« プレミア復帰 | トップページ | 人事往来(その3) »

2016.12.18

CWC閉幕

開幕戦からあれよあれよの3連勝で、開催国枠及びアジアのクラブチームとして史上初の決勝進出を果たした鹿島。無論ガチ勝負となる決勝戦では、レアル・マドリードとの対戦となりました。

レアルの優勢を予想するも、いざ始まってみると、余裕を見せるレアルの裏を衝き、柴崎が2ゴールを挙げるという快挙。延長戦までもつれ込ませる粘り強い熱戦となりました。

ここまでくると敵ながら悔しい反面、すごいなあ・・・と感じますね。

FIFAクラブワールドカップジャパン2016(いずれもFIFA)
M7(3位決定戦) クラブ・アメリカ2(PK3-4)2アトレティコ・ナシオナル
M8(決勝) レアル・マドリード4-2鹿島

|

« プレミア復帰 | トップページ | 人事往来(その3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/64702863

この記事へのトラックバック一覧です: CWC閉幕:

« プレミア復帰 | トップページ | 人事往来(その3) »