよ来たるべき舞台に戻ってきた。

Cimg0244 Cimg0265 Cimg0286

<スカパー公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月2日 - 2016年10月8日 | トップページ | 2016年10月16日 - 2016年10月22日 »