« 悲報 | トップページ | 【チャンピオンシップ決勝第2戦 鹿島戦】 »

2016.12.02

チャンピオンシップ決勝第2戦 鹿島戦プレビュー

ホーム:埼玉スタジアム2○○2
キックオフ 19:30

【浦和予想スタメン】
GK:西川
DF:槙野、遠藤、森脇
MF:宇賀神、阿部、柏木、関根、高木、武藤
FW:興梠

【展望】
第1戦の歓喜から中3日。明日は埼スタへ舞台を移し、勝負の第2戦をむかえる。

アウェーでの第1戦は、双方失点を恐れてか慎重な立ち上がり。その中でも徐々に攻勢を強めていくレッズであったが、フィニッシュまでは至らずスコアレスで折り返す。

後半に入り興梠がPKを獲得。これを阿部がしっかり決めて先制すると、鹿島は柴崎を投入して中盤から積極的にボールを動かし徐々に押し込まれる時間帯が多くなり、何度となくゴール前を脅かされた。

しかし何とか守りきり、まずは1勝。貴重なアウェーゴールと共にアドバンテージを引っ提げて埼スタへ帰還となった。

鹿島はアウェーゴールルールの関係で最悪1点失っても2点以上奪えばタイトルが転がり込むだけに、ハイリスクで攻めてくるであろうし、PA内での駆け引きもそうだが、果敢にプレスと掛けてレッズのミスを誘い、ボールを奪いに来るであろう。

おそらく昨日の非公開練習はそういう意図もあったであろうし、勝負強い鹿島であるゆえ、自分達のスタイルを堅持しつつも、攻撃一辺倒に変化を加えられるか敵将にとっては簡単ではないだろう。

一方のレッズは、勝ちか引き分け、あるいは0-1までの敗戦であればタイトルを獲得できるが、そう思い通りには事は繋がらない。ミスをなるべく減らし、失点をしないというのがもっともであろうが、まず1点を奪って優位性を保ち、90分間やり過ごしたいところであろう。

どうしてもスタジアムの雰囲気で気負ってしまう部分があるかもしれない。しかし冷静に自分達を見失わなければ、必ずや結果がついてくるであろう。

何が起こるか分からないが、最後の最後まで選手達を信じたい。

|

« 悲報 | トップページ | 【チャンピオンシップ決勝第2戦 鹿島戦】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/74756/64574200

この記事へのトラックバック一覧です: チャンピオンシップ決勝第2戦 鹿島戦プレビュー:

« 悲報 | トップページ | 【チャンピオンシップ決勝第2戦 鹿島戦】 »