« 2016年7月31日 - 2016年8月6日 | トップページ | 2016年8月14日 - 2016年8月20日 »

2016.08.13

【2ndステージ第8節 名古屋戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第8節 vs名古屋グランパス 試合結果

13日(土)、豊田スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第8節 vs名古屋グランパス』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ 第8節
2016年8月13日(土)18:04キックオフ・豊田スタジアム
名古屋グランパス 0-2(前半0-1) 浦和レッズ
得点者:44分 武藤雄樹、87分 ズラタン
入場者数:29,508人
試合速報
Jリーグ


「対極」

付け焼刃的な相手の5バックに対し、レッズは慎重に相手の戦況を見つつも、左右にボールを散らしチャンスを伺っていた。

しかし最後の砦は割らせないと明神を中心にバランスを保ちギリギリまで踏ん張っていたが、ハイプレスに恐れボールロストも多く、先制点も時間の問題かと思っていた。すると終了間際に柏木を起点としたパス交換から中央を崩すと最後は武藤が決めて先制。我慢を強いたゆえの歓喜が待っていた。

後半名古屋は攻撃に変化をつけるべく、明神に替え小川を投入。5-2-2-1から中盤をフラットにした5-4-1へと変更。相手に合わせてしまい押される時間帯も見られたが、決定的な場面までは至らず、逆に87分に西川からのロングフィードにズラタンが反応。相手DFを振り切り、ループシュートをゴールに沈ませ試合を決定づけた。

降格危機で勝利に飢える相手に対し、戦況を冷静に見極めてまさしく対極なサッカーをしたレッズ。攻守のスイッチを上手く切り替えて、無駄な時間帯も少なかったように思えた。

甲府、湘南、名古屋との下位3連戦で勝点9を積みあげしっかりノルマを果たした。これまで取りこぼしが多い印象があるレッズにとっては、興梠、遠藤を欠く中で、ようやく成長の跡が伺えたと言っても過言ではない。

そして次節は年間首位川崎との対戦。舞台は整った。

Cimg9200 Cimg9211 Cimg9235

<スカパー公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.12

2ndステージ第8節 名古屋戦プレビュー

アウェー:豊田スタジアム
キックオフ 18:00

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、那須、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、高木、武藤
FW:李

【展望】
2ndステージも中盤。ということは、シーズンの3/4を迎えようとしている状況で、明日はアウェー豊田スタジアムで名古屋と対戦。

名古屋は現在、0勝2分5敗の勝点2で第18位。年間では4勝7分13敗の勝点19で第16位と降格圏に陥っている。

前節はアウェーで広島と対戦。まずは守備からと臨んだものの、開始2分も経たずに青山のロングフィードからピーターウタカに決められ先制。早々に出鼻を挫かれる形となってしまうと、22分にはCKから宮吉に決められ追加点を奪われリードを広げられ後半に。

後半も試合の流れは名古屋に傾かず、シュート数もわずか6本と内容も乏しく0-2で敗戦。これで15試合勝ちなしとなってしまった。

一方のレッズは前節はホームに湘南をむかえ対戦。

運動量豊富な相手に対し、厳しい闘いが予想されたが、開始わずか8分にGK西川からのロングフィードを関根が相手GK村山との競り合いに勝ち先制ゴールを決めると、42分にカウンターを起点にパスミスを逃さなかった武藤が決めて追加点。直後に1点を返されるも、後半さらに2点を加え4-1で快勝した。

興梠、遠藤の攻守の2枚看板を欠いてもしっかり結果を出せている事は大きいし、これまでの甲府、湘南という会を相手に勝点3を積み上げていることを考えるながらば明日もしっかり仕留めなければいけない相手である。

名古屋は前々節から5バックで応戦するも、具体的な効果が見えないゆえ、ピクシー体制で参謀を務めたジュロブスキー氏を招聘し、まずは守備の立て直し懸命になっている。降格圏に沈む状況下ながらも、アウェーでかつ勝点に飢えている状況を考慮するならば、決して楽な相手とは言えない。しかしここで勝点3を積み上げないと首位川崎と対峙する資格はないと思う。

レッズとしては急造の守備網をどう打破できるかがポイントになる。これまで甲府、湘南と守備をベースにするクラブに対し結果を残してきただけに、その自信をしっかり今節もプレーに落とし込めるかがどうかだろう。

余談かもしれないが、2011年6月。明日と同じ舞台となる豊田スタジアムでの名古屋戦は、相手が2連覇を狙う立場でレッズは残留争いの渦中という今とは逆の状況だった。その結末はレッズが終了間際で得たPKをマゾーラが決めてドロー。AT+8分という異様な決着は今も記憶の片隅に眠っている。

そして巡り巡って5年後。相手は今まさしくもがき苦しんでいる状況である。甲府や湘南に比べると、初めて身近に降格を肌で感じ恐れるチームは、何が何でも勝点1でも狙ってくる。それも必死にだ。

お盆休みを迎える中、ホームでの大声援をバックに、名古屋は一丸となってこの試合に臨んでくる。そんな異様な状況下で相手を往なせるだろうか…。レッズにとってもある意味試される試合になろうかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.11

スウェーデン戦

大会初勝利もコロンピアの結果にて終戦。時すでに遅しだったのか、何か振り回された感のある敗退だったような気がします。

個々それぞれの考え方、総括があるでしょうが、チーム全体というよりも協会そのものがどこか隙を見せていた…といってもおかしくなくような雰囲気でしたね。

無論オーバーエイジの件しかり、久保の召集拒否の件しかり、監督主導なのはいいのですが、それをサポートしきれたかどうかというのはスッキリしない印象がありました。

ただ結果としては予選リーグ敗退。前回大会と比べると善戦したとは言い難いものです。これをどう踏まえるか。そして自国開催となる次の東京へどう繋げるのか…。これは協会全体の大きな課題になりますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.10

スルガ銀行CS

鹿島は3回目の出場。これまで勝利してきましたが、今回は0-1で敗戦。

現在チームはリーグ戦3連敗中ということで、海外クラブとの対戦で浮上のきっかけをつかみたかった所ですが、残念な結果に終わりました。

終盤での金崎のPK失敗も、悪い流れを引きずっちゃた感じですね…

スルガ銀行チャンピオンシップ2016
鹿島0-1インデペンディエンテ・サンタフェ(JFA)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.08

コロンビア戦

とにもかくにも負けなくてよかったという結果。

スタメンを変更して臨み、前半こそ0-0で折り返すも後半立て続けに2失点。しかし浅野、中島のゴールで一気に振り出しに戻すも、逆転までには至らず引き分けで終了。

勝てる試合だったのかもしれないけど、やはり失点が多いのが気になるところ。ただまだ勝てば可能性が残っているだけに、スウェーデン戦も悔いなく臨んでほしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.08.07

500

1992年のナビスコカップから、24年掛けてのホーム500試合目という節目。

自分は95年の駒場改装後から見始めているので、それ以前のいわゆる改装前の駒場や大宮でのドラマティックな勝利はテレビでしか見たことはありません。

これまで歩んできた「500」という歴史は、レッズに携わってきた人にとってみれば人それぞれ。強かった時もあるし、歯痒かった時もありました…。

今もホーム埼スタへ行き、MDPを買うのはいわばルーチン。これからも通い続けて選手達ともに勝利を分かち合いたいですね~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月31日 - 2016年8月6日 | トップページ | 2016年8月14日 - 2016年8月20日 »