« 2016年5月1日 - 2016年5月7日 | トップページ | 2016年5月15日 - 2016年5月21日 »

2016.05.14

【1stステージ第12節 新潟戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 1stステージ第12節 vsアルビレックス新潟 試合結果

14日(土)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 1stステージ第12節 vsアルビレックス新潟』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第12節
2016年5月14日(土) 14:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 0-0(前半0-0) アルビレックス新潟
入場者数:33,763人
試合速報
Jリーグ


「勝点1の意味」

新潟は基本は4バックだったものの、守備時にはボランチが加わり5バック。さらに攻守に動いたレオシルバがボールホルダーにすかさずチェックに入ると、なかなか攻撃が展開できず、むしろ持たされた感が強かった。

もちろん敵将の術中に嵌ったのもあり、これまで何度となく他チームとの対戦時に同じようなレッズ対策をとられていたが、これまでと違ったのはやはりレオシルバの存在が大きく、彼を剥がせなかった事が全てだったといっても過言ではなかった。

レッズとしては風穴を開けるべく縦パスを入れるものの、しっかり中央を閉められるとむしろそれがカウンターの餌食となってしまい、何度となくDFの裏を取られた場面があった。遠藤も山崎との争いの中で競り負けてしまう事もあったが、なんとかフィニッシュの精度に助けられた。

PKを止められたというのもあり、結果としてはスコアレスドローといっても、かろうじて勝点1を拾ったという印象もある。

しかしネガティブに浸る暇もなく、すぐに重要な試合が待っている。このドローも水曜日からのFCソウル戦への引き締めとポジティブに捉えなければいけない。

この勝点1の意味をしっかり受け止めて、H&Aの大一番へ切り替えてほしい。

Cimg6646 Cimg6661 Cimg6677

<スカパー公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.13

1stステージ第12節 新潟戦プレビュー

ホーム:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ 14:00

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、遠藤、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、武藤、李
FW:興梠

【展望】
GWの連戦から一息入り、明日はホーム埼スタに新潟をむかえ対戦する。

新潟は現在、2勝3分6敗の勝点9で暫定15位。さらにナビスコカップグループステージも1勝2敗。

今シーズンから前柏監督の吉田達磨氏が就任し、これまで柳下氏が築き上げてきたものをベースに上積みを図ったいるが、なかなか結果に反映されていない。特に失点数が20とリーグ最多タイ。前節こそガンバ大阪を相手にスコアレスドローだったものの、それまでは複数失点が続いている。

しかし攻撃面に移すと、元レッズの田中達也が好調を維持している。ここまでほぼ先発起用されて3ゴール。攻撃の起爆剤としてあの前へ向かうドリブリは決して色褪せていない。またチームのかじ取り役となるレオシルバや、サイドバックで異彩を放つコルテースなど、個に長けた難しい相手が多い。

一方のレッズは前節は、アウェー大宮でさいたまダービー。ボールを保持できても、連戦の疲労からパスミスなどが目立ちなかなか攻撃のスイッチが入りにくい状況であったが、前半終了間際に、クリックリスタートから柏木のゴールで先制。後半も終始レッズペースで試合が進み、追加点こそ奪えなかったものの1-0で勝利し勝点3を積み上げた。

おそらく敵将は、これまでのレッズ対策と同様にある程度引いた状況で構え、ロストボールを拾って一気にカウンターを仕掛ける展開が予想される。レッズとしては我慢を強いられる時間帯があるだろうが、これまで培ってきたサッカーで相手の守備を崩したいところだ。ただ気になるのは、初夏のデーゲームゆえ時間が経つごとに体力の消耗が心配される。双方のフィジカル勝負もポイントになってくるだろう。

ACLラウンド16を前にしてのリーグ戦。試合をこなすごとにチームとしての成熟度を感じるようになってきた。それだけに怖いのは慢心という落とし穴であり、1つのミスが失点に繋がる事もある。下位の相手こそ勝点を貪欲に狙ってくる、しっかりと往なして勝利を目指してほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.12

筆頭株主

三菱自動車の日産自動車との資本業務提携の話題。
報道を見ると、やはりレッズの話題に触れているところもありますね。

身売り等々大げさに書かれている所もありますが、Jリーグの規約抵触云々は分かっている話なので、今後のポイントは、現在レッズの持ち株50.625%保有し筆頭株主である三菱自動車の比率をどこまで下げていけるかでしょうね…。

会社概況(レッズオフィシャル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.11

ヤマザキナビスコ

当初は今シーズンの大会終了まで使用する話がありましたが、やはり9月から商号が変わるので、そのまま…という訳にはいかなかったんですね。

となると、新しい大会名はどうなるんでしょうか…??

名称変更を検討=Jリーグ・ナビスコ杯(時事通信)
ナビスコ杯名称変更、今季中に前倒しも?新大会名は未定(スポニチ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.10

フィンケさん

レッズを離れてからもう5年経つんですね…。
フィンケサッカーの3年目が見られたら…なんて思った頃もありましたね。

J1浦和元監督フィンケ氏を招き 「高知のスポーツ語ろう」
「サッカーの魅力伝える」 フィンケ氏が高知県知事に抱負(いずれも高知新聞)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.09

大宮遠征あれこれ

2年ぶりとなったダービーマッチ。
遠征というほど大きなものではなかったのですが簡単に振り返ります~。

出発はいつもの新鎌ヶ谷駅。
直前までどうやっていこうか悩んでいたのですが、この春から野田線で急行が運行されるようになったということで決めました。
Cimg6527


続きを読む "大宮遠征あれこれ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.08

【1stステージ第11節 大宮戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 1stステージ第11節 vs大宮アルディージャ 試合結果

8日(日)、NACK5スタジアム大宮にて行われました『明治安田生命J1リーグ 1stステージ第11節 vs大宮アルディージャ』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第11節
2016年5月8日(日)16:04キックオフ・NACK5スタジアム大宮
大宮アルディージャ 0-1(前半0-1) 浦和レッズ
得点者:44分 柏木陽介
入場者数:13,880人
試合速報
Jリーグ


「特別な充実感」

大宮のスタメンをみると、軸となるムルジャは控えでのスタート。

前半は家長と江坂が前線からプレスを掛け、そこからのパスミスを拾って攻撃に繋げるというやり方だったようだ。そして後半にレッズの脚が止まりかけたところでムルジャらを投入し、ホームの声援をバックにスピードとパスワークで勝負を決めるという算段だったのだろうか…。

確かにレッズの攻撃時には、相手は4バックと4人の中盤がしっかりポジションを監視し、ボールの行き先を防いでいた。もちろん中盤に下がってくる興梠や李がはたいて…という場面もあったが、その次が繋がらず決して効果的とはいえず、遠藤や森脇からのロングボールからの攻撃に頼っていた部分が多かったように思える。

しかし、時間が経つごとに相手は組織で守れても、個の勝負になるとミスが目立つようになり、押し込む展開から生まれたのが44分の柏木のゴールだった。

あの場面も、クイックリスタートから柏木が猛然と岩上にプレッシャーを掛けボールを奪取。その後奥井に競り勝った武藤も素晴らしかったが、何よりも柏木のシュートを褒めるべきだろう。

後半、敵将は次々と交代カードを切り外国人選手3人全て投入したが、逆にバランスを崩してしまい攻撃が不発。レッズとしてはターゲットが絞られむしろ守りやすかったのではないかと思う。

2年ぶりのダービーマッチも、敵地ナクスタでしっかり勝利し勝点3を積み上げた。しかし連戦の最後ゆえお互いパフォーマンスが落ちていたのは事実でミスも散見。決して見応えがあったかというと逆に物足りなかった印象もある。

ただこの1戦に向けて、お互いの意地とプライドがぶつかり合ったというのは事実であり、その闘いに勝利したのだから、勝点3以上の特別な充実感で満ち溢れていたのは間違いないだろう。

Cimg6581 Cimg6594 Cimg6613

<スカパー公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月1日 - 2016年5月7日 | トップページ | 2016年5月15日 - 2016年5月21日 »