« 2016年6月12日 - 2016年6月18日 | トップページ | 2016年6月26日 - 2016年7月2日 »

2016.06.25

【1stステージ第17節 神戸戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 1stステージ第17節 vsヴィッセル神戸 試合結果

25日(土)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 1stステージ第17節 vsヴィッセル神戸』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第17節
2016年6月25日(土)19:03キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 3-1(前半2-0) ヴィッセル神戸
得点者:34分 興梠慎三、45+1分 興梠慎三、48分 レアンドロ(神戸)、85分 梅崎 司
入場者数:29,462人
試合速報
Jリーグ


「安定」

槙野の出場停止を誰が埋めるかがポイントになったDFライン。いざ始まってみると、左から森脇、那須、遠藤の布陣で神戸攻撃陣に対峙する事になった。

特に注目だったのは久々の先発起用となった那須。リベロでの起用にスルスルと持ちあがる攻めやセットプレーの位置取りに彼か魅せる独特の雰囲気と気概を感じる事ができた。もちろん疲労もあっただろうが、レアンドロとの争いにもほぼ競り勝ち、その力は十分に発揮された。

また左ストッパーとして起用された森脇も、DF陣や左ウイングで起用された関根、阿部らのフォローもあり、当初露呈していた不安なポジショニングも払拭し無難にこなせたと思う。

後半立ち上がりの藤田のロングスローからの失点は痛かったが、その後は押されてた状況で青木を投入。彼がしっかり要所を締めて、結果的に1失点で切りぬけたのは大きい。

また攻撃陣に目を向けると、興梠が復活の2得点。相手DFの寄せの甘さに助けられた部分もあったが、確実にチャンスを決めきり、五輪派遣などでモヤモヤしていた分、彼自身が吹っ切れたような感じがした。

3連敗からの2連勝。本当に底を脱したのかどうかはわからない。ただ埼スタに戻り前節逆転勝ちし、メンタル面においては上向きであることには変わらない。そしてリスクを考慮し安定を選んだチームは、ひとまずバタバタすることはなくなったように思える。とりあえずチームの当面の目標は年間優勝もそうだが、目先の完封勝利ではなかろうか。

落ち着いて自分達のプレーに徹すれば、つまらない失点も少なくなる。メンバーがそしてポジションが変わろうとも、しっかり集中する事が大事なんだと改めて感じた90分だった。

Cimg7943 Cimg7964 Cimg7984

<スカパー公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.24

1stステージ第17節 神戸戦プレビュー

ホーム:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ 19:00

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:橋本、遠藤、森脇
MF:関根、阿部、柏木、梅崎、武藤、李
FW:興梠

【展望】
1stステージも最終節。そして怒涛の5連戦も最後を迎える。

神戸は現在、勝点20の第10位。前節はホームに鹿島をむかえ、前半先制するも、後半逆転を許し結局1-2で敗戦。

ナビスコカップこそGSを無敗で突破し決勝トーナメント進出を決めるも、リーグ戦ではここ6試合は、3分3敗で勝ちなしと足踏み状態が続いている。

一方のレッズは、前節は水曜日にホームにFC東京をむかえ対戦。

最初こそチャンスを作るも決めきれず逆に中盤のボールロストからカウンターを喫し、あっさりとムリキゴールを許し先制。さらにネイサンバーンズへのプレスのこぼれ球を拾われて追加点をあげられ前半を終わり0-2と厳しい状況で折り返した。

後半もしばらくは中央を固める相手に攻撃の形を作れずにいたが、槙野のヘディングでのゴールを皮切りに怒涛の反撃。そこから6分後には興梠の落としから槙野の同点ゴール。さらにその6分後にセットプレーからの流れから李がカラダで押し込みついに逆転。

決して褒められるような内容でなかったものの、3-2で試合をひっくり返し、連敗を3で止めた。

選手達の蓄積疲労によるミスが目立つ中で、明日は槙野が累積による出場停止。DFラインの再構築を求められ、連敗を脱した直後に再び正念場を迎える。

決して本職と言えない選手達が控えているが、こういうアクシデントを乗り越えない限り、この先の高みは望めない。ガンバ戦でも加賀が起用されたようにポテンシャルが高い選手が多いゆえ、むしろ今後のカップ戦などを控え、誰が起用されるかチャンスでもあり楽しみでもある。

ステージ最終戦ではあるが、年間を意識するならば消化試合ではない。しっかり勝点を積み上げて上位2チームへのプレッシャーを掛けていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.22

【1stステージ第13節 FC東京戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 1stステージ第13節 vsFC東京 試合結果

22日(水)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 1stステージ第13節 vsFC東京』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第13節
2016年6月22日(水)19:34キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 3-2(前半0-2) FC東京
得点者:13分 ムリキ(FC東京)、31分 橋本拳人(FC東京)、66分 槙野智章、72分 槙野智章、78分 李 忠成
入場者数:24,368人
試合速報
Jリーグ


「勝点3の重み」

連敗中でしかも前半2失点。またしても・・・という不穏な空気が埼スタを包み込んだ。

後半に入っても中央を絞る相手になかなか的を得られず、ゴールが遠かったが、1つのセットプレーを機に流れが一変する。

66分。CKの流れから槙野のヘディングが決まり、反撃の狼煙が上がると、その6分後にはボールをしっかりつないで、興梠の落としから槙野の地を這うようなミドルシュートが決まり同点。さらにその6分後にFKからの流れで李が意地でカラダで押し込んだゴールが決まり、一気に逆転。

相手は猛攻できる余力もなく、結局3-2で終了、連敗を3で止め勝点をようやく30まで積み上げた。

勝つには勝ったが…という内容で、決して褒められるものではないし、攻守においては根本的な解決に至っていない。やはり積み重なった疲労がミスを生み、それが起点となって失点に繋がった場面もあった。

ただ、勝点3を目の前にして生みの苦しみというか、その重みがここまで辛かったことはないだろう。懸命に走り、打ち、守っても勝てない…。それは選手達自身が苦しかったに違いない。

ホーム埼スタに戻ってきての待望の勝点3であるが、それはまだ通過点。勝利後の“儀式”を断ってまでの彼らの想いは、やはり次に勝ってこそ…なのかもしれない。

Cimg7881 Cimg7908 Cimg7930

<スカパー公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.21

1stステージ第13節 FC東京戦プレビュー

ホーム:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ 19:00

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、遠藤、森脇
MF:宇賀神、阿部、駒井、関根、武藤、李
FW:興梠

【展望】
連戦も4試合目。明日はホーム埼スタにFC東京を迎え、第13節開催延期分の実施となる。

FC東京は前節はホームで新潟と対戦。前半23分にいわゆる6秒ルール適用後のリスタートにあっさりゴール決められ失点。思わぬ形での失点でその後はなかなか試合の流れを掴むことができなかった。

後半に入ると、早々の54分に平山がゴールを決めて同点。その後は終始押し気味でペースを握るも、ゴールを決められず、結局1-1のドローで終了。3試合連続の引き分けとなった。

一方のレッズは前節はアウェーで広島との対戦。

怪我気味の柏木に代わり、駒井をボランチに起用して臨むも、早々の6分に先制点を献上。しかし26分、40分とゴールを奪い逆転し前半を折り返した。

後半に入っても早々に追加点を奪えるチャンスを逃すと、流れが徐々に相手に移り、64分にはCKから、69分にはパスミスから相次いで塩谷に決められ逆転。その後、3枚替えを施すも逆にバランスを崩すことになり、83分にはゴール前のパスを佐藤寿人に奪われてゴールを決められ万事休す。

痛恨の4失点を喫しこれで中断後3連敗。一気にステージ優勝の可能性が潰えた。

メンバーをそのままにしても、入れ替えても結果が出ない事に指揮官は苛立ちもあるだろう。ただこれは今に始まった事ではない。これまでの相手はレッズのウィークポイントを定め、まずはしっかり守備を構築してからミスを誘っている。また比較的高い位置でプレスを掛けられると、ボールを下げるのは悪い事ではないのだが、速攻が出来ないだけに、同じことの繰り返しが続いている。

連敗によって自信が失われ、さらに連戦の疲労も重なり、まさしく今は“どん底”の状態である。指揮官は常に高い理想を求め、選手達もそれに応えようとプレーで体現するも、カラダがついてゆかずいわばジリ貧の状況だ。

この苦境を打開するには、陥った選手達自らで解決しなければならないだろう。理想と現実の狭間で悩んだところで何も始まらない。

やはり勝点3こそが何よりの良薬になるはずだ。久々のホームでもう1度輝きと自信を取り戻すために、ひたむきにそして貪欲に90分間闘ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.19

広島遠征あれこれ

さっそく振り返ります~。

わずか3日前には大阪で試合。
選手達は直接広島に向かったようですが、サポはなかなかそういう訳にもいかず、黙々と木曜、金曜と仕事をこなし、再び西へ向かう事に…(笑)

出発はいつもの新鎌ヶ谷駅。
Cimg7585

5:28発、野田線船橋行きに乗車。
Cimg7586 Cimg7588


続きを読む "広島遠征あれこれ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月12日 - 2016年6月18日 | トップページ | 2016年6月26日 - 2016年7月2日 »