« 2016年5月29日 - 2016年6月4日 | トップページ | 2016年6月12日 - 2016年6月18日 »

2016.06.11

【1stステージ第15節 鹿島戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 1stステージ第15節 vs鹿島アントラーズ 試合結果

11日(土)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 1stステージ第15節 vs鹿島アントラーズ』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第15節
2016年6月11日(土)19:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 0-2(前半0-0) 鹿島アントラーズ
得点者:52分 金崎夢生(鹿島)、88分 鈴木優磨(鹿島)
入場者数:51,674人
試合速報
Jリーグ


「自戒」

鈴木優磨にPKで追加点を奪われた後、まだ時間があるにも関わらず、西川から帰ってくるボールに茫然と気づかない選手もいるぐらいの結果。またその瞬間、席を立つサポーターが多かったのも、この日の内容に成す術がなかったと感じられたものだったのかもしれない。

気持ちとは裏腹に体現するプレーは空回り。

レッズ対策に時間を費やした敵将が導き出したのは、伝統の4バックから小笠原や柴崎が交互に下がる5バック。各々のポジションでしっかりと監視され攻撃の糸口を見つけられず、逆に決定的なパスミスからカウンターを浴び失点と、ホームなのにもかかわらず“らしくない”プレーの連発で、自ら勝点を落とした印象が強かった。

前半こそフリックを多用し、横に揺さぶりをかけ、チャンスも作っていたが、後半に入るとフリーだった柏木にもしっかりマークを寄せられ、攻撃も単発。さらに金崎ら前線からの早いプレスと、攻守の切り替えに後手後手の対応で何度もピンチを招いていた。

そういう中で、何とか踏ん張っていたものの、ミスからの失点はかなり厳しいもの。5連戦の初戦、さらに鹿島戦というボルテージが上がる試合だったゆえに、言葉では冷静を装っててもショックは大きかったように思える。

ただ自ら招いた失敗は、自らで取り戻されなけばならない。ステージ優勝においては自力ではなくなったものの、年間を見据えるならばまだ2敗ゆえ、取り戻せるチャンスはある。

試合間隔が短いゆえ、最後は己との闘いになろうかと思う。自戒を込めて次への闘いに切り替えてほしい。

Cimg7258 Cimg7274 Cimg7279

<スカパー公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.10

1stステージ第15節 鹿島戦プレビュー

ホーム:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ 19:00

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、遠藤、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、武藤、李
FW:興梠

【展望】
キリンカップ開催のため、2週間ぶりのリーグ戦再開。明日はホームに鹿島をむかえ対戦する。

鹿島は、現在勝点30でリーグ戦暫定2位。

中断期間中でのナビスコカップは1分1敗と揮わなかったものの、リーグ戦では3連勝と一気に巻き返して上位戦線に食い込んできた。特に細かいパスワークから金崎を中心とした攻撃陣が噛み合い得点に結びついている。

一方のレッズは、リーグ戦前節はアウェーで鳥栖と対戦。

ACLでのFCソウルとの激闘から中3日という中で、かつPK戦までもつれた末に敗れてしまったという結果から
メンタル面を含め体調を危惧していたが、選手達は堂々とビッチに立ちゴールを狙っていた。

しかし鳥栖の分厚い守備網に最初こそ中央から崩す意図が見えていたものの、時間が経つごとにその勢いも削がれ、決め手に欠きスコアレスドロー。何としても勝ちたかった試合であったが、勝点1しか積み上げる事が出来なかった。

鹿島に比べ2週間も公式戦から遠ざかっているレッズ。

練習試合こそこなしているものの、やはり実戦という場から考えると、試合勘が気になるところ。また代表選手達のコンディションも憂慮しなければならない。

ACLの都合で、明日から1stステージ最終節まで、15日間に5試合という強行日程が大きな壁となる。2試合未消化ながら、それがプレシャーというディスアドバンテージになりかねない。

日程が厳しいということは、逆に考えればそれは強者の証。まずは目の前の試合に集中して勝点3を積み上げてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.09

見解

9日に日産自動車への傘下問題でチェアマンが見解を表明。

既報通り、現在の規約では抵触する恐れがあるということで、浦和側に速やかな対応を指示したとの事。

未だ両企業間の詳細については、明らかになっていないものの、自工がレッズの筆頭株主である事は事実なので、まずはこの比率の解消から手を打たなければならないかと思います。

Jリーグもクラブも今回の一件は、予想しえなかった事態ではなかったゆえ、双方事実関係を把握した上で、整理をしていくものだと思います。

三菱自のJ1浦和株、譲渡避けられず 淵田代表「赤のブランド守る」(埼玉新聞)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.08

ロアッソ

同じ九州の地であるベアスタで久々に凱歌。
まずはここからでしょうね…。

J2リーグ第17節
熊本5-2金沢(Jリーグ)

Cimg7155 Cimg7160

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.07

ボスニアヘルツェゴビナ戦

大勝の後こそ大事な試合。

結果としては1-2で逆転負けを喫し、キリンカップのタイトルを逃すことになりました。

やはり相手のハードワークにやられてましたね。

キリンカップ決勝
日本1-2ボスニアヘルツェゴビナ(スポーツナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.06.05

ナビスコカップ第7節

すでに神戸と大宮の決勝T進出が決まったAグループとは対照的に、Bグループは最下位の鳥栖以外の6チームに突破の可能性がある重要な90分間となりました。

勝てば無条件で突破が決まる「仙台-横浜FM」は中村、斎藤の2ゴールでアウェーながらも完勝。勝点11の首位で突破を決めました。

5位の福岡はホームに新潟を迎え対戦。開始6分で失点を喫するも、わずか10分後に同点に追いつくと、以降は攻撃を仕掛けて新潟DF陣を押し込み前半だけで3得点。後半も得点を加え4-2で快勝。

そして勝つことが絶対条件だった柏は、アウェーで鳥栖と対戦。前半にPKで失点を喫すると、エデルソンを投入し早くもスクランブル体制を敷くと、ようやく後半34分に同点に追いつき、さらにここから…という状況でしたが追撃及ばず1-1のドローに終わりました。

その結果2位には福岡が一気に滑り込み、クラブ史上初のベスト8進出が決定。圏内にいた川崎や仙台、さらに柏も勝てずにGS敗退が決まりました。

ACL組の4クラブを含めたオープンドローは7月3日(日)に行われます。

ナビスコカップグループステージ第7節結果
ナビスコカップグループステージ順位表(いずれもスポーツナビ)

Cimg7115 Cimg7117 Cimg7121

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月29日 - 2016年6月4日 | トップページ | 2016年6月12日 - 2016年6月18日 »