« 2016年6月5日 - 2016年6月11日 | トップページ | 2016年6月19日 - 2016年6月25日 »

2016.06.18

【1stステージ第16節 広島戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 1stステージ第16節 vsサンフレッチェ広島 試合結果

18日(土)、エディオンスタジアム広島にて行われました『明治安田生命J1リーグ 1stステージ第16節 vsサンフレッチェ広島』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第16節
2016年6月18日(土)19:04キックオフ・エディオンスタジアム広島
サンフレッチェ広島 4-2(前半1-2) 浦和レッズ
得点者:6分 柴崎晃誠(広島)、26分 関根貴大、40分 宇賀神友弥、64分 塩谷 司(広島)、69分 塩谷 司(広島)、83分 佐藤寿人(広島)
入場者数:24,656人
試合速報
Jリーグ


「理想と現実」

一度はファイティングポーズを見せるも、終わってみれば屈辱の4失点で3連敗。勝てない焦りと疲労がミスを呼び、さらに指揮官の想いが自らのプレーを制限し、試合をこなすたびに底なしのアリ地獄に巻き込まれているような気がする。

半ば勢いで久々に得点を積み重ね、前半で逆転できたのはメンタル面からしても大きかった。しかし、もう45分間で勝点3を確実に手繰り寄せるためには、さらに1点奪えなかった事と、自分達でリスク管理ができなかった事が悔やまれる。

それは指揮官や選手達のコメントを見る限り、どうしても互いの考えに大きな差が生じていたと思わざろうえない。

指揮官の理想は決して否定されるものではない。タイトルこそ奪えていないが、年々着実に勝点を積み重ねている事実はある。しかし、今の現状を鑑みると着実に相手に攻略されており、それを理想でカバーするのは連戦の疲労もあり困難に近いということだ。

2点奪えたのも、おそらく指揮官の理想の形ではなかっただろう。もちろんハイプレッシャーから相手の守備陣を崩し、得点を奪えれば最高だろうが、現実的には力を抜く時は抜いて、いざとなればカウンターという流れか、オプションを定めてやり方を変えて応戦するというのが現実的だと思う。もはや3枚替えも意図が見えず、手詰まり感だけが漂う。

現に敵将はレッズの足が止まるのを見抜き、システムと2トップに変更し、レッズ守備陣に猛プッシュを掛けてきた。それが2失点目の直前となるCKを呼び、さらに4失点目のパスミスを誘発する要因にもなったと思っていいだろう。

主力には理想でのプレーを求めても、パフォーマンスが低下しては体現できない。しかし控え選手を起用しても、あくまで練習では主力のスパーリングが中心なのだから、理想を完全に落とし込めていない。それこそチームマネージメントが問われるが、こればかりは毎年の事であるのだから致し方ないのかもしれない。

シーズンを通して、必ず理想と現実の狭間に苛まれることがある。今3連敗という現実を前にして、選手、指揮官、スタッフは何を思うのだろうか…。

無論連戦が続く中で、大きな変更こそは行われないだろうが、何が良くて何が悪いのか、目の前の問題に施す手段はあるのだろうか…

時間は待ってくれない。嵌った地獄から抜け出すのは、自らの力でこそだと思う。

Cimg7740 Cimg7753 Cimg7764

<スカパー公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.17

1stステージ第16節 広島戦プレビュー

アウェー:エディオンスタジアム広島
キックオフ 19:00

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、遠藤、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、梅崎、武藤、李
FW:興梠

【展望】
吹田スタジアムに続きアウェー連戦。明日はエディオンスタジアムにのりこみ広島と対戦する。

広島は現在勝点23の第5位。水曜日はアウェーでFC東京と対戦し、後半開始から投入された浅野のゴールで先制するも、直後に追いつかれそのまま1-1のドローに終わった。

一方のレッズは水曜日にアウェーでG大阪戦と対戦。序盤にシュートのこぼれ球を拾われたのが起点となったカウンターから宇佐美に決められ失点。ワイドに攻め込んで点を奪うという姿勢が現れていた中での失点だっただけに、選手が入れ替わった後半は盛り返すチャンスも何度かあったが、中央を締めた相手守備陣を打ち崩せず、0-1での敗戦。むしろ動き出しそのものが遅きに逸した感じがあった。

チームの状態が底にある中で、先発を入れ替えたりポジションを変えてみたりと試行錯誤しているが結果に結びついていない。個の力を存分に発揮するというのがミシャスタイルでもあるが、調子が目に見えて悪い選手や、なかなか流れに乗れていない選手も見られ、全体のバランスが失いつつあるのが気になる所である。

明日は連戦が続く中ではあるものの、必勝を期すならば再びベストメンバーで臨んでくることが予想される。相手と同じシステムゆえ、やはり各々のポジション争いが結果を左右するものかと思われる。

ここ数試合は、相手の勢いに押され負けしていた。それだけに、自信と勢いを再び取り戻しなんとか結果に結びつけて、勝点3を積み上げてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.16

吹田遠征あれこれ

さっそく振り返ります~

平日のナイトゲームでしたが、新しいスタジアムを観てみたいというのもあり、なんとか仕事をやりくりして参戦。

お昼で仕事を切り上げ東京駅へ。
Cimg7414

13:00発、「のぞみ229号」に乗車。
Cimg7416 Cimg7417


続きを読む "吹田遠征あれこれ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.15

【1stステージ第10節 G大阪戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 1stステージ第10節 vsガンバ大阪 試合結果

15日(水)、市立吹田サッカースタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 1stステージ第10節 vsガンバ大阪』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第10節
2016年6月15日(水)19:04キックオフ・市立吹田サッカースタジアム
ガンバ大阪 1-0(前半1-0) 浦和レッズ
得点者:8分 宇佐美貴史(G大阪)
入場者数:29,397人
試合速報
Jリーグ


「袋小路」

開始早々のカウンターからの失点を盛り返せず、またしても完封負け。痛恨のステージ3敗目を喫するとともに、これでリーグ戦4試合無得点という不名誉な結果だけが残った試合となった。

やはり、これまでの崩しや楔など好調時のイメージがプレーに反映されておらず、仕掛ける以前に確実性を求めてパスに頼る傾向があるものの、そのパスも決して組み立て直すものではなく、単に自らのリズムを遅らせている印象が強い。それゆえ相手にしてみたら脅威は全く感じないし、それこそ時間の浪費に過ぎない。

また選手を入れ替えたこともそれは連戦や出場停止を考慮した上のものであろうが、後半投入された興梠や武藤の動きを見てしまうと、好守の連動性においては、やはり彼らの起用前と後では相当の差が出ており、固定で起用し続けてきたリスクも再び懸念されている。

今はなにもやっても上手くいかない“袋小路”の状態にある。

次節まで限られた時間の中で立て直せるのか。一番怖いのは焦りが焦りを呼び、さらに自信を失ってしまう事だろう。

Cimg7511 Cimg7518 Cimg7524

<スカパー公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.14

1stステージ第10節 G大阪戦プレビュー

アウェー:市立吹田サッカースタジアム
キックオフ 19:00

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、那須、遠藤
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、武藤、李
FW:興梠

【展望】
失意の鹿島戦から中3日。明日はACL開催で延期となっていた第10節が開催。ようやく吹田サッカースタジアムにてレッズがお目見えとなる。

前節は敵将の仕掛ける5バックにてこずり、チャンスを作り出す事ができなかった。また守備陣も攻守の切り替えが早い相手に対応が後手後手に回ることが多く、何度もピンチを招いたものの、水際で防いだ感が多かった。

そういう我慢も後半は決壊、失点のきっかけもパスミスからと、らしくないミスが多く、勝点をみすみす失ったように思えた。

一方のガンバは、前節はホームで湘南と対戦。

先制を許すも、前半終了間際と後半早々に逆転し、波に乗り切るかと思いきや再び同点。82分に宇佐美のゴールで勝ち越すも、その2分後に下田のこの日2得点目で再度追いつかれ、結局3-3の引き分けに終わった。

強大な攻撃陣を擁するも、これまでのような打ち勝つ印象が少なく、チーム全体としてパフォーマンスが落ちているのが気になるところ。また今シーズンからホームとして使いはじめた吹田スタジアムも、公式戦2勝2分6敗とまだまだ自分達のホームとして、使いこなしていない印象もある。ちなみにレッズとしては、代表勢が先日のキリンカップでスタジアムの感触を肌身で感じている。

ここまでリーグ戦では3試合無得点。相手の守備的な形に苦しむも、それを打開できない現状からすれば、ここ数試合の結果は不満である。ただACLの敗退から続く閉塞感を打開するためにはどんな内容であれ、得点を奪い勝つことがとても大事である。選手の固定起用も難しい面があるが、明日は森脇が出場停止のため、新たな息吹が感じる事ができるかもしれない。

ステージ優勝こそ可能性は厳しいが、その先を見据えるためにもしっかり勝点3と得点を積み上げ、今週のアウェー連戦を乗り越えてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月5日 - 2016年6月11日 | トップページ | 2016年6月19日 - 2016年6月25日 »