« 2016年7月10日 - 2016年7月16日 | トップページ | 2016年7月24日 - 2016年7月30日 »

2016.07.23

【2ndステージ第5節 鹿島戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第5節 vs鹿島アントラーズ 試合結果

23日(土)、カシマサッカースタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第5節 vs鹿島アントラーズ』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第5節
2016年7月23日(土)18:34キックオフ・カシマサッカースタジアム
鹿島アントラーズ 1-2(前半0-0) 浦和レッズ
得点者:60分 土居聖真 (鹿島)、62分 李 忠成、73分 李 忠成
入場者数:30,249人
試合速報
Jリーグ


「責務」

何とか前半を凌いだものの後半15分に先制を許し、アウェーゆえ流れがそのまま相手にいってしまうかと思っていたが、直後に柏木からのグラウンダーのパスをファンソッコに競り勝った李が押しこみ同点。

さらに小笠原のチャージを凌いだ青木のパスを起点に、武藤のシュートのこぼれ球を再び李がGK曽ヶ端の一瞬の隙を衝いて左脚で流し込み一気に逆転した。

とかく先月敗戦を喫したときと同様に、状況に応じた守備的な布陣と前線からのハイプレスに苦しんだ。それゆえロングボールで前線に運んでもボールが繋がらず、この日先発起用された高木やズラタンも持ち味を発揮出来ず苦慮していた。

しかしそういう劣勢の状況から、興梠や遠藤から託された責務をチーム全体でしっかり果たし、1stのリベンジを果たした。やはりアウェーで勝点3を奪った事はさらにモチベーションも上がる。

ただ良い試合であったが、対策に嵌り攻撃が滞った事も事実である。次節以降は守備的なチームとの試合が続くゆえ、それを打開すべくしっかり対策を講じることも、責務を果たすための大事なミッションとなるだろう。

Cimg8673 Cimg8683 Cimg8703

<スカパー公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.22

2ndステージ第5節 鹿島戦プレビュー

アウェー:カシマサッカースタジアム
キックオフ 18:30

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、那須、森脇
MF:関根、阿部、柏木、駒井、武藤、梅崎
FW:李

【展望】
1ヶ月半振りのリターンマッチ。明日はアウェーで鹿島アントラーズと対戦する。

鹿島は1stステージを制覇したものの、2ndステージ初戦はガンバに敗戦。その後連勝するも前節は甲府とのアウェーゲームで点の取り合いを演じ結局3-3のドローとなった。

気になるのは、1stステージではわずか10失点だったが、ここまで4試合で8失点とやや集中力を欠いている状況が続いている。また五輪代表にDF植田が選出され、守備陣の再構築も懸念されている。

しかし攻撃陣は好調で、ここまでステージ最多タイの11得点。興味深いのはいずれも試合も複数の選手が得点を重ねており、どのポジションからも攻撃出来るという証でもある。

一方のレッズは前節はホームで大宮とのさいたまダービー。

前半柏木のFKで先制するも、終了間際にCKから失点。後半は武藤のヘッドで再び勝ち越すも、カウンターから手薄な守備を衝かれ、マテウスに決められ同点。その後もお互いチャンスを作るも、結局2-2のスコアレスドローに終わった。

今節からは五輪代表として興梠と遠藤が離脱。さらに宇賀神が累積警告で出場停止とレッズにとっては厳しい状況での試合となる。しかし年間勝点上位を目指すには、アウェーながら勝点3が絶対条件となる。

前回対戦では、気持ちとプレーが乖離され、ミスが目立つ空回りした試合だった。また敵将の守備的布陣の策に嵌り攻撃の手段が見い出せなかったというのもあった。これまでの対戦を振り返っても拮抗した展開が多く、1つのミスが勝敗を左右している。

戦力は豊富でも戦術にマッチし生かし切れなければ意味がない。冷静ながらもしっかりと相手を仕留める事ができるのだろうか…。ここからこそが、レッズとしての総合力が問われる試金石となるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.20

2000億円

降って湧いたかのような巨大マネーの出現。

インターネット配信とは、スカパーのJリーグオンデマンドでも行われていましたが、もはや時代の流れゆえなのかもしれません。

しかしこれが今までも地上波やBSやCSまで普及できるかや、ハード面での整備ができるのかどうかはJリーグの取り組みにかかっているのだと思います。

全ての世代が楽しめるようなJリーグにしっかり取り組んでほしいですね。

JリーグとDAZNが10年間の放映権契約を締結 ~2017年からライブストリーミングサービス「DAZN」で明治安田生命J1、J2、J3を全試合生中継~
Jリーグ、DAZN、NTTグループ  「スマートスタジアム事業」協業契約締結 ~スタジアム・ホームタウンのICT化で、日本のスポーツ界に新たな感動と体験を~(いずれもJリーグオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.07.17

【2ndステージ第4節 大宮戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第4節 vs大宮アルディージャ 試合結果

17日(日)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第4節 vs大宮アルディージャ』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ2ndステージ第4節
2016年7月17日(日)19:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 2-2(前半1-1) 大宮アルディージャ
得点者:37分 柏木陽介、45+4分 江坂 任(大宮)、59分 武藤雄樹、68分 マテウス(大宮)
入場者数:53,951人
試合速報
Jリーグ


「気負い過ぎの末」

今シーズン1st第15節鹿島戦を超えた最多の動員数となったさいたまダービー。双方気持ちの入ったプレーにスタジアムの雰囲気が相まって、見応えある2-2のドローでの決着となった。

柏木のFKからゴールも、関根のクロスからの武藤の久々のゴールもそれぞれよかっただけに、やはり2失点を喫したことに関しては残念だった感は否めない。

1失点目は前半ATでのCKからの失点。しかしそのに至るまで過程にやや集中力が切れた部分もあった。そして2失点目はレッズの人数が足りない部分も指摘できるがそれ以上にマテウスのシュートを褒めるべきであろう。

もちろんダービーで勝つという想いと、年間勝点1位を目指すという狭間で、ホームで2度のリードを追いつかれてしまい勝点2を落としたのはいうのは結果としては厳しい。

気負い過ぎた感もあってか最後は余力もなくなり、いわばオープンな展開になってしまったというのもあったし、相手のカウンターを嫌がってか、徐々に攻撃に人数を掛けられず単発になってしまったのもあった。

次節からはここまで攻守で支えてきた興梠と遠藤がチームを離れる。連戦でも選手を固定起用し続けてきた状況でさらに上積みできるのか・・・。レッズに課された本当の闘いはここからであろう。

Cimg8469 Cimg8487 Cimg8502

<スカパー公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月10日 - 2016年7月16日 | トップページ | 2016年7月24日 - 2016年7月30日 »