« 2016年8月7日 - 2016年8月13日 | トップページ | 2016年8月21日 - 2016年8月27日 »

2016.08.20

【2ndステージ第9節 川崎F戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第9節 vs川崎フロンターレ 試合結果

20日(土)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第9節 vs川崎フロンターレ』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第9節
2016年8月20日(土)19:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-2(前半1-1) 川崎フロンターレ
得点者:15分 中村憲剛(川崎)、28分 李忠成、74分 森谷賢太郎(川崎)
入場者数:44,176人
試合速報
Jリーグ


「持ち味」

これまで引いた相手との対戦で苦しんでいたレッズにとって、川崎との対戦はまさにチームの持ち味がそのまま試合に反映されるとだけあって、共にガップリ四つの展開となった。その証として双方足を攣っていた選手が多かったのもうなずける。

その中で内容としては、レッズがチャンスを多く生み出していたが、結果としては川崎の勝利。まさしく最後の一手でゴールを決めきれられるかが、勝敗を分けた。

とかくレッズはあと2~3点加えてもおかしくなかった。特に右サイドの関根に代わり先発起用された駒井の縦への突破がチームの推進力を加速させていたが、フィニッシュが決めきらず何度となく天を仰いだ。

一方の川崎はコンパクトに短いパス回しを展開させ、ここぞというタイミングで攻撃陣へ配給。一瞬の隙を衝いてチャンスを生み出し、中村の先制点しかり、森谷の決勝ゴールをお膳立てした。

少ないチャンスの中で決めきる力こそ強いチームの証でもある。現状年間勝点1位である川崎はその能力を大一番でかつアウェーの舞台で示して勝点3を奪った。だが一方のレッズは、森脇や宇賀神のアクシデントがあったとはいえ、結果論であるが途中の選手交代に課題を残した感は否めない。

不慣れなポジションと蓄積疲労の中での追い上げは、結果的に前線でノッキングを起こし、逆に守備の負担を増大させてしまった。臨機応変でかつ柔軟な対応こそ、アクシデントにも耐えられるのかもしれないが、ここぞの大一番でまたしても不安が露呈してしまっては、やはり何も変わらない。

指揮官は自軍を褒めたたえ、スタジアムも悔しさに耐え拍手で奮起を促した。再び広がった勝点差を埋めるのは難しいが、年間優勝へ向けては、再び川崎を倒さない限りその夢は果たせない。

やはり負けた次が大事であり、それこそ鬼門中の鬼門となるノエスタ。ここを克服すべく、再びレッズの持ち味を表現するためにしっかりと切り替える必要があるだろう。

Dsc_0544 Dsc_0551 Dsc_0559

<スカパー公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.19

2ndステージ第9節 川崎F戦プレビュー

ホーム:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ 19:30

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、那須、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、高木、武藤
FW:李

【展望】
2ndステージも半分を過ぎていよいよ佳境。明日はホーム埼スタに川崎フロンターレをむかえ対戦する。

川崎は現在、2ndステージは6勝1分1敗の勝点19で第2位。年間では17勝6分2敗の勝点57で第1位である。

前節はアウェーで鳥栖と対戦。前半こそ互いにチャンスを作るも得点には結びつかずスコアレスで折り返し。しかし後半開始直後にキムミヌが決めて先制。一気に試合が動き始めた。短いパスを繋ぎながら相手陣内に侵入するも、フィニッシュまでには至らず、この日放ったシュート数はわずか7本。最後まで鳥栖の堅守を崩せず0-1で敗戦を喫した。

一方のレッズは前節はアウェーで名古屋と対戦。

5バックで応戦する相手に対し、バックラインからサイドにロングパスを打ち込み、守備の陣形を崩し始めると、試合が動いたのは前半終了間際。中央から柏木を起点に高木を経由して最後は武藤がシュートを決めて先制。ここまで我慢してきた名古屋守備陣を破って前半を折り返す。

後半も再び守備を立て直してきた相手に難儀するも、守備面では那須を中心に奮闘し1トップの永井を監視し踏ん張った。その苦労が報われたのが87分。西川からのロングパスにズラタンが反応し、最後はループシュートを決めて追加点。結局2-0で勝利し4連勝となった。

年間と2ndステージで順位は違えど、共にその差は勝点2。五輪で無念な思いを喫した選手達も戻り、最高のシチュエーションでの首位攻防戦となる。

構図ではともに「攻」ではあるが、バリエーションが1枚多いのは川崎か。特に大久保、小林らのストライカーは決めきる高い能力を有しており、決して1対1の状況は作らせたくはない。またチームの軸となる中村も多彩なタクトを振れるプレーヤーでもあるゆえ、誰が監視するのか注目したい所でもある。川崎の年間成績の2敗のうちの1敗がレッズであり、そのリベンジを果たすべく猛然と仕掛けてくるであろう。

レッズは興梠不在の中で李がしっかり結果を出し切っている。しかし1トップゆえ興梠とはプレースタイルも異なることから、抑えられてしまう状況も見られた。そのようなときはこれまでシャドーを担ってきた高木や武藤が動き回りボールを引き出しており、それに柏木を加えた4人の連動こそがチームに鍵を握っていると思っても過言ではない。

注目は指揮官が五輪派遣の2人の起用ではあるが、本調子ではない限り、彼らを先発で使うのは相手を考えるとリスクが高いと思うがその決断はどうなるだろうか…。

レッズとしては年間も狙う上でホームで勝たなければならないだろう。ただ勝点差を憂慮するならば、まだ逆転の余地があるだけに、バランスを考慮すれば負けられない試合と捉え直してもいいかもしれない。

どちらにしてもレベルの高い試合が予想される。そういう中で一瞬の隙、1つのミスが結果に直結する場合もある。ここまで積み重ねてきた結果を自信に変えて、首位川崎を相手に全力で立ち向かい闘ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.18

ジャイアントキリング

来週27日から開幕する第96回天皇杯。本戦出場を懸けた都道府県予選が佳境を迎えている中、所々ですでに波乱が起きているようです。

特にJ3やJFLクラブは都道府県予選からの参戦になり、地域によっては1回、または2回のみ勝てば代表といういわゆるスーパーシード枠も設けられていました。

しかし、すでにJFLでは5チーム。J3に至っては3チームが敗退してしまいました。栃木県大会ではJ3首位の栃木SCが、そして神奈川県大会では、7位のSC相模原と16位のYSCCが準決勝から出場しましたがそれぞれ敗退しています。

リーグ戦との兼ね合いもありますが、やはり相手は格下ゆえに全力なり無欲で当たってくることを考えるとちょっとした油断が足下をすくわれちゃう要因になりかねないですね…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.17

Levain

31日開幕のルヴァンカップ準々決勝にて、翌9月1日よりヤマザキビスケット(株)から発売される「Levain」が、先立って来場者プレゼントされることになりました。

これまでお菓子配付は決勝戦でしかなかったのですが、今回は商号変更にともなって企業も変わるという事で良いアピール機会になるのではないですかね~。

準々決勝来場者にヤマザキビスケット社の新製品「Levain」をプレゼント【ルヴァンカップ】(Jリーグ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.14

豊田遠征あれこれ

さっそく振り返ります~

ちょうどお盆休み真っ只中の試合。
18きっぷでの遠征が続く中で、帰りは泊りかなあと計画してましたが、ふとしたことでとあるきっぷが購入でき、お得に往復できました。

ということでさっそく振り返ります~。

出発はいつもの新鎌ヶ谷駅。
Cimg9047

6:17発、新京成線松戸行きに乗車。
Cimg9049 Cimg9050 Cimg9051


続きを読む "豊田遠征あれこれ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年8月7日 - 2016年8月13日 | トップページ | 2016年8月21日 - 2016年8月27日 »