« 2016年3月27日 - 2016年4月2日 | トップページ | 2016年4月10日 - 2016年4月16日 »

2016.04.09

1stステージ第6節 横浜FM戦プレビュー

アウェー:日産スタジアム
キックオフ 13:00

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、遠藤、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、梅崎、武藤、李
FW:興梠

【展望】
広州戦から中4日。闘いの舞台が再びJに戻り、アウェーで横浜F・マリノスと対戦する。

マリノスはここまでリーグ戦3連勝中。特に前節はガンバを相手に先制されるも、前半のうちに中村のFKで同点に追いつき、後半に入りカウンターで逆転に成功。そして終了間際に与えてしまったPKをGK飯倉が止めてアウェーで勝点3を奪った。

一方のレッズは、火曜日にホームで広州恒大と対戦。

最下位ながら、グループ最大のライバルと言われる相手に、後半に奪った武藤のゴールを守りきり、勝点3を積み上げた。緊張感高い試合に選手達の疲労度も高かっただろうか、それ以上に勝利への充実感が次へのモチベーションになっているだろうと思われる。

マリノスは日産スタジアムでは開幕戦以来2戦目。三ツ沢ではすでに勝っているが、いわば“日産での初勝利”を狙ってくる。

ガンバ戦でJデビューした新外国人のカイケ、マルティノスに対しては、共にまだ特徴をつかみきれないだろうが、カウンターに配慮し、攻撃を遅らせることが何よりの防御になる。またDFラインが下がってのファールは、相手の最大の武器となる中村のFKを与えることになり、その点にも気をつけたいところだ。

共に調子を上げてきた同士の試合。昨シーズンのアウェーでの試合は、敵将に研究し尽くされ、大敗を喫した記憶は新しいところだ。明日はそのリベンジを果たせるのか。勢いと自信を持って勝点3を持ち帰ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.07

ナビスコカップ第3節

昨日、全6試合が開催。

Aグループは、鹿島が名古屋を相手に初勝利。磐田も初勝利です。大宮がアウェーで湘南に勝利し、グループ首位に立ちました。

Bグループは、仙台がアウェーで鳥栖と引き分けたものの首位を堅持。川崎は新潟を相手に5得点と圧勝で2位浮上。柏は公式戦初勝利となりました。

第4節は20日(水)に行われます。

ヤマザキナビスコカップ グループステージ第3節(Jリーグ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.06

ACL MD-4

昨日、今日と行われた折り返しのGS第4戦。

火曜日はレッズが広州に勝利。広島は灼熱のアウェーでブリーラムを相手に2-0と勝利し2連勝。自力でのGS突破の可能性が復活しました。

今日はG大阪がホームに上海上港を迎えて対戦するも、後半立て続けに失点を喫し、0-2で敗戦。未だGS2分2敗の未勝利で厳しい状況に追い込まれました。

FC東京はアウェー南京で江蘇と対戦。微妙な判定でのPKがあったものの、終了間際にCKから森重がこの日2得点目を叩きだし、アウェーで貴重な勝利。勝点7まで伸ばしGS首位に立ちました。

第5戦は再来週19日(火)、20日(水)に行われます。

AFCチャンピオンズリーグ グループステージ MD4
ブリーラム0-2広島
G大阪0-2上海上港
江蘇蘇寧1-2FC東京
順位表(いずれもJリーグ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.05

【ACL Matchday4 広州戦】

オフィシャルより

ACL vs広州恒大 試合結果

4月5日(火)、埼玉スタジアムにて行われました『AFCチャンピオンズリーグ2016 グループステージ MD4 vs広州恒大』の試合結果をお知らせいたします。

AFCチャンピオンズリーグ2016 グループステージ MD4
2016年4月5日(火)19:30キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-0(前半0-0) 広州恒大
得点者:52分 武藤雄樹
入場者数:30,282人
試合速報
Jリーグ


「大きな通過点」

久々に味わった痺れる内容。これが国際試合なんだと改めて感じた90分間だった。

選手でもないのにボールがゴール前に渡るたびに胃が収縮し、肝を冷やされた場面も多々あった。相手のミスにも助けられたが、強大な個の力を持つ相手に対し、選手達が最後までカラダを張りクリーンシートに結びつけた。

勝負所はまさしく後半の立ち上がり。相手の猛攻を凌いでから、サイドチェンジを多用し相手を揺さぶる中で、隙があいた中央から武藤のゴールに結びつけた。宇賀神のシュートを奪ったものではあっても、ゴール前での嗅覚が呼び込んだものだった。

国内では常に標的にされる試合が多い中で、昨年のアジア王者である広州を相手に対し1勝1分と互角に渡り合えた結果は想像以上に意義がある。この勝利がグループステージ突破に直接は結びついてはいないが、大きな通過点になった事は間違いない。

ギリギリの闘いであっても、追加点のチャンスが何度かあった。それだけにまだまだ貪欲に向上心を持って次への闘いに臨んでほしい。

Cimg5935 Cimg5946 Cimg5959

<公式ハイライト(Jリーグ)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.04

ACL Matchday4 広州戦プレビュー

ホーム:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ 19:30

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、遠藤、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、高木、武藤
FW:ズラタン

【展望】
グループステージも折り返しの第4戦。広州恒大をホームにむかえ対戦する。

グループ内で最大のライバルと目された広州もここまで2分1敗。前節はアウェーで2失点を喫するも、土壇場で同点に追いつき貴重な勝点1を積み上げた。

広州は結果如何でグループステージ敗退の危機もあるだけに、やはり一筋縄ではいかないだろう。無論、強力なFW陣は健在であり、しっかりと守備を構築してからの速攻を仕掛けてくると思われる。

レッズは3日前にホームで甲府と対戦。分厚い守備に相当苦しんだが、果敢な仕掛けから興梠、森脇の得点で勝利し弾みをつけた。

明日はホームでライバルを蹴落とす絶好のチャンス。もちろん相手は強力だが、付け入る隙は十分にあるとアウェー戦で示された。それゆえ、プレッシャーを掻い潜って、ゴール前に顔を出すことができるかがポイントになるだろう。

混戦から抜け出せるか。培ってきた力を存分に示して勝利を手繰り寄せてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.03

ヒートアップJ2 第6節

J2は第6節の11試合が開催。

C大阪はホームで昇格候補のライバルである千葉を迎え対戦。前半にあげた2点のリードを守り、2-1で勝利。5勝1分と未だ無敗で首位返り咲き。

そして2位につけたのが、札幌に快勝し4連勝中の町田。前節まで首位だった熊本はホームで清水に敗れ3位に後退しました。

降格組では清水が6位でまずまずの出だしですが、松本が16位、山形が最下位とこちらはなかなかリズムに乗りきれていないようです。

次節は9日(土)に開催。注目は「清水-C大阪」になりますかね…。

明治安田生命J2リーグ第6節結果
順位表(いずれもスポーツナビ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月27日 - 2016年4月2日 | トップページ | 2016年4月10日 - 2016年4月16日 »