« 2016年9月4日 - 2016年9月10日 | トップページ | 2016年9月18日 - 2016年9月24日 »

2016.09.17

【2ndステージ第12節 FC東京戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ2ndステージ第12節 vsFC東京 試合結果

9月17日(土)に行われました『明治安田生命J1リーグ2ndステージ第12節 vsFC東京』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ2ndステージ第12節
2016年9月17日(土)19:04キックオフ・味の素スタジアム
FC東京 1-3(前半0-0) 浦和レッズ
得点者:48分 森重真人(FC東京)、77分 李 忠成、85分 OWN GOAL、87分 興梠慎三
入場者数:33,493人
試合速報
Jリーグ


「敵失」

相手の前線からのプレスと荒れたピッチに苦しんだ前半。なんとか無失点で凌ぎ、攻撃のテコ入れとばかり高木に代わり李を投入した早々にPKを奪われてしまい、逆に追いかけるという厳しき船出となった。

潮目となったのは相手の交代策。58分に河野から丸山、67分に中島から高橋を投入し、敵将曰く「予定通り」の流れで、5-4-1としっかり守備網を敷いて逃げ切るはずであった。

しかし、苦しめられたハイプレスから解放されたレッズの選手達は、持ち場から1枚1枚相手を剥がして、ボールを前へ運びチャンスを作り始める。さらに両ワイドからの仕掛けも増やすことで、DFラインを押し込み、クロスの質も高くなった。

それが実を結んだのが77分。関根のクロスから李がDF丸山を振り切って頭で押し込み同点。さらに85分にはズラタンのクロスからオウンゴールを誘発し逆転。さらに87分にライン際で残した青木からのパスを受けた駒井のクロスを興梠が決めて追加点。東京の加勢を根こそぎ削ぎ切った。

相手のホームゆえ、敵将の心内にはそれなりにプランがあったと思う。1stでは表舞台ではなかったものの、黒子として目前で逆転負けを食らっているだけにそれはなおさらだろう。

サッカーでの潮目というのは、90分の中では何度もある。今回は敵失が試合の流れを変えたと言っても過言ではないし、むしろそれをピッチ上の選手達が感じとって、限られた時間の中で3得点を奪ったのは素晴らしかったと思う。

Cimg9961 Cimg9975 Cimg9991

<スカパー公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.16

2ndステージ第12節 FC東京戦プレビュー

アウェー:味の素スタジアム
キックオフ 19:00

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、遠藤、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、高木、武藤
FW:ズラタン

【展望】
2ndステージも残り6試合。明日はアウェー味の素スタジアムにのりこみ、FC東京と対戦する。

FC東京は現在、2ndステージは5勝1分5敗の勝点16で第10位。年間順位は11勝6分11敗の勝点39で第10位である。

前節はホームで湘南をむかえ対戦。序盤は湘南が攻勢を強めチャンスを作るものの決めきれず、逆に東京は前半終了間際に中央でパスを受けた中島がそのままドリブルで持ち込んでから右脚一閃。地を這う強烈なミドルシュートが決まり先制。後半には75分にパス交換から河野がミドルシュートを決めて追加点。さらに橋本からのクロスを前田がヘディングで決めて3点目。勝負を決しこれで公式戦5戦負けなしとなった。

一方のレッズは前節はホームで鳥栖と対戦。鳥栖のカウンターを警戒していたものの、那須を中心としたDF陣が豊田をしっかり監視し仕事をさせず、41分と44分に右サイドの関根を起点に宇賀神、武藤のゴールで加点。結局2-0で勝利し、リーグ戦の連敗を2で止めた。

FC東京は前回対戦の6月以降敵将が代わり再び上昇軌道にのりつつある。来月のルヴァンカップ準決勝での再戦するゆえ、タイトルを見据えた対戦と言っても過言ではない。特にリオ五輪で活躍し前節ゴールも決めた中島や、レッズ戦には相性がいい平山も控えており、決して侮れない。

残り試合が少なってくる状況で、これ以上勝点を落とせないというプレッシャーの中、相手は当然ながらパスミスや安易なプレーからの逆襲を狙っているはずだ。しかしレッズとしては相性のいい相手に確実に勝利し、勝点3を積み上げてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月4日 - 2016年9月10日 | トップページ | 2016年9月18日 - 2016年9月24日 »