« 2016年8月28日 - 2016年9月3日 | トップページ | 2016年9月11日 - 2016年9月17日 »

2016.09.10

【2ndステージ第11節 鳥栖戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ2ndステージ第11節 vsサガン鳥栖 試合結果

9月10日(土)に行われました『明治安田生命J1リーグ2ndステージ第11節 vsサガン鳥栖』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ2ndステージ第11節
2016年9月10日(土)19:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 2-0(前半2-0) サガン鳥栖
得点者:41分 宇賀神友弥、44分 武藤雄樹
入場者数:28,167人
試合速報
Jリーグ


「不変」

指揮官はカップ戦からメンバーを替えてくるかと思いきや、攻撃陣は好調を維持しているズラタン、高木、武藤の不変のユニットで形成。また守備も豊田の髙さを警戒してか、CBは遠藤ではなく那須を起用。槙野と森脇で両脇を固め、好調鳥栖をむかえた。

敵将はレッズの良さを消す5バックで応戦。しかし守備に傾注するあまり攻撃への切り替えが遅く、なかなか前線にボールを集めることができず、軸となる豊田は那須がしっかり抑え勢いを削いだ。

一方の攻撃は、柏木や阿部を起点に展開。両サイドにボールを散らすのもそうだが、那須も含め相手の守備を剥がして前線へドリブルで持ちあがるプレーが再三みられ、守備網を困惑させ綻びを生ませた。41分、44分の得点シーンはいずれも右サイド関根のプレーが得点に絡み、個の力で対峙するDF吉田を圧倒し風穴を開けた。

後半も前ががりにくる相手の裏のスペースを衝いたが追加点は奪えず、結局2-0で終了。公式戦2試合連続でクリーンシートを達成し連敗を2で止めた。

これまでスタメンが変わることでチーム全体のバランスが狂うことが懸念されていたが、カップ戦での好調からメンバーを大きく替えず臨んだことは大きかった。またあいまいだった相手守備陣の隙を衝き、積極的に仕掛けて行けたのも大きかったと思う。

これで連敗ストップ。ひとまず区切りをつけたことで残り6試合へ向けていい意味で切り替えてほしい。

Cimg9835 Cimg9857 Cimg9874

<スカパー公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.09

2ndステージ第11節 鳥栖戦プレビュー

ホーム:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ 19:00

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、遠藤、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、武藤、李
FW:興梠

【展望】
代表戦を挟んで2週間ぶりにリーグ戦再開。明日はホーム埼スタにサガン鳥栖をむかえ対戦する。

鳥栖は年間順位こそ10勝8分9敗の勝点38で第10位であるが、2ndステージは6勝3分1敗の勝点21で第3位と首位川崎、2位浦和に勝点1差で接近している。

2週間前のリーグ戦ではホームで新潟と対戦。双方チャンスを迎える中で決めきったのは鳥栖。64分に相手のミスキックを奪ってそこからカウンター。最後は豊田が冷静に決め先制点を奪いそのまま1-0で逃げ切った。

また先週は天皇杯2回戦でJ3のFC琉球と対戦。先週を数人入れかえて臨み、新外国人のムスタファエルカビルの先制点などもあり、3-1と快勝し3回戦へ駒を進めた。

一方のレッズはリーグ戦、カップ戦と立て続けに神戸との3連戦。リーグ戦ではミスからカウンターを浴び、1-2で敗れたものの、カップ戦ではH&Aと連勝を果たし準決勝進出を決めた。特に代表で抜けた穴を控えの選手達が埋めて結果を残し勝利に貢献したのは大きい。

明日はリーグ戦が再開するにあたり、代表選手達のコンディションが気になるところ。負傷で離脱していた槙野は万全の状態での出場が予想されるが、柏木や五輪組の興梠や遠藤の起用も気になる所である。

カップ戦を挟んでチーム状態は上がっていてもリーグ戦に目を移せば2連敗中。年間勝点1位を目指す上では、これ以上の敗戦は許されない所。特にフィッカデンティ体制となり、さらに守備力が向上してきた相手に得点を挙げられるかがポイントになるだろう。

堅実な相手だからこそ、焦らず展開を判断し自分達のスタイルで攻めきれるだろうか…。カップ戦の好調を持続させて勝点3を奪ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.07

天皇杯2回戦その2

今夜は、ルヴァンカップに出場していたクラブの天皇杯2回戦。

その中でも福岡はJ2山口にPKで敗れるというこちらも波乱が起こりました。また横浜もJ3福島を相手に延長戦までもつれ込みましたが、なんとか振り切って勝利し3回戦へ駒を進めました。

3回戦は22日(木・祝)に全12試合が行われます。

天皇杯日程・結果(JFA)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.05

天皇杯2回戦その1

3日(土)に天皇杯2回戦のうちルヴァンカップ戦出場クラブを除く20試合が開催。

早くもJ1クラブが3チーム敗退という波乱。

特に注目だったのが、仙台-盛岡の試合。どちらが上のカデゴリーか…というぐらい盛岡の気迫が仙台を凌駕し、終わってみれば5-2の圧勝で3回戦へ駒を進めました。

他に憂き目にあったのが名古屋と松本。レッズもその昔経験しましたが、カデゴリーが下のクラブに敗れると、悔しさというか情けなさが増大するんですよね…(笑)

天皇杯日程・結果(JFA)

Cimg9760

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.09.04

【ルヴァンカップ準々決勝第2戦 神戸戦】

オフィシャルより

YBCルヴァンカップ準々決勝第2戦 vsヴィッセル神戸 試合結果

9月4日(日)に行われました『2016JリーグYBCルヴァンカップ準々決勝第2戦 vsヴィッセル神戸』の試合結果をお知らせいたします。

2016JリーグYBCルヴァンカップ ノックアウトステージ準々決勝 第2戦
2016年9月4日(日) 18:34キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 4-0(前半2-0) ヴィッセル神戸
得点者:39分 高木俊幸、43分 阿部勇樹(PK)、60分 高木俊幸、84分 李 忠成
入場者数:19,253人
この試合の結果、2016JリーグYBCルヴァンカップ 準決勝進出が決定いたしました。
試合速報
Jリーグ


「経験と結果」

双方1点奪えば試合の展開が大きく変わる中で起きた指揮官の退場劇。しかし選手達はそんなアクシデントを諸共せず冷静に試合状況を見極めた。

やはり勝負の分かれ目となったのが先制点。39分に藤田のロングスローを大谷が弾いてからのカウンター。青木、関根と競り勝ち最後は高木が1対1を冷静に沈ませ貴重な先制点を奪った。さらに43分に高木が得たPKを阿部が決めて追加点。もうこの時点で勝負はほぼ決した。

神戸もアウェーゴールを奪うべくリスクを負って攻め込むも、GK大谷を中心にこの2戦ストッパーとして奮闘した宇賀神や那須、森脇のDF陣が踏ん張り、クリーンシートで試合を終えた。

終わってみれば4-0。2戦合計6-1の圧勝だったが、レッズにとってはレギュラーメンバーを欠く事こそが苦い経験しかない状況の中、勝ち上がった事は大きいと思う。特に昨シーズン準々決勝の舞台で新潟に完敗を喫した経験を乗り越えた事は意義深い。

レギュラーから外れた選手が活躍する事で、今後いい意味での選手間競争が生まれればそれは良い事だし、さらに耐えた選手が起用されてしっかりと結果を残すというのは、まさしくこの上ない喜びなのである。

Cimg9771 Cimg9794 Cimg9813

<スカパー公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月28日 - 2016年9月3日 | トップページ | 2016年9月11日 - 2016年9月17日 »