« 2016年8月14日 - 2016年8月20日 | トップページ | 2016年8月28日 - 2016年9月3日 »

2016.08.27

【2ndステージ第10節 神戸戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第10節 vsヴィッセル神戸 試合結果

27日(土)、ノエビアスタジアム神戸にて行われました『明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第10節 vsヴィッセル神戸』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第10節
2016年8月27日(土)19:05キックオフ・ノエビアスタジアム神戸
ヴィッセル神戸 2-1(前半1-0) 浦和レッズ
得点者:33分 ペドロ ジュニオール(神戸)、54分 渡邉千真(神戸)、78分 ズラタン
入場者数:14,877人
試合速報
Jリーグ


「ミスからの自滅」

またしてもノエスタで敗戦。苦手意識はないといいつつも、選手達がピッチの状態が合っていないと言ってたのであれば、それが十分にディスアドバンテージになっていたのだろう。

試合開始から、3人の神戸攻撃陣に手を焼き何度もゴール前を脅かされ、かわすのが精いっぱいの状況。そして前半33分に柏木のパスを奪われるとカウンターが発動。西川をかわしきったペドロ・ジュニオールに決められ先制。レッズも中盤を崩してチャンスを作るものの、最後が決めきれず前半を折り返した。

反撃の兆しをつかみかけつつの後半9分。またしてもカウンターから最後は渡邉に決められ追加点、一気に窮地に陥り、指揮官はたまらず失点直後から5分間3人を交代させる荒業を施行。ようやく33分にズラタンのヘッドで1点を返すものの万事休す。年間優勝を目指すには厳しい連敗を喫してしまった。

ミスを起点にカウンターというのは敵将は織り込み済みであり、1stでの対戦結果を踏まえてのものだったのだろう。レッズは柏木が下がることで、バックラインとの距離が離れる分、神戸は中盤を分厚くし何度もパスミスを狙っていた。

レッズとしては、相手の陣容が整わないうちに得点を奪うチャンスがあっただけに、それをフイにしたうえに、まんまと相手の術中に陥り、ミスを誘発されてしまったのは自滅と言っても過言ではないだろう。

神戸との3連戦は敗戦からのスタートとなった。次戦はルヴァンカップ。代表選手も離れメンバー構成が大きく変わることも予想される。まずは、尾を引かない事が大事であり、しっかり切り替えて水曜日に臨んでほしい。

Cimg9451 Cimg9457 Cimg9465

<スカパー公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.26

2ndステージ第10節 神戸戦プレビュー

アウェー:ノエビアスタジアム神戸
キックオフ 19:00

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:森脇、那須、遠藤
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、武藤、李
FW:興梠

【展望】
8月最後のリーグ戦。明日はアウェー神戸にのりこみヴィッセル神戸と対戦する。

神戸は、現在2ndステージでは5勝1分3敗の勝点16で第6位。年間では10勝6分10敗の勝点36で第9位である。

前節はアウェーでG大阪と対戦。ゲーム序盤から支配していたのは神戸。レアンドロ、ペドロジュニオールの両外国人を中心に攻撃を展開。早々の14分に先制点を奪うと、その後もチャンスを作りガンバゴールを脅かした。

後半に入ると逆にガンバが支配するようになり63分にPKを与えてしまうものの、GKキムスンギュがセーブ。試合の流れを大きく引き戻し、結局1-0で勝利し勝点3を奪った。

一方のレッズは前節はホームに川崎Fを迎え対戦。双方オープンな展開でお互いの持ち味を出す中で先制したのは川崎。15分に自陣右サイドから小林の折り返しを中村が強烈なミドルシュートを決めて先制。その後28分にボールを奪った森脇からのクロスを李が押し込み同点に追いつき前半を折り返す。

後半はレッズペースの展開。チャンスを作るも最後が決め切れずやきもきしている中で、71分に川崎がエウシーニョのパスを走り込んだ森谷が決めて勝ち越し。レッズとしては一瞬の隙を衝かれてしまった。

その後森脇や宇賀神の負傷で、変則的な布陣で川崎ゴールに迫るも、攻撃陣にノッキングが生じなかなか噛み合わず試合終了。1-2で敗戦を喫し、今節でのステージ&年間首位の総取りは失敗に終わった。

明日は槙野が肉離れで離脱。おそらく森脇、那須、遠藤の3人がDFラインを統率するだろう。この3人は1st神戸戦ですでに実戦済のため、不安要素はない。また攻撃陣も興梠が復帰し、久々に武藤、李とのユニットが見る事ができるだろう。

1stでの対戦では敵将ネルシーニョ監督はレッズと同じ布陣でミラーゲームを仕掛けてきた。おそらく明日、そしてその後の控えるカップ戦でも同様の戦い方で挑んでくるだろう。となると個々のポジションでの能力と連携が大事になってくる。もちろんポジションでの1対1の争いは勝たなければならないが、それをうまくフォローし攻守に繋げていく事もあわせて大事になる。

川崎に敗れたものの、勝点差は5。まだまだプレッシャーは掛けられるだけに、自滅となる連敗は許されない。また対神戸3連戦を迎えるにあたり、やはり初戦をモノにしたいという気概もあるだろう。

アウェーノエスタの成績は全くもって芳しくない。これまで12試合で3勝2分7敗。そのうちリーグ戦に限るとわずか1勝で、それは2005年まで遡らなければならない。それだけ鬼門中の鬼門という事だ。

まずは初戦のリーグ戦。川崎は敗れたものの調子は上向いてるゆえ、しっかり切り替えて勝点3を奪いにいってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.25

代表発表

レッズからは西川、槙野、柏木が選出。槙野は監督曰く、直前に怪我の情報が…と話していただけに代表以前にチームとして心配ですね。

そして金崎の件は、致し方ないかな…とは思います。あくまで感情的な事でしょうけど実力はあるので、次の10月招集の時に期待したいですね。

SAMURAI BLUE(日本代表)メンバー・スケジュール アジア最終予選(Road to Russia)対UAE代表(9/1@埼玉/
埼玉スタジアム2002)、対タイ代表(9/6@バンコク/ラジャマンガラスタジアム)
(JFA)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.23

休養と復帰

17試合勝ちなしで現在年間16位の名古屋。

ついに小倉監督を“休養”させ、先日よりスタッフ入りしていたボスコ氏が監督代行に就任する事になりました。

あわせてサプライズで昨シーズン末で退団した闘莉王を復帰させると発表。まだ正式契約には至ってませんが、既定路線とのことで、残り8試合でなりふり構わず残留へ向けて一気に事態が動き出しました。

それにしても闘莉王復帰とは、監督休養よりビックリしましたね…。

小倉隆史GM兼監督 休養のお知らせ
ファン・サポーターの皆さまへ(いずれも名古屋公式)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.21

天皇杯本戦出場

昨日、今日と天皇杯予選の決勝戦が開催され、全ての都道府県の代表が決定しました。

初出場は、
VONDS市原FC(千葉)、
新潟医療福祉大学(新潟)、
東海学園大学(愛知)、
アルヴェリオ高松(香川)、
FC徳島セレステ(徳島)、
高知ユナイテッドSC(高知)、
FC.TOSU(佐賀)、
MD長崎(長崎)の8チームとなります。

今週末から本戦が開幕。1回戦36試合が行われます。吹田での元日決勝を目指すべく長い戦いが始まりますね。

第96回天皇杯全日本サッカー選手権大会
都道府県選手権大会(JFA)
日程・結果(いずれもJFA)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月14日 - 2016年8月20日 | トップページ | 2016年8月28日 - 2016年9月3日 »