« 2016年2月28日 - 2016年3月5日 | トップページ | 2016年3月13日 - 2016年3月19日 »

2016.03.12

【1stステージ第3節 福岡戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 1stステージ第3節 vsアビスパ福岡 試合結果

12日(土)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第3節 vsアビスパ福岡』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第3節
2016年3月12日(土)14:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 2-0(前半1-0) アビスパ福岡
得点者:18分 興梠慎三、51分 興梠慎三
入場者数:27,946人
試合速報
Jリーグ


「処方箋」

週明けのACLを見据え、再び選手を入れ替えてきたレッズ。

3バックは左に槙野、右に森脇を据え、ストッパーに遠藤を起用。阿部が常にDFラインへ顔を出して彼をサポートし、守備のさらなる安定を図った。

攻撃陣も関根を左、梅崎を右に据えて、それぞれ興梠の得点をアシスト。もちろん相手のプレッシャーが比較的弱かった印象もあったが、全体が硬直した前節に比べ、常に前線からバックラインの距離がコンパクトで、何度も縦へのパスをトライし続けることで相手を揺さぶり、風穴を開けた。

2試合続けて味わった敗戦に対する処方箋は、攻撃の活性化と積極的な姿勢に尽きる。もちろんカウンターを受けてしまうというプレッシャーもある中で、しっかりと内で勝負し試合を支配し続けた。

内容から見れば、もっと圧倒できたかもしれないが、しっかりと前節の反省を生かして、自分達の力を体現し結果に結びつけた事は大きい。

処方された薬が効果を表し、チーム全体が快方に向かってくれれば、おのずと結果もついてくるだろう。

Cimg5472 Cimg5490 Cimg5504

<スカパー公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.11

1stステージ第3節 福岡戦プレビュー

ホーム:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ 14:00

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、永田、遠藤
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、武藤、李
FW:興梠

【展望】
痛恨の敗戦から中5日。再び昇格組との連戦でアビスパ福岡との対戦となる。

前節は、バックラインからのパスミスを奪われ、余りにもお粗末な形で失点を喫してしまった。その流れが尾を引いたのかはわからないが、攻撃がサイドの偏る場面が多く、相手選手にも「逃げている」と揶揄され、全く持って流れに乗れていなかった印象が強い。

もちろん開幕からの4連戦の最後というのもあったが、いわゆるターンオーバーを課している以上、それこそ連戦を理由に逃げることはできないのである。

福岡は現在1分1敗。開幕戦は鳥栖とのバトルオブ九州に敗れ、前節はセットプレーからウェリントンのゴールで先制するも、後半中村俊輔の芸術的なFK1発にやられ、引き分けに持ち込まれた。指揮官は井原氏、さらに主力に濱田水輝と元レッズの選手達が久々の埼スタ凱旋となる。

もちろん、J2で培われた力は決して劣ることなく、磐田戦のように虎視眈々とワンチャンスを狙ってくる。それだけに迎え撃つ側としては、前節味わった“痛い薬”をどう処方するのかが見どころになるだろう。

明日からACLアウェー広州戦を控え、次節まで3連戦となる。共に1つ落としたことで、次戦へのプレッシャーはより大きなものになるだろが、それを乗り越えないと目指すべきものは見えてこない。

メンバー構成も重要だが、その期待に応えてピッチに立つ選手達にもさらなる奮起を期待したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.10

人事

JFA副会長に岡田氏、新理事に西野氏。そしてJリーグ副理事長にJFAを追われた原氏など、いわゆる元Jの監督がそれなりの役職に就任する事に。

うーん…、何とも言えない“圧”を感じますね…(笑)

理事選任の件(Jリーグ)
役員等予定者リスト(JFA ※PDFファイル)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.09

終わりのはじまり

予選敗退が決まってからの2連勝は、沈んだ気持ちからの吹っ切れなのか何なのか…

とかくこれまでの栄光があったからこそ代償が大きかった。もちろん責任の所在ははっきりさせなければならない。

あまり女子サッカーに詳しくない自分が言うのもおこがましいかもしれないが、ただこれで全て終わったわけではない。

Cimg5455

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.06

【1stステージ第2節 磐田戦】

オフィシャルより

明治安田生命J1リーグ 1stステージ第2節 vsジュビロ磐田 試合結果

6日(日)、埼玉スタジアムにて行われました『明治安田生命J1リーグ 1stステージ第2節 vsジュビロ磐田』の試合結果をお知らせいたします。

明治安田生命J1リーグ 1stステージ 第2節
2016年3月6日(日)14:04キックオフ・埼玉スタジアム
浦和レッズ 1-2(前半0-1) ジュビロ磐田
得点者:30分 太田吉彰(磐田)、78分 柏木陽介、82分 ジェイ(磐田)
入場者数:43,826人
試合速報
Jリーグ


「采配の妙」

前半30分にイージーミスからの失点。

無論試合中にはミスはつきものではあるが、失点に直結したからこそスタジアムの雰囲気も重くなり、それが最後まで響いてしまった。

また、攻撃も柏木のゴールこそあったものの全体的に低調。相手の粘り強い守備意識の高さに縦への勝負が全くもって封印され、チャレンジする状況が生み出せなかった。

そして圧巻だったのは敵将名波監督のコメント。

自らの選手達を奮い立たせる一方で浦和の選手交代を見極め、勝利を確実なものにさせた采配こそJを知る元選手の勝利へのあくなき執念だったのかもしれない。

その采配の妙に指揮官は惑わされフリーズし、最後の交代枠を残してしまったことも敗戦の一因であろう。

しかし、まだシーズンは始まったばかり。阿部の言うようにまさしく今日は痛い薬であり、お灸をすえられたような厳しい敗戦だった。だが、これを糧にして同じミスを繰り返さず、再び貪欲に勝点3を狙い奪う事こそが汚名返上になると思いたい。

Cimg5421 Cimg5427 Cimg5434

<スカパー公式ハイライト>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年2月28日 - 2016年3月5日 | トップページ | 2016年3月13日 - 2016年3月19日 »